ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

MENU

【自動売買】FXを大人気ソフトExcelで実行できる裏ワザをご紹介

【自動売買】FXを大人気ソフトExcelで実行できる裏ワザをご紹介

FXで自動売買を試してみたいけど、色々と種類があるみたいでわからない。

今回はそんな自動売買で悩んでいる人に、サラリーマンになじみが深い「Excel」を使って自動売買ができることをご紹介します。

 

先に結論を言いますが、Excelを用いたFX自動売買は「中級者〜上級者向け」の内容となります。

初心者でもExcelによる自動売買ができなくないですが、かなり勉強が必要になることはご覚悟を。

 

ただ、そのハードルを乗り越える事ができれば、Excelを用いたカスタマイズ性に富んだ自動売買システムを自作する事ができます。

もし既存のFXトレードツールや自動売買に不満を感じたら、今回の記事を検討材料にしていただければ幸いです。 

FXを大人気ソフトExcelで実行できる裏ワザをご紹介

f:id:shimotenman:20190201194529j:plain

自動売買FXをExcelを使って行えることはわかった!

ただ、通常会社の経理が使っているような、普通のExcelではダメなんじゃないの?

 

いいえ!そんなことはありません。

サラリーマンの方が普通に使っているExcelで、自動売買FXは可能です。

ただしそれには、VBAと言うプログラミング知識が必要になります。

 

ExcelをカスタマイズできるVBAでFX自動売買が可能

人によってはVBAを知っている人は少数でも、ほとんどの人は知らないはず。

このVBAとはマイクロソフト社がExcelに、独自の機能拡張を施すために開発されたプログラミング言語となります。

つまり、既存のExcelをカスタマイズできるプログラミング言語ってことですね。

 

元々、マイクロソフト社で開発されていたプログラミング言語、Visual Basicを基本にマクロ言語用に改造されたものになります。

このVBAを利用して自動売買システムをExcelで開発、そしてそれを自動売買FXトレードに利用することができるのです。

 

現在では多くの業者で、API(金融事業者の提供する取引システムと自作のプログラムの間の通信上の取り決め)が利用でき、独自のシステムを使ってすべて自動化することが簡単にできます。

 

ExcelのVBAのFX自動売買システム開発には専門的な知識が必要

基本的に自動売買システムを作るには、大きく分けて3つの機能を保有させなければなりません。

  • 為替データ取得機能
  • ストラテジーに基づく売買サインの発信機能
  • 自動発注機能

簡単にまとめると、リアルタイムで為替相場のデータを習得し、ルールに則ってFX取引をするってことですね。

 

ExcelのVBAではFX自動売買システムの構築に、当然ながら上記の要素を盛り込まなければなりません。

そして中身は独自FXルールに従う、ストラテジーを練りあげる必要があるんです。

 

先ほども話した通り、ExcelのVBAを扱うにはプログラミングの専門的知識が必要になります。

ExcelのVBAの知識だけではなく、為替市場やチャートの考え方も知らないと理想的な自動売買ツールを作る事ができない。

  • ExcelのVBAの知識
  • 為替相場に関する知識

これら両方を持ち合わせていないと、正直初心者には自動売買ツールの開発は難しいです。

 

素人でもExcelのVBAをパクればFX自動売買システム開発は可能

先ほど話したのはあくまで、0ベースからExcelのVBA開発をするときの話。

もし、既存にあるシステムツール(ネット上に出ている)であれば、素人でも少し勉強すれば自分でFX自動売買ツールを作ることは可能です。

 

サイトや業者によっては、VBAで記述されたプログラムが提供されているので、興味がある人はチェックしてみてください。

 以前は、売買シグナルを出すプログラムを自分で作って、注文自体は手動というものが普通でしたが、現在ではExcelから売買注文まで自動化できるようになりました。

これらも全て、API(Application Programming Interface)を利用できるようになったためです。

 

このAPIは非常に便利で、自動売買システムを使うにあたり取得ができればあらゆるツールで、自分の自動売買システムを導入する事ができます。

つまり、取り引きをする場合に、業者の提供する取引システムを必ず使う必要がなく、独自のシステムで快適に、自由度を飛躍的に広げてトレードができるようになるのです。

 

ただし、APIの利用は上級者向けの手法ですが、ネット等には使い方まで懇切丁寧に乗っているので、指示通りに作業をすれば素人でも十分取り扱うことは可能になります。

よりカスタマイズしたいのであれば、プログラミング能力を持っていることが条件になりますが、既存のやつを試してみたい人はネット上に落ちてるものでいいでしょう。

 

 自動売買システムはすらばらしいツールですが、将来的にどれくらい利益を上げれるのか、ある程度見積もりを建てて導入すると、効果がわかりやすく測定できるのでお試しを。

 

ExcelのVBAを使ったFX自動売買の注意点

f:id:shimotenman:20190528194553j:plain

自動売買FXトレードシステムを制作するには、リアルタイムに為替のデータを習得、売買の命令やルールの決定、そして自動で発注を行うプログラミングが必要です。

この機能が無いと、自動売買ツールとしては役に立ちませんし、ExcelのVBAにも実装する必要があります。

 

ですが、ExcelのVBA自動売買システムを完成させたら終了ではありません

いきなり本番環境に実装するのは危険(不具合等があるとリスク)なので、仮想環境でまずは実装することとなります。

 

例えば、他のFX業者が提供しているデモトレードを使って行うのが良いでしょう。

実際にはお金を使うことはありませんし、リアルのチャートの流れを使えますのでとてもオススメです。

 

その際は、習得したデータというのは販売等行うことができません

販売を行った場合は規約違反になり罰せられるので注意しましょう。

 

他にも、サイト側に何かしらの改変を行ったり、プログラム自体を改変することも行ってはいけません。

それ以外のことなら何をしてもいいので、確認して取り入れればより充実したシステムを構築することができます。

 

行ってはいけないことに関しては、大抵FX取り扱っている会社の利用規約に記載をされているので、自動売買システムを試す前に確認を。

これらのことを踏まえながら自動売買ツールをVBAで作成していくとより完成度の高いシステムツールとなること間違い無いでしょう。

 

追伸

f:id:shimotenman:20190528194549j:plain

一言でFXの自動売買と言っても多種多様なものがあります。

今回お話しした内容は、「自分でカスタマイズする」自動売買システムですね。

それ以外にも、事前に用意されている自動売買プログラムから、好みのソフトを選んで行う自動売買方法(ミラートレード等)もあります。

こちらの方が、初心者には向いていますね。

自動売買に興味がある人は、自分の「プログラミング」と「為替の理解力」を考え、適切なものを選ぶようにしてください。