ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

【再現性有り】4時間足を使ったFXトレードで40pips得る手法

【再現性有り】4時間足を使ったFXトレードで40pips得る手法

f:id:shimotenman:20190608114947p:plain

色々なサイトで4時間足のFXトレードを見たけど、どれも再現性が低くて真似できないな...。

テクニカル分析も単純なやつで行える、短期売買向けの手法は無いものか?

 

 

色々なFXトレードを勉強するにあたり、4時間足のトレードは必ず通る道のり。

しかし、色々なサイトを見てみたはいいが、どれも再現性が低かったり参考にならないものが多かったです。

 

結局、独自で4時間足の勉強をチャートを見ながら続けた結果、現在では「1日に40pips前後」平均して稼げるようになりました。

そこで今回4時間足のFXトレード手法をを次の前提でご紹介します。

  1. 「4時間足→1時間足」のチャートしか見ない
  2. 短期売買(デイトレード or スイングトレード)
  3. 移動平均線 & ライン引き(水平ラインやトレンドライン)

この3つを前提とした手法をご紹介します。

 

もし、「中長期トレード」メインで考えている人には、オススメできな4時間足を使った方法なので、ブラウザバック推奨です。

デイトレードやスイングトレードを多用する人には、参考になる記事となっているので、引き続きお付き合いいただけると幸いです。

 

「4時間足→1時間足」で当日のFXトレード方針を決める

f:id:shimotenman:20190714004438j:plain

4時間足は非常に便利な時間足で、

  • 短期売買のFXトレード方針(買いか売りメインどちらにするか?)を決める
  • 中長期トレードの一番短い足

こんな感じで機能する、「短期売買」と「中長期売買」どちらも活用できるメリットがあります。

今回は「短期売買」向けに4時間足を使うので、「中長期トレード向け」の解説はまた別の機会に話をします。

 

 まず大事になるのは、

  1. 4時間足を確認して現在のポジションが「高い」か「低い」か確認
  2. 1時間足でトレンドラインを決める

時間足をこのように使います。

 それでは詳しく次の項目から方法を解説します。

 

4時間足で現在地が「高い」か「低い」を判断し売買方向を決定する

f:id:shimotenman:20190714204242j:plain

デイトレードやスイングトレードでは、基本的に1日か数日で取引を終わらせます。

私の場合は、短期間(1日〜数日)でレートが動きやすい方向4時間足が「高い」か「低い」かで決めています

 

例えば次の4時間足を見てください。

f:id:shimotenman:20190715210823p:plain

こんな4時間足のチャートがあった時に、皆さんならどう判断しますか?

直近の4時間足を眺めて、ちょっと高めになっていると判断します。

 

つまり、「売り目線」で考えてFXトレードをしようと考えます。

まず4時間足を見た時は、1日前後で「高い」「低い」を見極めて、「買い」と「売り」どちらで攻めるかを考えるようにしております。

 

4時間足で方向性を決めたら1時間足でライン引きをする

f:id:shimotenman:20190714204239j:plain

4時間足で「買い・売り」の方向性を決めたら、1時間足にチャートをチェンジしてライン(トレンドラインや水平ライン)を引いていきます。

まず下のチャートを見てください。

f:id:shimotenman:20190715212550p:plain

赤は直近の高値に水平ライン」「青は直近の安値に水平ライン」を引いています。

今回は4時間足で売り目線が強そうなので、

  • 赤い水平ラインで注文の売り
  • 青の水平ラインで利確の買い

こういう方針でFXトレードを行います。

結構レート幅があるので、なかなか刺さることが難しい場合もあるので、水平ラインやトレンドラインを少し甘めに設定するのも臨機応変にライン引きするといいでしょう!

 

利確の基準は人それぞれですが、だいたい10~40pipsを基準に考えるといいです。

勢いがあれば、「40pips」まで我慢をする。

勢いが微妙であれば「10pips〜」くらいを目処に利確をするとだいたい取れます。

 

追伸

f:id:shimotenman:20190714204236j:plain

以上、4時間足をきっかけにしたFXトレードの仕方になります。

手法は非常にシンプルなので、再現性は非常に高いと考えております。

 

今回紹介した内容を基準に、自分なりにカスタマイズすることで、精度は向上していくことでしょう。

私はサラリーマンをしながらFXトレードをしていますが、だいたいこの手法をベースに取引をしています。

損失を出すこともありますが、平均して1日40pipsくらいは取れるようになりました。

 

全員にマッチするFXトレード手法はありえませんが、是非とも「デイトレード」や「スイングトレード」を主体にしている人の参考になれば幸いです。