ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

MENU

世界で一番使われているFX自動売買ツールMT4をわかりやすく解説

世界で一番使われているFX自動売買ツールMT4をわかりやすく解説

FXの自動売買に興味あるけど、調べていると「MT4」という言葉が出てくるがこれってに何?

FX自動売買の知識が無い人が100%思うことに、「MT4ってなんぞや!?」という疑問があります。

 

私も5年以上副業でFXトレードをしていますが、理解できたのは本当ここ数年でした。

それくらいMT4の存在を知ってるけど、中身までは把握していない人が多くおります。

 

調べていく中でMT4は結論、「自動」や「通常」の売買に関わらず非常に使いやすいツールと言えます。

しかもそれはお墨付きで、「世界中で一番使われているFXトレードツール」なのです。

 

そこで今回この記事では、「MT4をわかりやすく解説」するとともに「メリットとデメリット」をまとめて解説します。

MT4自動売買に関する基礎的な情報は全て網羅しているので、気になる方は是非チェックして見てください。

日本で一番使われているFX自動売買ツールMT4をわかりやすく解説

f:id:shimotenman:20190201194600j:plain

MT4と言われますが、正式名称はメタトレーダー4と言います。

名前からわかる通り海外産のFXトレードツールで、元々はロシアで開発されたのものでした。

使われ始めたのも比較的最近で、正式に世界中に広まったのは2005年からと意外と歴史は浅かったりします。

 

MT4の優れている点は、「カスタム性」にあります。 

例えばMT4では30種類近くの分析ツールを利用することができ、これをプログラムに落とし込んで自分だけのFXトレードツールを開発も容易いんです

例えば、既存のFXトレードツールでは全て分析を自分で行わないといけませんが、MT4を使い自分でプログラミングができれ、それらの作業を全て自動化できるってことですね。

 

まさに、自動売買の世界最強FXトレーディングツールと呼ばれています。

MT4はカスタム性だけでは無く、肝心のFXトレード「約定力」も強く、普通のトレードツールとしても世界から信頼されています。

しかも、利用するのに料金は全く発生しません

 

0からMT4をFX自動売買として構築するには専門知識が必要 

f:id:shimotenman:20190527190357j:plain

MT4をFX自動売買システムとして0から構築するには、残念ながら多少プログラミングの知識が必要になります。

例えば、ミラートレーダーのような最初からできているシステムなら素人でも可能ですが、MT4の場合は自動売買として使うにはサーバーから構築しないといけないんです。

 

主なプログラミング知識としては、PHPやデータベース等をいじるMQL関数等々が必要。

正直、ここら辺を習得するにはプログラマーレベルの知識が必要になるので、プログラミング初心者としては、かなり難易度が高い。

 

それ以外にも、仮にサーバー周りを構築できたとしても、MT4は常にインターネットに接続しておかないといけないので、かなり電気代やパソコンへの負担が大きくなります。

総じて言えることは、0からMT4をFX自動売買ツールとして組み上げるのは、専門的なプログラムを構築しなければ利用は不可能です。

 

しかし今話したのは、あくまでも自分で0からFX自動売買システムを組み上げるって話。

既存のシステムを使ってしまえば、そこまで専門的な知識は必要なかったりします。

例えば、

  • MT4自動売買に関する書籍
  • インターネット上に落ちている既存のプログラム

こういったものがあれば、プログラミング初心者であっても少し勉強すれば、運用できるようになります。

今では多くのトレーダーが、MT4のFX自動売買ツールを「無料」もしくは「有料」で公開しています。

記載の通り、プログラミングをすれば誰だってMT4でFX自動売買を扱えます。

 

自らの投資理論がミラートレーダーや売買戦略自作型では絶対に実践できない、そのようなトレーダーにとっては是非使って欲しいツールであり、プログラミング知識が無くても書籍があれば実装できるのです。

 

MT4でFX自動売買をするメリットとは?

f:id:shimotenman:20190527190403j:plain

FX自動売買をMT4で行うメリットはいくつかあります。

  • 24時間FXトレードが可能
  • iPhoneやandroidにも対応
  • インジケーターの豊富さ
  • レスポンスが速い
  • EA(ストラテジー)作成や導入が簡単
  • 世界中にMT4ユーザーがいる(使用者が多い)

MT4はパソコンだけでは無く、iPhoneやandroidにも対応し、24時間トレードできるので、場所と時間を選ばずにFXトレードできるのがメリットの一つになります。

 

MT4は、世界中に存在する色々な人が作成したインジケーターから、自分にあったものを選択し、自動で売買をしてくれます。

インジケーターの種類は豊富なので、組み合わせ次第では自分だけのオリジナルツールを作成可能。

 

他にも、MT4はレスポンスが非常に良いので、起動の時間が他業者FXツールよりも早く、取引タイムラグもありません

 

そして、MT4の一番の魅力と言えるEA(エキスパートアドバイザー)が利用できるることです。

EAとはストラテジーのことで、無料または有料で販売をされており、ダウンロードで入手することができます。

 

自分でもFX自動売買ツールを制作することができ、難しいプログラミングの知識は必要とせず、簡単なプログラミングの知識があれば、誰でも自作EAを開発できます。

MT4は世界で一番使用されているFXトレードツールですが、日本ではあまり普及をされてません。

 

しかし、海外のFXトレーダーのほとんどは、MT4を利用しているので、日本企業独自のFXトレードツールよりも様々なことが可能となります。

 

MT4でFX自動売買をするデメリットとは?

f:id:shimotenman:20190527190400j:plain

MT4のデメリットは、

  • 日本ではMT4を扱っているFX口座が少ない
  • 初心者がストラテジーを選ぶのは大変

MT4は日本では浸透しておらず、使いたくてもFX口座が限定されてしまうことです。

代表的なMT4を扱っているFX口座はOANDA JAPANになりますが、FXを始めたばかりの方には知られない、玄人向けの会社ですね。

 

スプレッドやスワップポイントを考えると別のFX口座がいいけど、MT4を扱っていないために、他業者へ移ることができなかったりします。

優秀なMT4でも利用できるFX口座が無ければ、宝の持ち腐れです。

 

他にも、ストラテジーが多いことはメリットの反面、デメリットにもなります。

多いとこうことは、膨大な中から適したものを選ぶ必要があります。

熟練のFXトレーダーであれば、苦では無いのかもしれませんが、FXトレード初心者にとっては敷居が高すぎます。

 

扱える海外のFX口座に登録をしようにも、英語等海外の言語に疎い人にとっては敷居が高いことなります。

もしMT4を扱って見たい人は、でも口座取引もできるOANDA JAPANは個人的にオススメです(私も愛用しています)。

 

追伸

f:id:shimotenman:20190527190354j:plain

FXの自動売買ツールは現在でも増えていますが、世界で一番使われているのは「MT4」に変わりはありません。

完全に0からFX自動売買ツールをMT4で作るには、それ相応の知識が必要になりますが、既存の有志により作られたプログラムを使えば、誰でも簡単に導入することはできる。

そのためにも、MT4を扱えるFX口座と契約する必要があるので、OANDA JAPANのような国内でMT4を扱っている会社選びを進めてください。

FXトレードに慣れてきて、次のステージに進みたい人は是非ともチャレンジして見ましょう!