借金や大損のFXコピペは副業には当てはまらない5つの理由 

未分類

借金や大損のFXコピペは副業には当てはまらない5つの理由 掲示板等で「借金や大損をしたFXコピペ」が出回っており、良くネタとして使われています。

FXをしない人にとってはメシウマ内容ですが、投資をする人にとっては「明日は我が身」の可能性が大きい内容で、決して笑い事ではありません。

人によっては、FXコピペの内容等を見たり聞いたりして、「ちょっとFXをやるの止めよう」と思った人もいるはずです。

ただこれ、「副業としてFXでお小遣い程度を稼ぎたい人」にはほとんど当てはならない内容なのです。

その理由として、

  • 大きな金額を損失しない
  • 含み損がほとんどない
  • 仕事や日常生活に支障をきたさない
  • 他人に迷惑をかけない

こう言ったことを挙げられます。

その証拠に、私は副業でFXを5年以上行なっていますが、FXコピペのような借金や大損をしたことがありません。

そこで今回この記事では、「FXコピペが副業FXには当てはまらない5つの理由」と「 FXコピペから見る副業FXのメリットとデメリット」をご紹介します。

借金や大損のFXコピペは副業には当てはまらない5つの理由

f:id:shimotenman:20190502111855j:plain

以下の項目には、掲示板等で良く出回る、「借金や大損をしたFXトレーダーの書き込みコピペ」を記載します。

その内容から、お小遣い程度を稼ぐFX副業には当てはまらない理由を交えて解説をします。

理由①副業FXでは破産するほどの大きな金額を損失することが無い

まず下のFXコピペをみていただきたい。

  • FXデモトレードで稼げるようになったの仕事を辞めて2,000万円からスタート
  • 資金は家族から借りて専業に
  • FXトレード3日目にしてロスカットが続出して資金がほぼ「0」に
  • 妻と離婚して娘は引き取って貰いました

こんなFXコピペが掲示板等で流れていました。

副業としてFXを始めようと考えている人の中には、「破産するほどの損失が発生する可能性があるのでは?」と考えて中々トレードに踏み出せない人もいるのでは?

結論から言うと「副業FXで破産する程の損失を出すことはありえ無い」です。

上記のFXコピペは、資金が2,000万円からスタートで、恐らく「ハイレバレッジ」で「資金全てを投資」するFXトレードをしていたはずです。

例えば、通常リスク管理をしながらFXトレードを行うと「2,000万円のうち1,000万円だけ取引に当てる」等の余裕を持たせた投資を行うはずです。

しかし、FXコピペでは「2,000万円中の2,000万円全てをトレードに当てる」ことをしていたはず。

副業FXでは、「1~10万円程度のお小遣い」を目的とした取引がほとんどなので、リスク管理ができた取引をすれば、損失が出ても「数万円程度」で済みます。

副業FXで社会人で得られる給料以上儲けたいのであれば、それなりの損失を覚悟しなければなりませんが、お小遣い程度の儲けでいいのならば大きな金額損失を出すことはありません。

お小遣い程度の副業FXをするのであれば、このようなFXコピペに騙されないようにしましょう。

理由②副業FXでは大きな額の含み損を抱えることが無い

FXには損失の種類が「含み損」と「確定された損失」2種類があります。

含み損は「注文を決済したら確定する損失」で、その結果「確定された損失」になる。

下のFXコピペは、「含み損」が膨大に膨れ上がった人の書き込みになります。

  • 働いて貯めた資金数千万円を FXトレードに当てた
  • 含み損が「1,500万円」に膨れ上がり、ロスカットになれば3,000万円吹っ飛ぶ
  • 社会人の給料分を稼ごうと思ったら損失が拡大した

含み損に関するこのようなFXコピペを見つけました。

副業FXでお小遣い程度を儲けるのであれば、このような多額の含み損を出すことはあり得ません

このFXコピペの敗因は、「損切り」等のリスク回避ができなかったことです。

例えるなら、「儲かると言われて買った土地の地価が上がらずに下落の一途を辿っているのに、すぐに売却せずに持ち続いている」みたいなものです。

賢い皆様なら、土地の価値が下がりきる前に少しでも元を取ろうと、すぐに売却しますよね?

上記FXコピペの人はそれができなかったんです。

副業FXでお小遣いを稼ぐ人は、そもそも資金は「10万円前後」からスタートするので、どんなに結果が悪くても「数万円」失うだけ。

しかも取引の時は、「損切り」等のリスク回避を必ず行うので、FXコピペのようなことになることはあり得ません。

副業FXをするトレーダーにとって、全く無縁のFXコピペと言わざる終えませんね。

理由③副業FXでは本業の仕事や日常生活に支障をきたすことが無い

FXトレード等の投資を行うと、日常生活が崩壊する

昔からこのような事を言う、投資を毛嫌いする人が存在します。

下記はそれが当てはまってしまった人のFXコピペになります。

  • これ以上値が下がると100万円の含み損が確定してしまう
  • 考えるだけで吐き気がする
  • 仕事に集中できないし何もする気が起きない
  • 数年かけて貯めたお金が無くなってしまう…

含み損のことを考えると、精神的に参ってしまう人の書き込みですね。

儲け額が大きい」と言うことは、「損失額も大きく」なる可能性があると言うこと。

損失と儲けは表裏一体、損失の額が大きくなればなるほど精神的不安定になるのは当然のことですよね。

しかし、副業FXであればFXコピペのような「本業の仕事や日常生活に支障」がありません。

何故ならば、「儲ける額が少なければ損失する額も少ない」からなのです。

例えば、あなたの給料が「20万円」だとしましょう。

その時、含み損が「10万円」だったらどう思いますか?

月給の半分が一瞬で失うかもと言う不安で、仕事どころか日常生活ですら安心して過ごせないですよね。

仕事に至っては、含み損が気になり本業に手が入らずにミスを連発なんてことも。

ただこれが、「100円」の含み損ならどうでしょうか?

「まぁたったの100円だから良いかな?」こんな風に考えられますよね。

副業FXの場合は1回のトレード利益が少ないので、含み損を抱えても大したことがありません。

FXで大事なのは含み損を抱えても乱れないメンタルです。

FXコピペのように、含み損の額を見てメンタルが崩れるような取引をしているようなら、それは間違ったトレードと言わざる終えません。

月収「100万円」の人と、「20万円」の人では同じトレードをして良いわけはありません。そもそもお金の価値観が両者で違うので。

副業FX程度であれば、含み損を抱えてもメンタルが揺れることのない額なので、FXコピペのようなことにはなりませんね。

理由④副業FXでは家族や友人に迷惑をかけることが無い

極端な話、FX投資は家族や友人等の第三者に迷惑をかけなければ、大損や破産をしても良いと思っています。

生きてさえいれば、そこからいくらでも挽回はできるから。

ただ、家族や友人等の第三者に迷惑をかけてまでFX投資をすると、その後の人間関係まで崩壊させる可能性も。

次のFXコピペは、「第三者」が絡んだ書き込みになります。

  • 各金融機関から借金をし両親のクレジットからもお金を拝借
  • 暴落をしてお金は全て無くなった
  • 最終的に数千万円が消えてしまい両親に勘当される

嘘のような本当の話ですね。

副業FXではお小遣い程度を稼ぐのが目的なので、そもそも誰かから借りると言うことはありません。

ただ、どうしてもFXで大金を当ててやろうと言う人は、色々なところからお金を拝借してトレード。

結果的に、大きな損失を出してお金を返せなくなる。

最終的に、両親や兄弟、そして友人等へお金を返せずに勘当される、こういったFXコピペや話を耳にします。

FX副業では、「10万円程度」あれば投資が始められるので、誰かから資金を借りたりする必要もありません。

そもそも人から借りたお金で投資をすると、上記FXコピペのようなことになるので「私はオススメ」しませんね。

理由⑤副業FXはギャンブル的な人生一発逆転のトレードでは無い

FXをする人の中で、「人生一発逆転」を狙ってトレードをする人がいます。

まず間違い無いのは、そう言う人はFXトレードを「ギャンブル」か何かと勘違いしています。

私の経験上、ギャンブルとしてFXトレードをする人の大半は、多額の損失を出して引退しているのです。

次に紹介するFXコピペは、「人生一発逆転」を狙った人の末路になります。

  • 定年退職して退職金や貯金をFXに
  • 年金は頼りにならないので残りの人生遊んで暮らせる金額を狙い投資
  • FXの経験はないが退職金等のお金大半を投資
  • ほとんどロスカットで資金がなくなり老後の貯金もわずかに

テンプレート的な、定年後の無茶な投資になりますね。

このFXコピペは定年後の方ですが、若者でもパチンコや競馬等と同じと感が違いし、ギャンブル感覚でトレードを行う人がいます。

FXは間違いなく「ギャンブルでは勝てない」ので、「戦略を持って投資」する必要があるのです。

そのため、定年後の老人が退職金を使い無知なまま投資をすると、上記FXコピペのような事態になるんです。

一方副業FXは、「戦略的に」「隙間時間を使い」「お小遣い程度稼ぐ」ので、「大きな損失が出ない」「ギャンブル性が低い」「老後投資をするための知識がつく」メリットがあります。

将来老後に投資を考えている人、上記FXコピペのようなことになりたくないなら、社会人時代から投資に慣れ親しんでおくことをオススメします。

借金や大損のFXコピペから見る副業FXのメリット

f:id:shimotenman:20190505115503j:plain

上記FXコピペに当てはまるのは、「FXで社会人としての給料以上大儲けをしたい人」に限ります。

FX副業として、お小遣い程度儲けたいのであれば気にする必要は全くありません

なぜなら、借金や大損のFXコピペから見て副業FXは、

  • FX投資による損失が限りなく少ない
  • メンタルが安定した状態でFX投資ができる
  • 人間関係をFX投資で破綻させない
  • 会社の本業がおろそかにならない
  • 取引経験を重ねてFX投資の知識が自然とつく

こういったメリットがあるからです。

もともと副業とは、本業の給料プラスαの収入を得たいがためにするもの。

それなのに副業がメインになり、それに振り回されてしまったら本末転倒。

副業FXは結果的にあなたへ、「お小遣い程度の収入」と「FX投資の知識」をもたらしてくれます。

借金や大損のFXコピペから見る副業FXのデメリット

f:id:shimotenman:20190505115507j:plain

どうしても「FXで大金を稼ぎたい」、こんな人はFX副業は向いていません。

毎日微々たるお金しか入らず、月に「数万円程度」しか収入が入らないので満足いかないでしょう。

確かにFXで月に「数十万円」稼ごうと思えば、稼げる事は可能です。

そういった意味ではFX副業は、

  • 大きな額を稼げない

こう言ったデメリットはあります。

ただそのために、「メンタルを擦り減らし」「本業に力が入らない」「交友関係が崩壊する」「大きな額の損失を抱える」、こう言った可能性が増大することを理解して始めなければなりません。

その結果、上記のようなFXコピペの状況になるかもしれない。

自分はどちらに重きをおきたいのか、天秤にかけてからトレードスタイルを確立するようにしましょう。

追伸

f:id:shimotenman:20190505115459j:plain

今回紹介したFXコピペは決して人ごとではなく、是非とも反面教師として自分のトレードの糧にしてください。

他人事だと捉えると、次はわが身になることでしょう。

私が最後に言いたいのは、「副収入としてFXをするのであれば、お小遣い程度を意識した副業的なFX投資」をすることです。

今回紹介したFXコピペは、どれもまとまったお金で一発逆転を狙って投資をし人がほとんど。

大きな金額が動くと、それだけ人のメンタルは動揺しやすいので予期せぬ行動をとります。

こちらの記事「副業で毎月1万円!10万円を使ったFX投資でお小遣いを得る方法!」で、副業のFXを解説をしているので、興味がある方は是非ともご参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました