中長期トレーダー向けセントラル短資FX!リアルな評判と口コミを公開!

FX口座

初心者FXトレーダーだけでなく中上級トレーダーからも人気が高いFX業者セントラル短資FX」ですが、実際のところ使った感想や評判・口コミって気になりますよね?

ネットの評判全てを鵜呑みにするのは危険ですが、参考程度に考えるのであれば、かなりの数、感想や評判そして口コミが掲載されてました。

今回はその中でも、セントラル短資FXについて気になる書き込み等をピックアップして、メリット・デメリット別にまとめてみました。

初心者のFXトレーダーの皆さん、もしくはセントラル短資FXに興味がある中級や上級者のトレーダーの皆さん、是非参考にしてみてください。

尚、下記のリンクには、セントラル短資FXってどんなFX業者なのかを、まとめた記事を掲載しているので、併せて見ていただけれれば幸いです<(_ _*)>

damedamefx.hatenablog.com

 ↓↓↓↓↓こちらから簡単に新規口座申込(キャンペーン付)ができます↓↓↓↓↓

FXダイレクトプラス

セントラル短資FXの総合的な評価について(満足度は3.13点/5点)

f:id:shimotenman:20190204120837j:plain

まず下図をご覧ください。

セントラル短資FXへの口コミが一番多かった「価格.com – FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の評判・クチコミ」の総合評価になります。

全体的にセントラル短資FXは、真ん中より少し下の評価で、ほぼ平均程度になります。

ただ、中長期トレードで高スワップポイントを狙うトレーダーには、評判は良好な模様。

しかし、劇的に使いやすい、手数料等が安い、安定している等、満足もないけど不満足も無いと言った、まさに初心者向けのFX業者と言っても過言ではありません。

次の項目からは、項目別にメリット・デメリットをご紹介していきますので、気になる点を確認して見てください。

口コミ・評判から見るセントラル短資FXのメリットとデメリット

f:id:shimotenman:20190204120847j:plain

この項目では、実際に書き込みがあった直近2年(2019年2月現在)ほどの、セントラル短資FXに対する口コミと評判を見ていきましょう。

各項目を、メリットとデメリットに分けて紹介しますので、自分がFXトレードで重視している項目を見てもらえると幸いです。

セントラル短資FXの「スプレッド」について

セントラル短資FXのスプレッドは、以前はかなり差がありましたが、ウルトラFXの廃止とともに、スプレッドが大幅に改善されました。

評価や口コミを見ても、スキャルピングトレードも可能というものが多く、セントラル短資FXだから短期トレードはできない、こんな時代は終わりました。

また、1,000通貨からでもFXトレードができるので、少額投資をした人にもおすすめのようです。

メリット

トルコリラ南アフリカランドなどがある

→すっきりとしたサイトデザインで見やすいのが良いですね。

取引できる通貨ペアが多く、トルコリラ南アフリカランドなどで取引できます。

スワップ狙いの高額長期取引しても良いですし、スプレッドが結構狭いので主要通貨の短期取引にも向いていると思います。
入金や出金はスムーズに行えましたし、1000通貨単位で取引できるので初心者にもオススメです。

◯以前と比べて改善されたスプレッド

ドル円のスプレッドが改善されてからよく利用するようになった。

他の通貨のスプレッドもまずまず。

個人的希望をいえば100通貨単位からの取引もできるようになってくれるとよりありがたい。

◯高速ツール導入でスキャルOKだが約定時すべること多し

→USD/YEN 0.3銭はスキャルには向いている

デメリット

特にありませんでした。

セントラル短資FXの「スワップ」について

セントラル短資FXのスワップについては、ほとんど悪い口コミや評価はありませんでした。

スプレッドについて、少し不満を感じるトレーダーはいるものの、セントラル短資FXを使う人のほとんどは、中長期トレードが主のようで、そこまで意識はしてません。

ただ、全ての通貨ペアのスワップが高いわけではなく他業者に比べて見劣りする点もあるので、目当ての通貨スワップを比較する必要がありそうですね。

メリット

トルコリラの取引がしたいがために開設しました

スワップは多めです。

ということで、スワップ派の長期投資に良さそうです。

トルコリラ以外だと、オーストラリアドルニュージーランドドルが狙い目です。
取引できる通貨が多いのも魅力です。

シンガポールドルなんかも取引できます。
取引画面はシンプルでとてもわかりやすいです。

シンプルイズベストですね。
入金、出金も問題なし。

あとは本人の成績次第です。

使っていて特に不都合することはありませんでした。
あまり広告費に力を入れていないのか、知名度はそんなにないかもしれませんね。

◯中期や長期の運用に最適

→スプレッドは他社と比べて広めですが、スワップポイントが高いため、中期や長期の運用を行う上では最適です。

また、1000通貨単位での取引が可能なので、少額で取引したい場合にも役立ちます。

約定率については、相場が動いている時でも比較的安定した取引ができるため、良い印象です。

◯長期保有で稼ぐなら、政策金利スワップ)で決まり!!

→これは私の実話です。

私がFXをやり始めたころは、PCと睨めっこでスキャルピング(意味が分からない人は検索してくださいね)ばかりやってました。

でもその手法はリスクが大きく、直感でやるのは危険です。早くお金が欲しいのは分かりますが。裁量取引で結構負けてしまいました。その時人気のEAを使っても勝てませんでした。*1

その後、私は仕事上PCと睨めっこばかりも出来ませんので放ったらかしで長期戦でやれる手法を取りました。それはタイトルにありますように政策金利スワップ)を取引です。これならゆっくりのんびり長期戦でやれます。

具体的に言いますと私はランド円保有しました。ランド円は安く大量に保有できるので効率がいいです。買うポイントは7円台位に落ちた時です。気長にそれを待ちます。(若い人には向かない手法かもしれませんが)

そしてランド円が右上がりになるにつれて少しずつ買い足してゆきます。(詳細はネットに多く解説されています)

 一年くらい放ったらかしにして置いたところ10円代まで上がったので、その時点ですべて売りました。私はこれで「車検代+上乗せ保険料=18万+α を稼ぎました。  感動でしたね。

 買うポイントは7円台位。心配しなくてもFX会社がメールで「チャンスですよ。」 「チャンスですよ。」 と教えてくれます。

のんびり長期戦がいいと思う人はお試しあれ。

スワップポイントが狙える

トルコリラ/円や南アフリカランド/円など高金利故にスワップポイントが狙える通貨ペアが充実しているという印象のFX会社です。

もちろん主要通貨も揃っていますし、通貨単位も1000単位からなのでリスクを抑えてのトレードが可能です。

基本的にスプレッドは狭いので普通に取引しても問題ないですね。
ツールはシンプルなデザインで使い勝手に問題はなしです。
口座開設や資金の出金などはしっかりと出来ました。

デメリット

◯以前と比べて改善されたスプレッド

スワップ水準は少し不満だが長期保持派ではないのであまり気にならない。

セントラル短資FXの「速度・安定性」について

特にありませんでした。

セントラル短資FXの「機能・ツール」について

セントラル短資FXは、外貨出金にも対応しているので、需要がある人にありがたい機能を持っております。

また、 FXトレードツールに高値安値移動平均線を表示できるので、あまり見られない機能を実装しているのも、セントラル短資FXが人気の理由です。

ツールの使い勝ってもよく、あまり不満はないよう。

しかし、スキャルピングトレードをしているとき、約定が滑るときがあるようで、不満を抱えている人も見られました。

メリット

◯証拠金を外貨でもてます

→USDはじめ外貨資産を持ちながら運用をしたい方には、証拠金を外貨でもてることと、外貨出金に対応していることは重宝すると思います。

◯高値安値移動平均線

→スプレッドが少々高めだが、チャートに高値安値移動平均線を表示できるのが良いです。

私は高値安値移動平均線で直近の高値安値を判断しているので助かっています。

高値安値移動平均線を表示できる会社は、他には松井証券しか知りません。松井証券はスプレッドが高いのでFXでは使用してません。

取引ツールはクイックチャートトレードプラスを使用してますが、画面の分割がしやすくて自分の見やすいように出来るのが良いと思ってます。

デメリット

◯高速ツール導入でスキャルOKだが約定時すべること多し

→PC取引において自分の回線が遅いわけではないのに、高速ツール使用時の取引画面とチャートのレート表示にズレが生じる。

さらに約定時、すべることが多い。スキャルで利が乗ったと思って決済したらマイナス決済だったりすることがある。

いまいち、よくわからんことがある。

セントラル短資FXの「情報」について

セントラル短資FXの「情報」については、あまりコメント等はありませんでした。

ただ、情報量が豊富なことに加えて、動画によるセミナーも受講することができるので、初心者FXトレーダーにはありがたいサービスを提供しております。

メリット

◯中期や長期の運用に最適

その他、情報量の豊富さも魅力で、頻繁に更新されるマーケット情報を閲覧できる他、動画によるセミナーにも参加できます。

デメリット

特にありませんでした。

セントラル短資FXの「サポート」について

セントラル短資FXではサポートも充実しており、ホームページ上でセミナーも実施しております。

FX業界でも信頼性はトップクラスであり、新規口座開設でキャッシュバックサービス等も頻繁に行なっており、今からトレーダーになろうと考える人へのサポートも充実です。

他にも、口座開設をした後でも、スプレッドが狭くなるキャンペーン等も行なっているので、新規に口座開設した後でもキャンペーンがあるのは嬉しいですね。

メリット

◯信頼できる会社

→伝統のある会社であるので信頼できます。

基本的にスイングトレード主体なので指値注文を活用しています。

スマートフォンからでも操作しやすく、最近はスマートフォンアプリの方をメインで活用しています。
取り扱い通貨ペアが少し少ないですが、ドル円やクロス円をメインで取引するならば十分だと思います。

◯Webセミナー

→2012年11月に口座を新規開設しました。

セントラル短資FXのFXダイレクトプラスはホームページ上でセミナー情報が充実していると思います。

Webセミナーが頻繁に開催されていて過去のセミナー動画を視聴できる点も勉強になりますね。

キャッシュバックのキャンペーンも実施されていて手数料を低く抑えられる点も良いですね。

全通貨でキャッシュバックされればもっと嬉しいいですが。

◯以前と比べて改善されたスプレッド

既存口座保持者に対するキャンペーンも充実していると感じる。

デメリット

特にありませんでした。

セントラル短資FXの「スマホ・モバイル」について

セントラル短資FXはPCよりも、スマホの方が使いやすいようです。

人によっては、PCは機能が充実していて、どれを使ったらいいのかわからなくなるようですが、スマホの場合は作りがシンプルなので、わかりやすいです。

機能についても申し分ないようで、慣れてしまえば苦なくトレードを行えます。

メリット

スマホサイトのチャートが見やすい

→セントラルFXは私はスマホをメインに使っています。

チャートが参考にしやすく、ロウソク足や平均移動線MACDなど同時に表示しても見やすいです。残念な点はスプレッドが他社に比べて劣ること。

だた、スワップポイントはやや良いので、中長期でロングで取引するのにはよいかも。

◯以前と比べて改善されたスプレッド

PCでのツールは少し分かりにくいがスマホアプリはしっかりしている。

デメリット

特にありませんでした。

まとめ

f:id:shimotenman:20190204120858j:plain

 

最後になりますが、まとめに入ります。

セントラル短資FXは、中長期FXトレーダーに向いているFX業者と言えます。

スプレッドは、昔ほど広くはありませんが、それでも短期売買のようなスキャルピングを行うのであれば、他業者の選択肢もあります。

ただ、中長期トレードに必要な「高スワップポイント」、「トルコリラ」、「南アフリカランド」や「人民元」が揃っています。

初心者にも使いやすい、ツールであったりサポートも充実しているので、初めてFXトレードをする人にも向いています

セントラル短資FXは、FXトレードにかける時間はあまりないが、投資をしたいと考える人にオススメしたい業者ですね。

口座開設や維持費は無料なので、セントラル短資FXに興味がある人は、まず試しに口座開設をしてみるのはいかがでしょうか?

↓↓↓↓↓こちらから簡単に新規口座申込(キャンペーン付)ができます↓↓↓↓↓

FXダイレクトプラス

*1:+_+

コメント