ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

FXをご紹介します。全く新しいサラリーマンの分散収入の仕組み

この記事をご覧になっているあなたは今からFXを始める、もしくはすでに初めているのではないでしょうか?

 

FXの魅力は誰でも簡単に始められる副業として、色々なところから注目が集まっている投資方法になります。

 

しかし手軽に始められる分、そこから利益を上げていくにはかなりの勉強をしていかなくてはなりません。

何も知識がないのに利益を上げ続けられるほどFXは単純ではないのです。

 

そこで今回この記事では、「FX入門!初心者でもこれを読めばわかる!基礎知識と取引方法」についてお話をしていきます。

 

まずそもそもFXとはなんなのかご存知でしょうか?

 

簡単に言ってしまうと、FXと言うのは投資なんですね。

 

何を当たり前のことを言っているのだと思う人もいるとは思いますが、意外にFXのことを投資だと思ってやっていない人もいるのです。

 

投資と言うと何かに投資する事になるのですが、実は「お金」に対して投資していくものです。

 

お金に対する投資と聞くと、なにか違和感を感じると思いますが、紛らわしい表現になりましたね。


今は、FXのイメージをジックリとお金を育てていくような投資だと考えておいてください。

 

それでは次の項目からは、さらにFXのことについて掘り下げていきたいと思います。

 

 

FXの基礎知識について

f:id:shimotenman:20190304144635j:plain

FXの仕組みについて

それではこの項目ではFXの仕組みについて話していきます。


ニュースなどでしばしば外国為替という言葉を耳にするが、この外国為替とは円や米ドル、ユーロ、英ポンドなどの通貨を互いに交換することなのです。

 

FXでは為替レートという言葉をよく耳にしますが、通貨同士をどのくらいの金額でやり取り出来るかということなのです。

 

為替レートは、各国の金利、金融政策、インフレ率、政治動向、貿易収支など様々な要因によって変動していくので、トレーダーはこれらの要因を把握しながら取引を行わなければならないのです。

 

例えば、為替レートが1米ドル=100円ならば、1米ドル買うのに 100円かかることになる。

 

ところが、1米ドル=80円ならば、 80円あれば1米ドル買うことが出来る。


このように円の価値が上がることを円高と呼びます。もちろんの逆のパターンになったらそれを円安ということになります。

 

FXは通常では想像しにくいのですが、売りからも行うことができます。


詳しい話はまた別の機会にいたしますが、FXでは買いからではなく売りからも出来ることを覚えておくと良いでしょう。

 

スワップ金利とは?

あなたはスワップ金利という言葉をご存知でしょうか?


為替に関わらないとなかなかこのような言葉を聞くことはないと思いますが、スワップ金利もFXの代表的な特徴の1つになります。

 

スワップとはもともと「交換」という意味があり、スワップ金利とは2つの通貨の金利差のことを表しているのです。

 

このスワップ金利を使って、利益をあげるトレード方法があるのですが、その方法を行うには注意が必要なのです。

 

それは、金利の低い国から金利の高い国の通貨を保有しないとスワップ金利を受け取ることが出来ないからなのです。

 

もし逆のことをしてしまうと、スワップ金利を得られるどころか、保有していれば保有しているほど金利を払わなくてはいけなくなるので注意が必要です。

 

通貨ペアって?

FXでトレードを行うには、通貨ペアという言葉も覚えなければなりません。


簡単に例えると、株ではそれぞれ欲しい銘柄を選んで取引を行いますよね?

 

そのFX版が通貨ペアになると覚えれば問題はありません。

 

しかし通貨ペアの表現の仕方は少し変わっており、2つの通貨を「/」(スラッシュ)で区切って表すのです。


例をあげると米ドル/円、ユーロ/米ドルといったものが通貨ペアになります。

 

よく使われる表現の仕方として、各通貨にはアルファベット3文字で表される通貨コードが定められているのです。

 

例えば、米ドルの通貨コードはUSD、円の通貨コードはJPYで、米ドル/円はUSD/JPYとなる。

 

FXではこの表現方法もかなりの頻度で使いますので覚えておかなければなりません。

 

もちろん今あげた例は、ほんの一握りでしかありません。

 

取引できる会社によっては、100種類以上の通貨ペアを取引できるFX会社もあります。

 

少なくとも自分が取引を行う予定の通貨に関しては、このことをしっかりと把握してから取引を行うようにしましょう。

 

FXの取引コストは安い?

FXトレードにおける手数料はいくつかありますが、基本的には安い手数料で取引を行うことが出来ます。

 

会社によっては手数料を無料にして取引を行えるところもあるくらいです。

 

基本的には通常の手数料が無料の会社が多いのですが、代わりにスプレッドと言われる通貨ペア毎に設定された手数料が、会社によって違ってきます。

 

スプレッドは残念ながらどのFX会社でも設定がされており、無料にすることは出来ないのですが、その代わり安い会社を探すことは出来ます。


一概に安いから良いという訳ではありませんが、それでも安いに越したことはないですよね。

 

少ない資金で始められる

FXの特徴に少ない資金でも取引が出来ることが挙げられます。

 

それを可能にしているのが、レバレッジというシステムになります。


このレバレッジは、倍率を手元の資金にかければかけるほど、手元の資金の何倍、何十倍もの取引を行うことが出来るのです。

 

このレバレッジを使えば、少ない資金から何倍もの資金を得ることが出来たり、多く資金を持っている人でも更なる利益を望めるのです。

 

24時間取引が出来る

FXの株と違うメリットとして、いつでもどこでも取引が出来ることです。


株は日本時間中でしか取引を行えませんが、FXは土日以外はいつでも取引を行えるのです。

 

このおかげで、副業としていつでも出来ると脚光を浴びた部分も大きくあります。


また、ネット環境さえあればスマートフォンからも売買が出来るので、家に居なくても取引が出来るのは強みです。

 

どうやって取引するの?

f:id:shimotenman:20190304144639j:plain

FX会社を選び、口座開設しよう!

では最後に実際取引をするために必要なことを話していきます。


まず取引を始めるには、国内もしくは海外のFX会社と契約を行わなければなりません。

取引を直接することは出来なくて、FX会社を経由して取引を行なって行くことになります。

 

基本的な注文方法を学ぼう

会社と契約が出来たら次は注文を行なって取引をしてみましょう。
基本的にはその時に注文を入れる注文方法が一般的ですが、他にも指し値注文や逆指値といったように自分で指定した値になったら注文を入れる方法もあります。

 

注文機能について解説

注文方法には他にもあります。


この値になったら注文を入れてこの値になったら注文を確定するような、指示を入れる方法もあります。

 

初心者のうちはまだ使いこなせないかもしれませんが、慣れてきたら少しづつ使っていきましょう!

 

マージンコールとロスカットを良く知ろう!

最後になりますが、マージンコールとロスカットについても話をしていきましょう。


マージンコールというのは、証拠金に一定の損失が発生した場合、FX会社が顧客に対して知らせてくれるシステムになります。

 

要は危険を教えてくれるのです。そしてある一定のラインを超えたら、強制的に全部のポジションを決済されてしまうのです。

 

これをロスカットといいます。