少額でもレバレッジを使ったFXトレードなら月に数万円稼げる理由

レバレッジ

FXトレードを副業で始めたいがリスクを取りたくない…。

こんな相談をいただくことがありますが、結論から言うと「FXトレードでノーリスク」はありえません。

必ず何らかのリスクを取りながら、FXトレードをする必要があります。

リスクを取ると言っても、FXトレードの仕方により危険度を低くも高くもできます。

リスクが変わる要因の一つとして、「レバレッジ」がありますが、これを使わないと1日数円の利益しか上がりません。

「レバレッジ=リスク」と捉える人が多いのですが、逆を言えばレバレッジを使わないと副業としてFXトレードを成立させることができません。

そこで今回この記事では、レバレッジに焦点を当てて「少額でもレバレッジを使ったFXトレードなら月に数万円稼げる理由」を紹介します。

適切なレバレッジの使い方を知れば、リスクを最低限に抑えた副業FXトレーダーでも安定して稼ぐことができるのでオススメです。

少額でも月に数万円稼げる「レバレッジ」の仕組み

f:id:shimotenman:20190514231750j:plain

レバレッジを使えば、サラリーマンのFXトレーダーでも月に数万円程度は稼げると話をしました。

しかし、レバレッジ制度の基本的な内容を知らないと、適切な使い方をすることができません。

例えるなら、昔の人にスマホを渡しても使い方なんてわからない、宝の持ち腐れになりますよね。

それどころか、レバレッジの基本的な仕組みを知らないと、月に数万円稼ぐどころか損失を出す結果になる可能性も。

そこで次の項目では、月に数万円稼ぐのに必要なレバレッジの基本的な仕組みについて解説をします。

そもそもレバレッジってどんな仕組み?

副業等で初めてFXトレードをする人にとっては、「レバレッジ」という言葉初めて聞くでしょう。

よく使われる例えとして、「レバレッジ=テコの原理」という表現を使っています。

要は「少ない力で大きな物を持ち上げる」ってことですが、これではちょっと理解し難いですよね。

簡単に例えると、「10万円の資金で100万円の取引が可能」ってことです。

つまり、手元にお金が無くても大きな投資ができるってことなんですね。

副業で投資をしたい人は、なかなか大きな資金を運用するのが難しいですよね。

そんな時に、レバレッジを活用すれば「少ない資金で大きな利益」を上げれるようになります。

副業FXトレーダーなら絶対にレバレッジは使うべき

レバレッジを少し知っている人は、リスクもあるんでしょ?怖い!

なんてことを言う人もいます。

レバレッジのリスクは確かにありますが、それはリスク回避をすれば問題ありません。

ここで問題になるのは、副業FXトレーダーがレバレッジを使わないと「全然稼げない」ってことなんです。

例えば、副業のFXトレーダーは「5万円~10万円」くらいから投資を始めるのがほとんどです。

レバレッジを運用したFXトレードなら、1日に100円〜500円稼ぐことは十分可能でしょう。

しかし、レバレッジで運用をしないと1日に1円程度しか稼ぐことができません。

1ヶ月だとたったの30円前後!これでは副業としては成り立ちません。

確かにレバレッジは使い方によってはリスクが発生します。

でも、レバレッジを使わなければ全然利益が発生しないので、リスクが最小限になる範囲で運用する必要があるんです。

副業でFXを始めたばかりのトレーダーはレバレッジを2~3倍がベスト

先ほどレバレッジのリスクについて少し触れましたが、レバレッジを高めれば高めるほど「リスクは増大」します。

つまり、レバレッジを上げれば「リスクは増大するが利益も増大」、逆にレバレッジを下げれば「リスクは下がるが儲けも下がる」ってことですね。

大きく稼ぎたい人は、レバレッジを高めに設定して「ハイリスクハイリターン」を狙ってもいいです。

しかし、副業としてFXトレードを始めたばかりの初心者は「ローリスクローリターン」から始めましょう。

なぜなら、FXトレードを始めたばかりの人は、最初のうち損失を出し続けるのが目に見えているからです。

どんなに投資の勉強をしたとしても、実際の相場では知識が使えない場合がほとんど。

プロトレーダーであっても始めた当初は、失敗から学んで力をつけてきたので、初心者のうちは損失が当たり前とレバレッジを低めに設定をしておきましょう。

国内のFX口座ではレバレッジが25倍までに規制

現在、日本の法律ではレバレッジが「25倍」までに制限をされています。

レバレッジ25倍というのは、手元に4万円あったとしたら100万円分のFXトレードが可能になります。

非常に高いレバレッジに見えますが、海外では100倍や200倍なんて設定もできます。

つまり、日本のレバレッジに満足行かなくなったら、海外のFX口座を開設すれば、さらに高い高レバレッジでのFXトレード度が可能となるんです。

しかし、先ほども話をしましたが、レバレッジを高めればリスクも高まる

副業でFXトレードをする分は、国内のFX口座で十分リスクが低く利益を上げれるので、海外FX口座には手を出さないようにしましょう。

レバレッジのメリットとデメリットを理解しないとFXトレードでは儲からない

f:id:shimotenman:20190506104352j:plain

何事にもメリットとデメリットはつきもの。

それはレバレッジも例外ではなく、人によってはデメリットの方が大きく感じる人も。

そのため、レバレッジに対するメリットとデメリットを理解しない状態でFXトレードをすると、予期せぬ損失を招くことがあるので気をつけてください。

そこでここでは、初心者に向けたレバレッジのメリットとデメリットについて、わかりやすく解説をします。

もしこれを聞いて、デメリットの方が圧倒的に感じるようなら、あなたはFXトレードに向いていないかもしれないので、判断材料に使ってみてください。

レバレッジのメリットは少額でFXトレードを行えること

これは先ほども話しましたが、レバレッジを運用すれば1万円からでもFXトレードを行えます。

つまり、お金があまり無いサラリーマンの方でも、月のお小遣い程度の資金でFXトレードにチャレンジできるんですね。

FXトレードが投資の中で敷居が低いと言われるのは、このレバレッジのおかげ。

もしレバレッジを使わないでFXトレードをしようとなると、数百万円は必要になるので十分メリットと言って良いでしょう。

レバレッジが大きくなるほどリスクが増大するデメリット

レバレッジを上げれば、それだけ大きな金額を動かすことができる。

つまり、より多くの利益を上げるために、無理な取引を行うことができるってことです。

例えば、レバレッジを最大限かけて取引を行えば、1日に数万円副業で稼ぐことも容易いでしょう。

ただ、逆を言えば1日で数万円損をする可能性もあるんです。

「大きく儲ける可能性もあれば、大きく損失を出す可能性もある」

これがレバレッジのデメリットと言えましょう。

レバレッジに固執しすぎてトレード機会を失うデメリット

レバレッジは高ければ高いほど、大きな投資を行うことができます。

しかし、レバレッジ高めのFXトレードでは、大きな投資は複数持つことはできません。

複数の投資ができないとうことは、それだけチャンスを失うと言うこと。

例えばレバレッジをかけたFXトレードで、最大5回の投資を一度にできるとします。

5本投資をして4本含み損を抱えてしまっては、残り1本を利益確定して次の投資をするしかありません。

つまり、投資できる本数が少ないほど儲けられるチャンスが少なくなるとも言えるんです。

確かに1本あたりの利益は上がるかもしれませんが、5本中4本含み損を抱えたまま寝かせていては、一向に利益を上げることは叶いません。

レバレッジを高めると言うことは、それだけ自分がコントロールできる取引回数を制限するとも言えるので、デメリットと言えるでしょう。

レバレッジ注意点は2つ!副業FXトレーダーが月に数万円稼ぐためには

f:id:shimotenman:20190506104348j:plain

レバレッジを詳しく話すと、専門的な話になるので初心者が完全に理解するのは難しいです。

しかし、月数万円程度の副業利益を狙うFXトレーダーには、そんな専門的な話は何の役にもたちません。

そこで、最後にこの項目では「最低限レバレッジに注意しなければならない注意点」をご紹介します。

①レバレッジによる損益の大きさを確認する

レバレッジを使った時に、値動きでどれだけ損益が変わるのか把握しないといけません。

そうしないと、利益確定や損切りのラインを適切に設定することができないからです。

例えば、レバレッジの無い取引では1円相場が動けば、1円損することも得するともあります。

これがレバレッジ25倍の場合は、極端な話同じFXトレードで1円値動きがあったとしても、25円を得するかもしれないし損するかもしれない。

こんなにも、金銭が動くんです。

レバレッジを使った時に、値動き一つで大きな金額が動いてしますので気づいたら、莫大な含み損になっていた。

こんなことにはならないよう、気をつけましょう。

②損失のリスクを低減させるためにレバレッジを低く設定する

初めてFXトレードをするサラリーマン等は、レバレッジを低く設定してください。

先ほどの項目でも話をしましたが、レバレッジが高ければ高いほど「リスクが増大」します。

特に国内では最大25倍のレバレッジが可能ですが、初心者がその倍率でFXトレードをしても近い将来破産するでしょう。

理由は単純で、FXトレードをし始めのころは、知らないことが多すぎてその結果、損失を出すことが多々あります。

例えば、「損切りのポイントは?」「利益確定のポイントは?」もしくは「スワップポイントとは?」こんなことをFXトレードに活かせない場合は、損失を出す可能性が高まります。

これらはFXトレードにおいて基本的なことですが、初心者のうちは失敗から学ぶことも多々ある。

それなのに、レバレッジを25倍にして失敗をしたら再起不能な状態になりかねません。

そのため、レバレッジはリスク回避のためにも最初は低く設定をするようにしましょう。

追伸

f:id:shimotenman:20190502111847j:plain

レバレッジの危険性を考えて、適切な設定を行うことができれば月に数万円程度なら稼ぐことは容易い。

しかし、欲をかいてさらに利益を求めてレバレッジを上げると、大抵の場合失敗することがほとんどです。

レバレッジを上げることは、どんどん身の丈に合わない取引をするのと同じ意味だからです。

副業でFXトレードを始めたばかりのサラリーマンは、まずは低レバレッジで取引の練習をするようにしましょう。

コメント