ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

MENU

副業FXで稼ぎ続けるには6つのデメリットを覚悟の上でトレードする

副業FXで稼ぎ続けるには7つのデメリットを覚悟の上でトレードする

f:id:shimotenman:20190608114947p:plain

FXのメリットは良く聞くけど、本当にリスクってないのかな?

もしデメリットがあるのなら、FXを始める前に知っておきたいけど...。

 

サラリーマンの副業として人気のFX。

でも、他のサイトや情報媒体ではデメリットについてあまり触れられてない。

そこで私は以前、このようなTweetをしました。

副業のFXはメリットばかりではありません。

 

どのようなデメリットに直面する可能性があるのか?

それを理解しなければ、それを防ぐ対策ができません。

 

そこで今回この記事では、

  • 副業FXのデメリット(外的要因)
  • 副業FXのデメリット(内的要因)

について紹介をします。

 

副業でFXをする時はデメリットを覚悟の上で行う

f:id:shimotenman:20190610185720j:plain

結論から言って副業のFXには、「お金が減る」代表的なデメリットがあります。

FXを紹介しているサイトや、雑誌等でもし「FXは絶対儲かる(もしくは高確率で儲かる)」なんてものがあれば、ほぼ100%その情報媒体は信用できません。

どんな言葉を使おうが、FXトレードは投資には変わりないのですから。

 

投資なので「資産が減る」こともあれば「破産する」ことだって考えられる。

それを理解しないで、サラリーマンの方が副業FXに手を出すのは非常に危険なのです。

  • 碌に調べもせずに儲かると聞いてFXをしたが大損した
  • 誰でもできると聞いてFXをしたが資金が全て無くなった

私が5年以上副業でFXをしている中で、これ以外の声も多く聞きました。

 

それも全て、「副業FXのデメリットを理解してない」ことから来ています。

少なくとも「デメリット」を知って入れば、FXに取り組む姿勢も変わり上記のようなことにならなかった可能性もあるんです。

 

もし今、「FXを始める」もしくは「FXを行っている」人は、次の項目に「資産が減る」以外のデメリットを必ず見てください。

そしてその内容を見て、デメリットを「受け入れる覚悟」がある人のみFXトレードをしましょう。

デメリットの覚悟を受け入れる覚悟が無い」サラリーマンが副業でFXをしても、良い結果は得られませんので、是非とも今後の参考になれば幸いです。

 

副業FXをする上で覚悟するべき外的要因2つのデメリット 

f:id:shimotenman:20190604232031j:plain

ここからは、「外的要因」と「内的要因」に分けて、副業FXのデメリットについて触れて行きます。

他のサイトさんとかを見ているとどれも同じことしか書いていないので、ここでは私が5年以上の副業でFXをして来た中で感じたデメリットをご紹介します。

 

職場の人にFXがバレると「多様な目で見られる」

基本的にFXは、周りにしていることを伏せた方がいいです。

特に、職場の人には絶対に言わない方が今後のためです。

 

理由は簡単で、

  • FXをしている→業務に支障出るのでは?
  • FXをしている→業務中に取引しているのでは?
  • FXをしている→ミスはFXのせいでは?

こんな感じで絶対に邪推して来ます。

 

もちろん副業FXのせいで、本業に支障が出るようなら「ぐうの音も出ない」ですが、全く関係無いのにそんなこと言われると心外ですよね。

勤めている会社によっては、たったそれだけのことで「出世が遅くなったり無くなる」なんてケースも聞いたことがあります。

 

FXをしているせいで、周りから「あーだこーだ」言われたく無い人は、絶対に周りにFXをしていることを公言してはいけません。

もし周りで言うのであれば、「色々な目で見られる」デメリットを覚悟の上、公言するようにしましょう。

 

税金関係の確定申告が面倒臭い

FXを始めるにあたり必ず注意しないといけないのは、「税金関係」の深刻です・

いい加減な記事の中には、「年間で20万円を超えなければ関係無い」と言う人がいますが、それは大きな間違えです。

 

詳しくは「マイナンバー登録で副業FXはバレない!原因は「特別徴収」に有り」で詳しく解説しています。

簡単に言うと、

  • 年間でプラスになったらその分の住民税は払わないといけない

ってことです。

多くのいい加減な記事では、そのことに触れていないので気をつけましょう。

 

確かに確定申告上は「年間20万円以上の収入」にならなければ、副業FXであろうと深刻の義務はありません。

ただし、住民税については話が別なのです。

 

このように、副業でFXをするのであれば、「税金関係の手続き」が面倒になるデメリットを覚悟しなければなりません。

 

副業FXをする上で覚悟するべき内的要因4つのデメリット 

f:id:shimotenman:20190531190927j:plain

副業FXの多くのデメリットは、内的な要因がほとんどです。

外的要因は気をつければ問題ないのですが、内的要因はどんなFXトレーダーでも起こり得ること。

副業だろうが専業だろうが、共通して悩むことになるります。

 

投資用の資金を無くす可能性がある

先ほども話しましたが、副業であろうとFXは投資です。

投資資金が無くなるデメリットがあります。

 

投資信託のように「元本保証」なんて魔法の言葉はない。

投資の仕方を間違えれば損失が出るし、正しければ利益になる。

そして負け越してまえば「投資資金が0になる」可能性も秘めています。

 

私が見た中で、「FX=投資」と考えていない人は総じて「大きな損失」を出しているサラリーマンがほとんど。

副業であろうとFXは投資、投資資金が減る可能性もあるデメリットを忘れないでください。

 

FXの勉強をしなくても投資はできるが「負けやすい」

結論から言って「FXは勉強しなくても」取引は可能です。

副業の意識が強い人は、あまりFXに勉強時間を使いたくない人がほとんど。

ほとんど無知のまま副業でFXを始めて、最終的に大損をこいている人を多く見て来ました。

 

確かに勉強をしたからと言って、確実に利益をあげれるわけではないのがFX。

ただし、

  • FXの勉強をする→利益をあげれる確率が70%になる
  • FXの勉強をしない→利益をあげれる確率が30%になる

FXにおける勉強のイメージはこんな感じです。

 

さて、どちらの方が最終的に儲けやすいでしょうか?

皆様ならどちらの組みに入りたいでしょうか?

 

副業でFXを始める人は、勉強しなくても取引はできるが、儲けられる確率が変わるデメリットがあることを覚えておきましょう。

 

精神的にキツくなる時がある

副業でFXを始めると、時折「精神的にキツく」なる時があります。

どう言った時かと言うと、

  • 大きな含み損を抱えてしまった場合(確定してない損失)
  • ポジションを抱えたまま睡眠
  • 強制ロスカット一歩手前で仕事をしている時

代表例(自分の体験談)としてはこんなものがあります。

 

想像してください。

もし注文をした通貨ペアが含み損で「100万円単位の損失」があったら。

とてもじゃないが、私生活に影響がありまくりです。

意味もなくチャートを見たり、他のことに集中できなかったり...。

 

もちろんそんな状態では、「睡眠」も「本業」も十分行うことができません。

副業でFXをするときは、「私生活」や「本業」に影響を与えるくらい精神的にキツくなるデメリットがあることを忘れないでください。

 

睡眠時間が取れなくなる

睡眠時間んは先ほどの「精神的なキツさ」から取れなくなることもありますが、他の要因で睡眠不足になることがあります。

それは、「経済指標等の発表」の時間帯が深夜だからです。

 

経済指標を簡単に紹介すると、「為替のレートが大きく揺れる」イベントのようなものです。

為替レートが大きく揺れると言うことは、「稼ぐチャンス」でもあります。

そのチャンスの多くが、夜中に集中していることが多いのです。

 

例えば、深夜の2時や3時とかにも重要な経済指標発表があったりと、「仮眠をとって備える」か「ずっと起きてるい」の選択肢しかありません。

どちらにしても、睡眠時間が取れなくなることには変わりがないですよね。

その結果、「私生活」や「本業」に影響を与えたら本末転倒です。

 

場合によっては寝不足に悩むことになる、副業FXにはそんなデメリットがあることを忘れないでください。

 

追伸

f:id:shimotenman:20190531190937j:plain

 私はサラリーマンの方に、副業でFXを是非ともオススメしたい。

今回はデメリットについて話をしましたが、それ以上にメリットもたくさんあります。

 

しかし、デメリットを受け入れる覚悟が無ければ、FXを長続きすることができません。

それ以上に、冷静な判断ができなくなり、本来の実力を出せなくて損失ばかり続く負のスパイラルに陥ることも。

 

もし、今回の記事をご覧になって「デメリットを受け入れる覚悟」が無いようなら、もしかしたら副業のFXは向いてないかもしれない。

一つ間違えて欲しく無いのは、必ずしもこれらのデメリットが絶対に皆様に降りかかるわけでは無い。

あくまでも可能性の話なので、最悪の事態を考慮してそれでも魅力的なら、FXを初めて見て欲しいです。