ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

【無料】副業FXを5年以上続ける私がオススメするFX口座3選

【無料】副業FXを5年以上続ける私がオススメするFX口座3選

f:id:shimotenman:20190608114947p:plain

周りに副業でFXをしている人がいないので、どんな口座を開設したらいいのかわからない...

たくさんFX口座はあるけど、どれも同じなのかな?

どうせ開設するなら損をしたく無いね...

 

副業で使えるFX口座を知りたい人向けの記事になります。

働き方改革で多くの企業で残業が見直され、どんどんと給料が減ってきています

その代わりとしてサラリーマンの間で注目を集めているのが、副業としてのFXトレード。

 

FXを始めるためには口座を開かないといけませんが、一度調べたことがある人ならわかりますが、国内外問わず数百ものFX口座が存在します。

正直、初心者のうちはどのFX口座を選んだからいいのか、わけがわからないですよね。

 

そこで今回この記事では、

  • 短時間でFXトレードしたい人
  • 放置してFXトレードしたい人

にオススメのFX口座を紹介します。

結論から言えば、どのタイプの人にも扱いやすい初心者向けのFX口座を紹介します。

 

サラリーマンが副業する時間はどうしても限られる。

そんな限られた貴重な時間をFX口座選びで無駄にして欲しく無い。

そんな副業FXを始める5年前の私に伝えたいサラリーマンにオススメなFX口座になっています。 

 

どんなタイプの副業FXトレードをしたいかで口座が変わる

f:id:shimotenman:20190624121756j:plain

皆さんはどんなFXトレードを行いたいですか?

  • 短い時間でポチポチFXトレードしたい→短期売買タイプ
  • ある程度放置したFXトレードをしたい→中長期売買タイプ

国内でも数十のFX口座があり、微妙にそれぞれの特性が違います。

ぶっちゃけ、どのFX口座を選ぼうが「FXができる」ことには変わりありませんが、使いかってや手数料等が違ってくるのです。

 

例えば、どの携帯会社と契約しても「携帯を使える」と言うことに変わりはありませんよね?

ただ、「基本料」や「パケット代」、「電話料金等」細かいところが違っており、FX口座も同じようなことがあるんです。

 

上記で言うと、「短期売買タイプ」の副業FXトレーダーの場合、「手数料が安い」や「タイムラグが無く決済ができる」、「レバレッジ」等が重要になります。

中長期売買タイプ」で副業FXトレードする場合、「スワップポイントが高い」が重要になってきます。

 

他にも人それぞれ、トレードで何を大事にするのかは変わりますが、上記の内容を検討材料としてFX口座を選ぶのがオススメです。

 

※注意:海外FX口座は初心者には危険

時々ですが、FX解説サイトや情報誌で「海外のFX口座」を紹介する情報媒体がありますが、初心者は手を出さないことをオススメします。

理由は簡単で、

  • 解説等が「外国語」または一部「外国語」
  • レバレッジを高く設定できてしまいリスクが高くなる
  • サポートセンターが「外国語」
  • FXトレードツールの中身が「外国語」

こんなことが多いのです。

 

仮に日本語対応になっていたとしても、「翻訳がおかしい」、「わかりづらい日本語で電話対応」なんてこともしばしば。

「外国語がわかる」や「FXトレード歴が長いベテラン」なら対応することも可能

しかし、FXを副業で始めたばかりのサラリーマンには、難易度が高いので国内のFX口座をオススメします。

 

副業にオススメなFX口座3選

f:id:shimotenman:20190624121754j:plain

私が実際使った、もしくはFXトレーダー仲間の間で評判が良かったFX口座を紹介します。

  1. FXブロードネット(ブロードライトコース)
    →1,000通貨からの少額取引可能。
  2. DMM FX
    →FX口座開設No.1の実績。私が初めて使ったFX口座でツールがわかりやすい。
  3. OANDA JAPAN(オアンダジャパン)
    →1通貨からの少額取引可能。初心者〜中級者にオススメ。現在、私がメインで使っているFX口座です。

これらのFX口座は先ほど上記で話した、「短期売買タイプ」「中長期売買タイプ」の人でも幅広く扱えるオススメな口座です。 

つまり、オールマイティーに扱える初心者向けのFX口座ってことですね。

 

FXブロードネットとDMM FXの比較

正直、FX口座としての使いやすさで言うと、「FXブロードネット」も「DMM FX」も違いは対してありません。

しかし、

  • FXブロードネット → 最低限5,000円くらいあれば取引可能
  • DMM FX → 最低限40,000円くらいあれば取引可能

最低限必要な資金がそれぞれ違ってきます。

 

試しにFXをして見たい人は、少額から取引ができる「FXブロードネット」の口座がオススメ

少し資金多めにFXをしたい場合は「DMM FX」がオススメです。

 

両者のFX口座には他にも特徴があり、

 それぞれ特徴があります。

 

個人的には少額からでも取引できる「FXブロードネット」がオススメな気はします。

ただ、昔私がメインで使っていたDMM FXも「サポートが手厚い」かったり、「トレードツールが使いやすい」等をリアルに実感したので、両方試しに作ってみるのも有りかと。

 

将来的にFXを続けたい人はOANDA JAPAN(オアンダジャパン)がオススメ

 現在私がメインで使っているFX口座はOANDA JAPANなのですが、次のような特徴があります。

  • 1通貨から取引が可能(日本円で数十円くらい)
  • 扱っている通貨ペア数が多い
  • プロトレーダーも使っているオープンオーダーが使える
  • デモトレードで練習が可能
  • 世界で一番使われているトレードツールのMT4を使用できる

ざっとこんなオススメな理由がこのFX口座にはあります。

 

これらのメリットは、初級者から中級者まで幅広く恩恵を受けれるものばかりです。

ただし、OANDA JAPANはサービス等は非常に充実しているのですが、「トレードツールが初心者にはわかり難い」と言うデメリットも。

 

OANDA JAPANのFX口座は、

  • 今後FXトレードし続ける人は慣れて練習するのは有り(慣れれば誰でも使える)
  • 試しにFXをする(今後も続けるか不明)人はオススメしない

この2つで開設するかは判断してください。

 

OANDA JAPANの取引ツールで慣れれば、上で紹介した2つのFX口座よりも有益な情報が多く、ここにしか無いツールが使えるのでオススメ。

しかし、知識の無い初心者には敷居が高いので、お試しに扱うFX口座としてはオススメできないですね。

 

どのFX口座も【無料】で開設できるのでまずはどれか一つ

f:id:shimotenman:20190624121751j:plain

今回紹介したFX口座は全て、「無料」で開設できるので、とりあえずどれか作っておくことをオススメします。

取引資金は必要になりますが、口座開設すること自体にお金はかからないので、試しに作って見てトレードツールが理解し難ければ「他のFX口座を開設」してみることもできます。

 

 万人に受けるFX口座なんてものはありません。

携帯電話と同じで、「Android」が使いやすいと言う人もいれば、「iPhone」が使いやすいと言う人もいる。

どうせ「無料」でFX口座を開設できるのならば、興味があるものを作って見て、その中から使いやすそうなものを選ぶと言う手段が、一番悩まずに済むオススメな方法です。

 

追伸

f:id:shimotenman:20190624121749j:plain

今回紹介したFX口座は、どれも「初心者」向けとしてオススメされる有名な口座です。

どのFX口座でもそうですが、1万円ほどの資本金があれば毎日「数百円」の利益を上げ続けることは難しく無い。

もちろん資本金の額を上げて取引をすれば、毎日の利益もそれだけ上がる可能性はあります。

 

しかし、FXトレードは投資なので「資本金が減る損失」も考えられます。

リスクがあることを理解しつつ、FXトレードをしないと痛い目を見ます。

詳しい内容は、「『超超初心者向け』FXって何さ?【儲かる理屈と方法を簡単解説】」で解説をしているのでご参照を。

 

今回紹介したFX口座