ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

【無駄な勉強不要】副業FXトレーダーがローソク足で必要な知識

f:id:shimotenman:20190623164800j:plain

f:id:shimotenman:20190608114947p:plain

副業でFXを始めたが、時間が無いから勉強もままならない

最低限、ローソク足を使ったトレードをしたいが、何を勉強したらいいのだろうか?

 

専業FXトレーダーを目指すのであれば、ローソク足について完璧に熟知しておく必要があります。

ただこの記事をご覧になっている方のほとんどは、限られた時間でFXトレードをするサラリーマンの方が多いはず。

そうなると、「FXトレード」と「勉強」に当てられる時間に限りがある。

 

特にFXトレードをする上で、テクニカル分析は必須で、全部の内容を網羅しようとしたらかなりの時間が必要です。

そのため、副業でFXをするサラリーマンの方は、知識について完璧を目指すのではなく「5~6割」くらいの知識があれば十分

今回紹介する「ローソク足」の知識も、私が副業でFXを5年以上続けた中で必要だった知識だけを紹介します。

 

【無駄な勉強不要】副業FXトレーダーがローソク足で必要な知識

f:id:shimotenman:20190531190937j:plain

副業でFXトレードするために必要なローソク足の知識は、

  1. 買いのサイン
  2. 売りのサイン
  3. トレンド転換のサイン

から構成されます。

 

他のFX系のサイトや情報誌では、小難しい専門用語や理屈を書いていますが、副業でFXトレードをするサラリーマンにはそんな情報は不要です。

というか勉強するだけ時間の無駄

ローソク足の本質だけ理解しておけばいいのです。

 

例えば今から話すローソク足の最低限の知識だけで、

  1. ローソク足を見て「買い」か「売り」の判断を下す
  2. トレンドに沿ってポジションを保有
  3. ローソク足からトレンドの転換点を見極め決済

こんな取引ができるようになります。

もちろん予想に反した場合も考えて、損切り設定することも必要です。

 

副業トレーダーでもローソク足の判断は、短い時間で何回もトレードをする「スキャルピングトレード」には一番必要な知識です。

とっさの判断でエントリーができるよう、最低限これから話すローソク足の知識はマスターしておきましょう。

 

副業FXトレーダーがローソク足の最低限の知識で効率良く稼ぐ3つの方法

f:id:shimotenman:20190615113012j:plain

さて、ここからは先ほど話た最低限のローソク足の知識をご紹介します。

まず、最低限の知識として

f:id:shimotenman:20190623164301p:plain

こういった、陽線と陰線についての最低限の知識は覚えておいてください。

陽線は相場が上昇、陰線は下降していることを意味しています。

基本的に、これらの長さが長いほど「強い」、すなわち「上昇もしくは下降トレンドが続きやすい」と言うことです。

 

そこで、サラリーマンの副業FXトレーダーが、これだけ知っていれば十分な効率良く稼ぐ方法を3つご紹介するので、これだけは覚えて帰ってください。

  1. 買いのサイン
  2. 売りのサイン
  3. トレンド転換のサイン

 

ローソク足から「買い」のサインを読み取る方法

高値圏での「買い」サイン 

例えば、高値圏でこのような陽線のローソク足が出現した時、買いのサインとされています。

f:id:shimotenman:20190623110047p:plain

すでにポジションを持っている人は、そのまま継続GOのサイン。

また、ポジションを持っていない人は、このローソク足を理由に相場へエントリーするのも有りです。

f:id:shimotenman:20190623153639p:plain

上手に決まれば、次のような感じで上昇トレンドがさらに続くこととなります。

 

安値圏での「買い」サイン 

安値圏でもし次のようなローソク足が出現したら、「買い」のサインです。

f:id:shimotenman:20190623105748p:plain 

このローソク足は、大抵下落している相場で底をつくときに出やすいので、逆張りの指標等によく使われます。

f:id:shimotenman:20190623154532p:plain

こんな感じにうまく決まれば、ローソク足がこんな感じになります。

 

ローソク足から「売り」のサインを読み取る方法

高値圏での「売り」サイン 

例えば、チャートの高値圏内でこのようなローソク足が現れたら「売り」のサインです。

f:id:shimotenman:20190623105954p:plain

特に上昇トレンドの終わりに見ることが多く、ある程度チャートが上昇してこのローソク足が出てきたら下落に注意です。

f:id:shimotenman:20190623160048p:plain

こんな感じで、ローソク足の長さが長いほど強いと言う判断になります。

このローソク足は上昇から一転、下落のサインになることが多いので注意が必要です。
 

安値圏での「売り」サイン 

下図のローソク足が安値圏で出現した場合、上昇の兆し有りなので注意。

f:id:shimotenman:20190623105744p:plain 

多くの場合は、下降トレンドの終わりに出現しやすく、上昇トレンドに転じやすくなります。

逆張り狙いの人は、このローソク足を見たらエントリーの機会と考えてもいいですね。

f:id:shimotenman:20190623160532p:plain

ちょっとローソク足が大きいのですが、こんな感じで一転上昇に転じることがあるので要チェックです。

 

ローソク足から「トレンド転換」のサインを読み取る方法

ここで紹介するローソク足は、「トレンド転換」しやすいサインになります。

例えば、

  • 上昇トレンド→下降トレンド OR レンジ相場
  • 下降トレンド→上昇トレンド OR レンジ相場
  • レンジ相場→上昇トレンド OR 下降トレンド

いずれかになりやすくなっています。

例えば、

 f:id:shimotenman:20190623105739p:plain f:id:shimotenman:20190623105742p:plain f:id:shimotenman:20190623111621p:plain f:id:shimotenman:20190623111624p:plain

この4つのローソク足は、「上昇トレンド」「下降トレンド」そして「レンジ相場」の途中で見られると、転換のサインだと言われている。

 

あくまでもこれらのローソク足は、「転換点」になりうるだけなので、確実にトレンドが変わるわけでは無いことに注意を。

 

番外編:特殊なローソク足からのサイン

最後に番外編として、少し特殊なローソク足のサインを解説します。

結構頻繁に見るサインではあるので、副業FXトレーダーでも覚えておいて損はありません。

 

例えば、

f:id:shimotenman:20190623162152p:plain

こんなローソク足の組み合わせを上昇トレンドで見つけたら危険です。

内容としては、「最初の陰線が次の陽線にすっぽりと収まる」ことで成立します。

このローソク足の組み合わせが成立すると、

f:id:shimotenman:20190623162155p:plain

こんな感じで、一気に下落(下降トレンド)する可能性があります。

 

また、その逆パターンもあります。

f:id:shimotenman:20190623162158p:plain

この場合は、「最初の陽線が次の陰線にすっぽりと収まる」ことで成立します。

f:id:shimotenman:20190623162201p:plain

こんな感じで、一気に上昇(上昇トレンド)する可能性があります。

 

これらはチャートをよく見ると、頻繁に見かけるローソク足の組み合わせなので、活用できると強い味方になります。

 

ローソク足が副業FXトレーダーにオススメな理由

 ローソク足1つで色々と為替相場の心理状態を把握することができる。

慣れてくると、ローソク足を一目見ただけでこの後の動きがなんとなくわかります。

 

実は、「一目で相場の動きがわかる」と言うことは、副業でFXトレードをするサラリーマンの方には非常に重要。

なぜなら、サラリーマンの方には副業でFXに当てる時間が限られているから。

多くのサラリーマンの方には、チャートをじっくり見て分析をする時間なんてありません。

 

そのため、今回紹介したローソク足の分析は

  • 慣れれば時間がかからずに相場の心理状態がわかる
  • ぱっと見でわかる
  • すぐに次の行動に移れる

と言うメリットがあるから。

 

それにローソク足は、どんなFXトレーダーでも目に付くものなので、これを意識してトレードする人も多い。

つまり、世界中のFXトレーダーが頼りにするツールがローソク足

それだけ、トレーダーの心理状態が現れやすいので、時間が無いサラリーマンが参考にするにはもってこいってことです。

 

今回紹介したローソク足は、副業でFXトレードする人なら最低限覚えておいて欲しい内容。

しっかりと、頭の中に叩き込んでおいて欲しいです。

 

追伸

f:id:shimotenman:20190615113006j:plain

今回紹介したローソク足以外にも、様々な活用方法があります。

しかし、意外と難しい内容だったり分析に時間がかかるものばかりなので、今回は割愛しました。

 

サラリーマンが副業でFXをするのに重要なのは、「時間をかけない」こと。

最低限、今回のローソク足に関する知識があれば十分活用することができるので、専門用語とか実用性の無い知識を学ぶ必要はありません。

早速、今回の知識を生かして実際のチャートで練習を重ねてみてください。