FXの自動売買で稼げているトレーダーに共通する9つの特徴を大公開

自動売買

FXをしている人なら誰しも「自動売買取引で楽して稼げるようになりたい」。

必ず一度はこう思うことでしょう。

だけど現実は難しく、FXの自動売買をして見たが中々思うように稼げない…

こんな悩みを抱えている人がほとんどでしょう。

私は5年以上FXトレードを副業で行なっておりますが、自動売買にはまだ手を出していません。

しかし、近々FXの自動売買に手を出そうと思い、私の周りにいる稼げている自動売買を使ったFXトレーダーの方にアンケートを取りました。

そこでそのアンケートを元に、「FXの自動売買で稼げているトレーダーの特徴」を9つにまとめてみました。

もし、今あなたがFXの自動売買で稼げなくて悩んでいるのなら、必ずやスランプ脱出の手助けになると思いますので、チェックしてみてください。

①FX自動売買で稼げるには「プログラムの成績を把握」

f:id:shimotenman:20190201134151j:plain

FX自動売買で稼げるようになるには、使用プログラムの投資成績を詳しく確認することが必要です。

基本的に、自動売買FXトレードを行う場合は、使用プログラムを詳しく調べ他の人にそのプログラムの特徴を説明できるくらいまで、理解を深めておくのが望ましい。

例えて言うなら、プロのレーシングドライバーが自分の車の性能を知らないで、最大のポテンシャルを出せるかと言ったらノーですよね?

それがFX自動売買の場合、プログラムの特徴を熟知しておかなければ、「何が良くて何が悪いのか」「他の自動売買プログラムと比べてどうなのか」を客観的に把握することができず稼げるようになりません。

そこで次の項目では、FX自動売買プログラムで最低限チェックが必要な点を紹介します。

FX自動売買で儲けるためには必要なことなので、できていない人は改善する余地があるので伸び代があります。

稼げるプログラムはフォワードテストも実施!バックテストだけは当てにならない

バックテストのみを実施しているFX自動売買プログラムは当てになりません。

それは今まで自動売買のプログラムに都合の良かった相場なだけで、これからもそれが続くとは限りません。

稼げるFX自動売買プログラムは、「フォワードテスト」も実施して好成績を収めているものに限ります。

いくらバックテストが良くても、フォワードテストが無ければ信用性に難ありと言わざる終えません。

フォワードテストを行っているのと比べ、プログラムが発表された後の取引で、同程度の成績が確保の点信頼性が低いです。

稼げるためには安定性が必須!ハイリスクは危険すぎる

FX自動売買プログラムが「ハイリスクハイリターン」なら大問題です。

大きく稼げるかもしれないし、大きく損失を出すかもしれない…。

つまり、ギャンブルと変わらないんです。

資産が1年で倍に儲けたがドローダウンで資金が半分になっては意味がない。

あなたがそんな自動売買プログラムで、FXトレードをしたとしても大きなドローダウンが起きないとは限りません。

いきなり資金が半減する可能性がある自動売買プログラムでは、その先に大勝ちできると信じて取引を続けるのは、精神的につらすぎます。

儲ける自動売買プログラムとは、「ローリスクでも安定して収益をあげる」リスクの少ないものです。

FX自動売買には平均的に稼げるプログラムを選ぶ

自動売買FXトレードを行おうと考えている人で、利益の大半をある短期間で稼ぐプログラムは、自動売買には向かないのを理解していない人が多すぎます。

こんなFX自動売買プログラムは、ある条件下では大きな利益をもたらすが、大抵の場合は損失しか生まないのがほとんどです。

もしみなさんが、このような自動売買プログラムを使っているのなら、割り切って「ある条件下」の時だけ使用する様にしましょう。

FX自動売買に絶対は無い!有料の情報商材で必ず儲かる等は嘘

使用している自動売買プログラムが、「怪しい情報商材」の場合は注意が必要です。

これはプログラムだけではないのですが、「1ヶ月で資金倍増する稼げるトレード方法!」「勝率99%」等、誇張しすぎているものは、ほぼ間違いなく嘘です。

冷静になって考えて欲しいのですが、間違いなく稼げるトレード方法があったとして、それを他人に有償であっても教えるメリットよりも、それらが出回って稼げなくなるデメリットの方が高くなります。

本当に稼げるのであれば、自分たちだけでこっそり実践しますよね。

②FX自動売買で稼げるのは「資金管理」が適切にできているトレーダー

f:id:shimotenman:20190201134218j:plain

FX自動売買で軽視されがちですが、資金管理を計画的に行わなければ稼げるようにはなりません。

そんな資金管理を適切に行うには、どのような状況でもブレないメンタルが必要になります。

自動売買FXトレードのメリットは、誰でもいつでも簡単に取引を行えること。

そして自動売買プログラムがルールに則って取引をするので、メンタルに左右されないことです。

FXトレーダーの大敵は、自分の心に負けて欲をかき、自分が決めた取引ルールを逸脱した取引をすることで大きな損失を招くこと。

自動売買FXトレードでは、取引時におけるメンタルの心配をする必要が全くありません。

ですが、いかに自動売買プログラムがこの様なメリットがあっても、資金管理だけは自分で行わなければなりません。

有効なストラテージを見つけたとしても、毎回必ず稼げ続けることはあり得ない

通常、リスク管理のためにストラテージを分散させますが、それぞれのストラテジーにどれだけの資金を投入するのかは本人次第になります。

しかし、本来リスク管理のために行なっているストラテージの資金分散が、短期的に稼げるからと集中的に無理な運用方法をすると、当然損失が大きくなる可能性が増えます。

自動売買FXトレードは、短期で爆発的に資金を稼げる夢のツールではないです。

それ以外にも通常のFXトレードと違い自動売買FXトレードは、手数料が高い傾向にあります。

頻繁に取引を行ってしまうと手数料が高くつくので、その点も考えなければなりません。

それを理解していないと、いくら自動売買を繰り返しても、トータルで稼ぎ続けることはでき無いのです。

③FX自動売買で稼げるのは「知識」が有るから

f:id:shimotenman:20190201134230j:plain

自動売買FXトレードに勘違いをしてい人が多いのですが、知識は必ず必要になります。

あくまで、通常のFXトレードに比べると、覚えなければならない知識が少なくて済むだけで、基本的なことを覚えておかないと勝てません

例えるなら、自動車の運転で「マニュアル」よりも「オートマ」の方が圧倒的に簡単ですが、基本的なドライブ知識(自動車学校で習うこと)は必要になりますよね?

この場合、「オートマ」が「自動売買FXトレード」に当たります。

自動売買FXトレードを行うにも、例えば通貨ペアを選び方一つで、損益がだいぶ違ってきます。

何故なら、通貨ペア1つにもそれぞれ特徴があるので、特徴にあった自動売買プログラムをチョイスしなければ稼げるようにはなりません。

先ほど話した、リスク管理にもFXトレードの知識は必要になります。

経済指標の発表時間等は値動きが荒くなるので、損失のリスクも増えるので自動売買をその時間止めたり、ロスカットのルールをしなければ大きな損失を招く可能性があります。

今話した内容は、あくまで一例にすぎませんが、自動売買FXトレードを行うにも、基本的な知識がなければダメです。

努力を怠り多くの資金を稼げるようにはなりません

④FX自動売買で稼げるのは「機械的に取引」できるから

f:id:shimotenman:20190201172126j:plain

自動売買FXトレードにおいて、利益・勝率を上げるには人の介入を極力減らすことです。

つまり機械的に取引をしろ!自動売買FXトレードシステムの邪魔をするなって事ですね。

先ほども触れましたが、自動売買FXトレードの魅力人の感情に左右されないで完全にルールに則って取引を行えることです。

それを自ら捨てるなんて、まさに愚の骨頂です。意味がありません。

私も含めてどのFXトレーダーでも、自分のルールとは違った場当たり的な取引をしたことがあるはずです。

その場合稼げる可能性はありますが、最終的には損失を出して終わることがほとんどです。

大きな損失で済めばいいのですが、その損失が取り返しのつかないレベルに達してしまえば、それはもうFXトレードから退場するしかありまません。

そのような本末転倒なことにならないために、リスク管理の点から見ても極力人の介入は避けるべきです。

⑤FX自動売買で稼げるのは「長期的運用」が可能だから

f:id:shimotenman:20190201172101j:plain

自動売買FXトレードで稼げるようになるには、短期的な結果を求めすぎるのは危険です。

つまり、「長期的な視点から」FX自動売買をしなくてはなりません。

もし、短期的な結果を求めているのならば、今すぐ自動売買FXトレードを辞めて、自分で高レバレッジをかけ、短期トレードを行なった方がよっぽど利益を出します。

(ただし、その分損失のリスクも倍増しますが…。)

そもそも、自動売買FXトレードの魅力は安定的に利益を出し続けられることです。

短期的な爆発力はないので、短期的な利益を求めている人とは相性の悪いツールなんですね。

自動売買FXトレードで利益を出せていない人は、短期的(トレード思考)な使い方をしている可能性もあります。

例えるならば、車で長距離旅行を「燃費の悪い車」を使い、なんでこんなにガソリン代が高いんだ、こうな風です。

長距離を運転するのであれば、「燃費の良い車」を使った方がガソリン代が大幅に削減できて、結果自分の利益になりますよね?

もしあなたが、中長期にFXトレードで稼げるようになりたいなら高レバレッジの短期トレードではなく自動売買FXトレードシステムを用いた方が利益、を出しやすくなります。

⑥FX自動売買で稼げるのは「プラットフォームを適正化」しているから

f:id:shimotenman:20190201172041j:plain

自動売買FXトレードを行う際に、自身に合ったプラットフォームを選択する必要があります。

プラットフォームとは、自動売買取引取引を行う際、どのようなルールで取引を行うか決めるルール、それを実行させるためのシステムです。

イメージとしては、パソコンのようなハード的な意味合いが強いものですね

プラットフォームの選択が自身に合っていれば、自動売買で稼げるようになります

自動売買FXトレードでは、主に2つのプラットフォームがあります。

それは

  • ミラートレーダー
  • メタトレーダー4(MT4)

上記2つになります。

FX初心者は、「ミラートレーダー」がオススメです。

ミラートレーダーは「セントラル短資FX」が提供しているトレードシステムになります。

ミラートレーダーは、事前に作成されたシステムを使い簡単に自動売買が始められます。

後述する「メタトレーダー4」の方が、色々とできる幅は広いのですが、初心者は扱えきれない代物ではないので、無用の長物です。

中級・上級者には「メタトレーダー4」をオススメします。

こちらは、「ミラートレーダー」とは違い、ストラテジーを自作することができます。

バックテストの機能で、自作したストラテジーをテストし、満を持して開始できるでしょう。

このように、自動売買FXトレードをする際に、どのプラットフォームを扱っているかによっても、勝てる確率を左右する要因になります。

⑦FX自動売買で稼げるのは「ストラテジーを使い分ける」

f:id:shimotenman:20190201172031j:plain

当然ですが、自動売買FXトレードのストラテジーは、相場によって向き不向きがあります。

つまり、トレンド相場にはそれに適したストラテジーを選んであげないと、自動売買で稼げるようにはならないってこと。

例えば、

  • 「買い」か「売り」のトレンドチャートに強いストラテジー
  • 近郊相場(バンド)に強いストラテジー

に大きく分けることもできます。

大抵為替のチャートは、「均衡相場が7割」と「トレンド相場が3割」と言われてます。

要は「買い」トレンドが出ているときに、「売り」トレンドに強いストラテジーを選んでも、損失しか出さないってことですね。

先ほども話をしましたが自動売買FXトレードだからと言って、ずっと放置でいいわけではありません。

為替相場を読み取って、今はどのストラテジーを選択するべきなのか、適材適所を判断して入れ替え続ける。

これが無いと長期的にFX自動売買では稼げるようにはなりません。

⑧FX自動売買で稼げるのは「多くのストラテジーを候補に入れる」

f:id:shimotenman:20190201172022j:plain

FX自動売買で必要なのは、相場に応じた柔軟な対応力です。

1つのストラテジーに固執し過ぎるのはダメ

ストラテジーには、各々メリットとデメリットがありますが、上記で記載をした通り、それらを使い分けられなければ稼げるようになります

為替相場は様々な要因が混ざり合い、時間ごとに多様な動きをしてくれます。

一つのストラテジーでは、全ての動きをフォローすることは不可能です。

そのため、一つのストラテジーに固執し過ぎると、為替相場の流れに対応できなくなり、大きな損失が出す可能性がグッと上がっちゃうのです。

そうならないためにも、複数のストラテジーを用意し、為替相場の流れ別に専用のストラテジーを用意しておくべきなのです。

⑨FX自動売買で稼げるのは「損をしないストラテジーを選ぶ」から

f:id:shimotenman:20190202233646j:plain

損をしないストラテジーの選び方には大きく分けて4つ

下記の4点をチェックしていただき、今使っているストラテジーのチェックをしてください。

選び方①損益のトレンドは右肩上がりになっているかチェック

ストラテジーを選択して損失を出しては、そもそも自動売買システムにする意味がありませんよね。

実績がそこそこ良くても、全体的に見たら損失が多くなってもダメで、結果的に右肩下がりのトレンドを形成するストラテジーは選択してはいけません

その時に参考になるのは、長期期間を対象とした損益のグラフです。

短期間で大きく稼げていても、それ以外の期間では連敗に連敗を重ねている可能性もゼロではありません。

全体的には損失を抱えて終わる可能性も捨てきれませんので、長期期間の損益グラフを参考にしましょう。

つまり、右肩上がりトレンドのストラテジー選ぶのが鉄則なのです。

右肩上がりでも、ジグザグに推移しているグラフは、大きな損失を出す可能性も秘めているので、安定的に稼げているストラテージを選ぶようにしましょう。

選び方②最大ドローダウンを更新しているかチェック

ストラテージを選ぶ時は、ドローダウンが非常に重要です。

特に、最大ドローダウンについては最も注意する必要があるでしょう。

あなたがストラテージを選ぶ時、頻繁に最大ドローダウンを更新しているストラテージがあった場合どう思いますか?

普通であれば危険に感じますよね。

危ない橋を渡らないためにも、ストラテージの最大ドローダウンの更新状況を気にするようにしましょう。

ストラテジーを選ぶ一つの目安として、1年から2年は最大ドローダウンを更新していないことが条件です。

それ以内に最大ドローダウンを更新している場合は、そのストラテージは活用すべきではありません

選び方③「平均の利益と平均損失」「最大利益が最大損失」の関係性をチェック

どのようなストラテジーを選択したとしても、全ての損失を回避することは不可能。

ストラテジーを選ぶときに考えることは、損失を最小限にとどめる、利益を上げるときにしっかりと利益を上げる、これが理想的なストラテジーになります。

そこでストラテジーを選択するときに注目するのは、

  • 平均利益が平均損失を上回っているのか
  • 最大利益が最大損失を上回っているのか

この2つになります。

この2つが守れないストラテージは、平均的に損失を与える、一気にドカンと損失を与える、こう言った可能性を多分に秘めているので気をつけましょう。

選び方④直近の取引でプラスの収益になっているかチェック

直近の取引のトータル収益は必ず確認してください。

目安として直近の10取引を確認し、全体的に稼げているストラテージでも負け越している場合、それが続く可能性があります。

このようなストラテジーは、リスク管理としてよろしくありません。

もちろん、直近の取引において稼げているストラテージに関して、稼ぎ続けることが多いので直近の取引は確認しましょう。

追伸

f:id:shimotenman:20190201172010j:plain

想像もできないと思いますが、理論上自動売買FXトレードを適切に運用することができれば、1億円以上個人で稼ぐことも可能です。

しかし、現実は全ての相場環境に適応するストラテジーは存在せず複数のストラテジーを組み合わせることで欠点を補い合います。

先ほど知識の話をしましたが、自動売買だからと任せきりにしないで、マーケット情報や最新ニュースなどを常に確認し、ストラテジーの選択、ポートフォリオも随時更新していくことも必須になるのを忘れないでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました