FXで儲からない理由は「薄利損大」!ちょっとしたコツで改善可能

メンタル

f:id:shimotenman:20190608114947p:plain

FXで儲からない!

とにかく儲からない!

何か自分のトレード方法が悪いのか、いつもコツコツドカンで被害が拡大してしまう。

どうにか解決策はないものか…。

私も副業でFXトレードをしてきて、コツコツドカンに悩んだ人の一人です。

「コツコツ」で儲けている時はいいのだが、「ドカン」で一気に損失が増えると最終的に儲からない。

そんな経験をたくさんしてきました。

しかし、これらの原因は実は簡単でした。

その答えは全て

  • 握力
  • メンタル

この2つに集約されます。

ですが多くの人が「コツコツドカン」から脱することができないのは、自分のFXトレードが「薄利損大」であることに客観的に気づいてないから。

そのことに気づけるだけで、いくらでもこの問題を解決する糸口は見つかるのです。

そこで今回この記事では、「FXで儲からない理由は「薄利損大」!ちょっとしたコツで改善可能」を公開。

どうしてもFXで儲からない人は、是非とも今後のトレードに取り入れてみてください。

  

FXで儲からないのは「薄利損大」になっているのがほとんど

f:id:shimotenman:20190811183618j:plain

いきなり結論を話しますが、FXトレードで儲からない人のほとんどは、確実に「薄利損大」な人がほとんどです。

いわゆる「コツコツドカン」と言うやつですね。

そしてFXで儲からない人は、その「薄利損大」の考察を行わずに、次こそは儲けてやろうと言う意思しか示さないんですね。

これでは儲からないことに対する、根本的な解決には全くなっていません。

では何が問題なのか!

答えは簡単でポジションに対する「握力が無い」ってことが一番の原因なんです。

握力と言うのは簡単に言えば、ポジションを自分の意思でどれくらい持ち続けられるかってこと。

薄利の人は、握力が乏しくて少し利益が乗ったら、確定してしまう癖がある。

このことを、客観的に理解をしていないFXトレーダーは、いつまでたっても「薄利損大」から抜け出すことができないってことですね。

FXトレードで儲からない人は、自分のトレードに足りないのは「握力」であることを理解する必要があります。

FXで儲からない人は「握力」が含み損で力強く発揮する

f:id:shimotenman:20190811183628j:plain

先ほどFXで儲からない人は、「握力」が足りないと話しました。

しかし、これには例外が有り、「含み損」に関しては力強い「握力」を発揮することがあります!

つまり、含み益は弱く、含み損は力強くってことですね。

もしこれを見ている皆さん。

自分のトレードを振り返ってみて、含み損の時力強くポジションを握ってしまっている場合、儲からない人の真似をしているってこと。

まずは、自分自身が儲からない行動をしていることを理解しなければ、コツコツドカンを阻止することはできません。

そしてそれらの要因を引き出しているのは、自分の「メンタル」以外ありません。

本来、「含み損」でも「含み益」でも平等に同じくらいの握力を持たなければならない。

それを自分の匙加減で変えてしまう、つまりその時のメンタルにより左右されてしまうってことですね。

自分の心に負けて、都合のいいように握力を働かせていないか、今までのトレードを見直してみて、まずは自己採点してみてください。

FXで儲からないを脱するための3つのコツ

f:id:shimotenman:20190813175240j:plain

さて、ここまでは「薄利損大」になる原因は、握力が弱いと言う話をしました。

そしてそれらは、全ての自分のメンタルの弱さが起因していることでした。

そして最後に、「FXで儲からないを脱するための3つのコツ」を紹介して終わりにします。

今まで話した「薄利損大」の理由を理解していれば納得する方法なので、是非これからのFXトレードで損をしたく無い人は取り入れてみてください!

下記3つについて話をしていきます。

  • 含み益を確定する時はいつもより意図的に深く設定する
  • 損益を表等にまとめて可視化するようにする
  • 根拠なき決済をしない

含み益を確定する時はいつもより意図的に深く設定する

根本的にポジションに対して握力が無い人は、含み益の決済を浅めに決済していることが多い。

つまりこれは、意図的に決済を深めに設定しておけば、握力問題は解決できるってことです。

先ほども話しましたが、これには自分がFXで儲からない理由は「握力の無さ」である自覚が必要です。

その自覚の元、成り行きでも指値でも、決済の時はいつもより深めに設定するようにしてください。

これは何も含み益だけの話ではなく、含み損についても同じことが言えます。

普段コツコツドカンをしやすい人、損切りのポイントをいつもより浅めに設定しましょう。

そもそも儲からない理由は、コツコツドカンで被害が大きいのが一番の理由。

今までのやり方で利益が上がってないってことは、損切りのタイミングが遅すぎる可能性が大なので、そこを見直すようにしましょう。

損益を表等にまとめて可視化するようにする

薄利損大の場合、薄利の原因は自分が薄利であることを自覚していない場合がある。

例えば、毎日儲かっているとしても、実は1回のトレードの利益が大したことなく、その代わり損失の額は利益の何倍にもなることが多いです。

その解決策として、自分がトレードしている注文の利益は常にどれくらいなのか把握すること。

そのためには、1回1回のトレードの損益をまとめておくことがオススメです。

わかりやすいように、表にまとめておくことがいいでしょう。

このメリットとしては、自分のトレード1回1回の利益を可視化できることにある。

トータルでは儲けているけど、1回1回の利益が少なすぎたり、利益が損失よりも圧倒的に少なければ問題です。

このように、「薄利損大」になっていることを、ビジュアル的に示すことで、自然といつものトレードにも改善の傾向が見えてくるはずです。

根拠なき決済をしない

当たり前の話ですが、含み益と含み損を決済する時は根拠なく行わないでください。

これが「薄利損大」の原因でもあるのですから。

例えば、

「根拠を持って後+5pipsは含み益が乗るな」

こう思ったとしても、根拠がない場合は

「これ以上上がらないかも…ええい決済だ!」

こんな感じになりやすい。

つまり、薄利になりがちな原因なんです。

これは当然含み損の時も当てはまります。

FXトレードで儲からない人は、根拠なく色々と決済している可能性があるので注意が必要ですね。

追伸

f:id:shimotenman:20190813175237j:plain

FXで儲からない人の特徴は色々とありますが、私が副業でFXを5年以上やってきた体感では、「握力問題」つまり薄利損大がほとんどです。

色々とテクニカル分析の研究をしても、いざ「含み益を伸ばせない」「含み損を切れない」人が多い。

結局のところ、自分のメンタルをコントロールできないと、いくらテクニックがあったとしても儲けることができないってことです!

この記事をご覧になった皆さんは、もし自分が「薄利損大」の傾向があるのなら、一度自分のトレードを分析し、自覚するところから始めてください。

そして自覚をしたら、少しづつ薄利損大であることを意識しつつ、癖を治していきましょう!

そうすれば、FXで儲からない可能性は減ると思うので、ぜひ今後のトレード参考になれば幸いです。

コメント