サラリーマンからの弊社検索数No.1の楽天FX口座が人気理由⑦つ

FX口座

※この記事は2019年9月13日に再編集されております。

f:id:shimotenman:20190608114947p:plain

度々広告で「楽天FX」っていう口座が出てくるけど、これって実際問題使いやすいのかな?

自分はサラリーマンをしながら副業でトレードしているが、楽天の口座が使いやすいなら試してみたいんだよね。

誰か楽天口座の使い勝手を教えてくれないかな?

上記のような楽天口座に対する疑問を持っている人が、きっとこのページを見ていることでしょう!

どうせ口座を開設するのであれば、効率の良いトレードができるFX会社と契約したいものですよね!

結論から言うと、楽天の口座は副業をするサラリーマンには比較的向いている口座と言えます。

その理由は大きく分けて7つあるのです。

そこで今回この記事では、副業としてFXトレードを5年以上している私が考える、「楽天口座が副業のサラリーマンに向いている理由」を7つに分けて解説します。

今後口座を開設したいと考えるサラリーマンの参考になればと思います。

  

楽天のFX口座がサラリーマンの副業に選ばれる7つの理由

f:id:shimotenman:20190121234752j:plain

今回副業として為替トレードをするサラリーマンに向いている口座として楽天を紹介しますが、これにはちゃんと理由があります。

それは副業をする上で必要な「手数料」「リスク」そして「使いやすさ」が総合的に高い口座が楽天だからです。

下記には大きく7つに分けて、楽天が副業の口座に向いてる理由を紹介します。

理由①楽天のFX口座はスプレッドが狭い

なぜサラリーマンの副業として楽天の口座が選ばれているのか、それは取引コストが安いからです。

つまり「スプレッドが狭い」ということですね。

口座によっては、トレードをする度に手数料(スプレッド)を取られますが、楽天では狭いので無駄なコストを削減できるのです。

短期でトレードをする人は、取引する回数も多いので、手数料が発生すると莫大な金額を支払う可能性があります。

しかし、楽天の口座であれば通貨ペアでスプレッドが全体的に狭く設定をされ、取引のたびに発生する手数料を抑えることが可能なのです。

ちなみに、楽天の口座では下図のように宣伝をしてます。

f:id:shimotenman:20190118174423p:plain

上記は、主要通貨のスプレッドになりますが、楽天の口座で扱っている他の通貨では、下図のようなスプレッドになってますので、是非参考にして見てください。

f:id:shimotenman:20190118174730p:plain

全ての通貨ペアでスプレッドが、他の口座よりも最安値では有りませんが、少なくともドル円については最安値なので、副業としてをやりたいサラリーマンには楽天の口座がオススメです。

理由②楽天のFX口座は取引ツールが充実している

楽天の口座では、トレード専用のシステムを自前で持っており、それぞれ特徴のある内容となってます。

特に「PC」や「スマホ」そして「タブレット」からも取引が可能となっているので、サラリーマンが休憩時間等で副業をするには、環境的に優れているのです。

楽天が扱っている取引ツールは、次のようなものがあります。

◯PC向け取引ツール

・「マーケットスピードFX」(グッドデザイン賞を受賞)

・「楽天FX-WEB」(インストール不要)

◯スマートフォン向け

・「i SPEED FX」(アプリ)

・「楽天FX-モバイルWEB」(携帯電話ウェブに対応)

これらは楽天の口座に登録をすると、無料で使うことが可能です。

ただ、現在お使いのPCもしくはスマホのバージョンが対応していないと、当然ながら使うことができないので、事前にバージョンチェックは必須です。

ツールのシステムもかなりシンプルなので、為替の知識が乏しいサラリーマンの方でも、副業程度の取引は十分可能な作りになっています。

理由③楽天のFX口座は為替情報を入手しやすい

楽天では為替情報の発信にも力を入れています。

まず下のリンクもしくは画像を見てください。

f:id:shimotenman:20190118180502p:plain

こちらは楽天口座が運営する、為替等のマーケット情報になります。

わかりやすいタグ付けがされており、さらに「アジア」「米国」「欧州」市況と別けられ、為替関係の情報が探しやすくなっているのがポイントです。

いくら豊富な為替情報を発信するツールでも、目当ての情報が探しにくければ宝の持ち腐れ。

楽天では初心者向けの目線で、情報を探しやすくそしてわかりやすくしている。

また、為替情報の発信スピードも早く、情報が発表されたらすぐさまアップしてくれるので、短期トレーダーにとって楽天FXはありがたい存在です。

副業をするサラリーマンの中には、為替情報に重きを置いて今後のトレードを予想する人もいるので、そういった人には向いていますね。

理由④楽天のFX口座はレバレッジが選択制でリスク回避が可能

楽天FXの口座が副業のサラリーマンにオススメできる理由に、「レバレッジ」が選択制になっている点が挙げられます。

通常の口座ではレバレッジを選択できないのですが、楽天の口座ではそれを可能にしている数少ない会社です。

トレードをするにあたり、副業であったとしてもレバレッジの存在はリスクと直結します。

レバレッジの倍率が高ければ高いほど利益は上がりまが、損失をする可能性も跳ね上がります。

特に副業で為替取引をするのであれば、大抵のサラリーマンは「お小遣い程度」稼げればいいので、無駄に高いリスクをとるのはナンセンスです。

楽天のFX口座ではレバレッジコースが次のようになります。

  • スタンダード25倍コース
  • レバレッジ10倍コース
  • レバレッジ5倍コース
  • レバレッジ2倍コース
  • レバレッジ1倍コース

副業トレードで失敗するサラリーマンのほとんどは、お小遣い程度の稼ぎで我慢することができなくて、高いレバレッジで自滅するパターンがほとんどです。

数万円程度のお小遣いを毎月安定的に欲しいのであれば、無駄なリスクを取らないで低いレバレッジで取引をすることをオススメします。

どうしても高いレバレッジで高収入を得たい。

そんな副業為替トレードをしたいサラリーマンを止めはしませんが、するのであれば1年は低いレバレッジで取引をしてください。

1年行なって利益を安定的に得られるようになったら、レバレッジを挙げても問題ないと思うので、副業の投資で自滅したくなければ我慢しましょう。

倍率が高くなればなるほど、利益もそれだけ倍になりますが、同時にリスクも倍になることを自覚してから楽天FXでトレードしましょう!

理由⑤「楽天FX口座」と「楽天MT4口座」の二つから口座を選べる

楽天FXでトレードを行うには、「楽天FX口座」もしくは「楽天MT4口座」いずれかから口座を選ぶことになります。

通常であれば、「楽天FX口座」で十分トレードをできるのですが、「楽天MT4口座」では、専用のトレードツールであるMT4を利用することができます。

MT4とは世界的に有名なトレードツールで、このツールを使えば楽天FXでも自動売買も行うことができるのです。

つまり、副業の為替トレードを自動化したい人は、基本的に「MT4」を使える口座を利用しなければなりません。

現在国内でMT4を扱える口座は、楽天FX以外ほとんどないので検討してみる価値はあるでしょう。

理由⑥キャッシュバックキャンペーンを随時実施

楽天FXでは、随時キャンペーンを実施してます。

1月では、下図のようなキャンペーンを実施しております。

f:id:shimotenman:20190122142426p:plain

簡単に言うと、口座を新規で開設したら、楽天がお金をプレゼントしちゃいますって言うキャンペーンですね。

これは時期によって、楽天が提供するキャンペーン内容が変わってきますが、基本的に何かしらキャンペーンを行なっているので、口座を開設するだけで、メリットがあります。

理由⑦楽天のFX口座は信頼性抜群

プロトレーダーしか意識しないのですが、「会社の信頼性」も口座選びでは重要です。

それは副業で為替トレードをするサラリーマンでも例外ではなく、信頼性のない口座は潰れる可能性があります。

口座が潰れた場合、最悪資金が返ってこない可能性があるので他人事ではないですね。

その点、楽天のFX口座は「信頼性」に置いては抜群に高いです。

なぜなら、あの有名な「楽天株式会社の100%子会社」になっているから。

要は大きな会社がバックボーンにいるので、楽天FXに何かあっても楽天株式会社が助けてくれます。

つまり楽天FXが潰れにくい、そして皆様の資金が守られるってことになります。

追伸

f:id:shimotenman:20190506104348j:plain

副業で為替トレードをする上で重要なのは、「リスクを回避」した取引が可能かどうか。

どんな素晴らしいツールを使おうが、損失を出しやすいリスクが高い口座では副業としては成立しません。

楽天のFX口座では、リスクの面が最低限にできることに加え、手数料も安く、そして使いやすい取引ツールが使えるので、副業の口座として検討する価値があるでしょう。

また、今回は楽天のFX口座だけに焦点を当てましたが、それ以外の口座とも比較した情報を発信しています。

もし、他の口座とも比較して開設する会社を決めたい場合は、是非上記記事を参考にして見てください。

コメント