ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

FXなぜ負ける?億トレーダーが考える勝てない人の負けパターン5選

FXなぜ負ける?億トレーダーが考える勝てない人の負けパターン5選

f:id:shimotenman:20190608114947p:plain

あぁ、いくらトレードしても最終的に勝てない...

なぜだ、なぜ負けるのだ!?

こんなに熱心にFXをしているのに、運が全くないのはなぜなんだ!

 

 

私も5年前は同じような状態に陥り、少し利益を上げることがあっても、最終的にはマイナスになっていることがほとんどでした。

  1. テクニカルやファンダメンタルズ分析の知識はある
  2. 為替ニュースも随時チェックしている
  3. FXの参考書も何冊も読んだ

それでも負けるのはなぜなんだ!!

 

結論から言って、こう言った人たちは「負けパターン」に陥ってることが多いんです。

勝つための土台はできている、だけどそれを活かしきれていないと言うこと。

 

私は多くの稼いでいる「億トレーダーの発言」をまとめて見て、「負けパターンを5つ」見つました。

そしてその負けパターンは、見事5年前の私に当てはまっていましたね。

正直、もっと早くこのことに気づきたかった...と言うのが正直な感想です。

 

今回この記事では、「億トレーダーの方の発言から導き出した負けパターン5選」をご紹介します。

負ける理由はあなたの知識不足じゃない!負けパターンを自覚することで「勝つ見込みが増える」ので是非とも参考までに。

 

なぜ!?「損切りができない人」はFXで負ける

f:id:shimotenman:20190626115848j:plain

多くの億トレーダーの人は、「損切りできない人」はFXで負けていると断言しています。

このことは昔から色々なサイトや情報紙で掲載をされていますが、これは未来永劫変わることはないでしょう。

これには私も同意見で、「損切りができない=損失が莫大に膨れ上がる」可能性があります。

 

損切りをしない人の言い分としては、

「そのまま値を戻せば、プラスマイナスゼロで同値撤退ができると言う可能性がある」

こう言う人が多くいます。

確かにこれは一理あります。

皆さんも経験上、損切りできずにポジションを抱えたまま持っていて、戻ったことが多々あると思います。

私も5年以上副業でFXをしていましたが、そんな状況に何回も遭遇をしました。

 

だけどもし、そのポジションがさらに深掘りして言って、さらに含み損が増えて言ったらどうしますか?

もっと言ってしまえば、「強制ロスカットライン」が迫ってきたらどうしますか?

大多数の人は「そのままポジションを抱えて強制ロスカット」を待つ人がほとんどです。

これでは下手したら、二度とFXができないレベルまでダメージを受ける可能性がありますよね。

 

それを防ぐために「損切り」と言う概念があり、それができない人が「FXでなぜ負けるのか?」とずっと考えている人が多いんです。

だいたい、損切りできない人のパターン決まっていて、

  • そもそも損切りの概念が無い
  • 損切りのルールはあるが守れない人

必ずこのいずれかです。

そしてこう言う人は、「コツコツドカン」と積み重ねた利益以上の損失を出すんですね。

 

「損切りの概念が無い」人はそもそも論外ですが、「損切りを守れない」人は「FXで負ける→FXで勝つ」人にジョブチェンジすることは今からでも可能です。

FXで致命的な損失を出さない限り、何回でも投資にチャンレンジすることは可能。

そんなクリティカルなダメージを軽減するために損切りはあるので、率先して損切りする習慣をつけるようにしましょう

 

なぜ!?「教科書通りのトレード」はFXで負ける

f:id:shimotenman:20190626115842j:plain

億トレーダーの方曰く、「教科書通りのトレード」をする人は、最終的に負けることが多いと話しています。

これだけではちょっと分かりにくいですよね。

簡単に言うと、教科書通りの判断でトレードをすると、

  1. しなくても良い損失を抱える
  2. 取れるべき利益を取れない

可能性が増します。

 

例えば、「損切り」の例を少し見ていきましょう。

下のチャートを見たときに、あなたならどこでロスカットをしますか?

f:id:shimotenman:20190708172509p:plain

教科書通りの損切りルールで、「予想と反転したら損切り」と言うものがあります。

この場合、それが正しいのでしょうか?

私はそう思いません。

なぜなら、青のラインで引いたレジスタンスラインが意識されて、反発が予想されるからです。

 

多くのFXトレーダーは、少なからず直近の高値をレジスタンスラインに考えるはず。

そんな為替の直近状況を無視して、「教科書通りの損切り」を試しているようでは、余計な損切りが増えます。

これはあくまでも一例ではありますが、為替は生き物のようなものです。

それが教科書通りに当てはまることは少なく、「投資家の心理」を読み取りながら、「利確や損切り」をしなければ、いつまでたっても利益をあげることはできません

 

皆さんも経験あると思いますが、「教科書通りにトレードしても利益が上がらない」こんなことありましたよね?

私ももちろんありました!

これは全て、「投資家心理を読み取る」これができていないから起きたことで、知らなければいけないのは教科書ではなく、投資家心理ってことなんです。
 

なぜ!?「枚数が多すぎる人」はFXで負ける

f:id:shimotenman:20190628164015j:plain

FXトレード時に、「枚数が多過ぎる人」は遅かれ早かれ負ける、多くの億トレーダーの方はおっしゃっています。

枚数というのはポジションのことで、例えば100万円資本金があったとして、それを全てポジションに変えてしまうような、危険な取引のことです。

これを続けると、あっという間に証拠金維持率が100%を割ってしまい、「強制ロスカット」になりやすい。

 

確かにこれには、

  1. 短期間に大儲けができるメリット

があります。

ギャンブル的に大儲けをしたい人にはオススメな方法かもしれません。

 

だけど我々FXトレーダーがしなければならないのは、ギャンブルでは無く「投資」です。

こんな、ハイリスクハイリターンを繰り返して、最終的に儲けた人は少なくとも私は知りません。

 

現に、皆さんの中にも「ポジションを証拠金ギリギリまで持って大損した」なんて人もいるのでは無いでしょうか?

例えばの話、

f:id:shimotenman:20190708175003p:plain

こんな状況になっとき、ポジション数が多い場合、急落があった場合すぐに強制ロスカットになる可能性が高い。

ポジションに余裕がある人は、場合によってはナンピンをして「同値撤退」だって可能になります。

 

このように、枚数が多過ぎるトレードをすると、「0か100か」しかなくなります。

枚数に余裕があるトレードをすると、「ナンピン等で救済の余地」が生まれるので、億トレーダーのように勝ちたい人は、余裕のあるFXトレードを心がけてください。

 

なぜ!?「取引通貨ペア数が多い人」はFXで負ける

f:id:shimotenman:20190704212522j:plain

億トレーダー曰く「FXの勝率は通貨ペアの詳しさ」で決まると言う人が居ます。 

どう言うことかと言うと、扱っている通貨ペアに詳しくなればなるほど「その特徴が見えてきて」適切な判断ができる、つまりは利益を大きく損失を少なくすることが可能

要は、あまり多くの通貨ペアを扱わないで、絞ってプロフェッショナルになれってこと。

 

こう話すと、「取り扱う通貨ペア数が多い=チャンスが広がる」と言う人が居ます。

確かにこれはごもっともで、取り扱う通貨ペアが多ければ「チャンスの相場」に出くわす可能性が高くなります。

 

だけどこれは、「チャンスをチャンスと捉えられるか」で変わります。

例えば、「ドル円にはドル円の特徴が、ポンド円にはポンド円の特徴」がありる。

片方の通貨ペアでは「チャンス」のようなチャートでも、片方の通貨ペアでは「チャンスではない場合」もあるんです。

 

例えば下のチャートのように、

f:id:shimotenman:20190708180031p:plain

ドル円は特徴的に、青のレジスタンスラインで反発しやすいと言う特徴があるとします。

だけど、ポンド円では御構い無しにレジスタンスラインをぶち破りやすい特徴があるかもしれない。

もしこんな特徴があれば、「通貨ペアごとに全て覚えなければならない」ことになります。

これってかなり労力ですよね!

 

しかも、経済指標やニュース等の重要性も、通貨ペアごとによって違うので、それらも全て覚えなければならない。

覚えた上で、チャートを見てそれを瞬時に反映させないといけない。

億トレーダー曰く、我々でもそんなことは不可能。

できてもせいぜい5通貨ペアくらいだと話しています。

 

億トレーダーでもできないことが、我々のような凡人でできるわけがない。

もし、多くの通貨ペアを扱っている場合は、勝率の高い通貨ペアに絞って取引した方が、簡単に勝てるよになることでしょう。

 

なぜ!?「ポジポジ病の人」はFXで負ける

f:id:shimotenman:20190704212525j:plain

ポジポジ病がFXでは「禁止事項」になっていることは、多くの人が知っていることでしょう。

それでも、やってしまっている人がいるのではないでしょうか?

私も昔ポジポジ病でしたが、そんな状態でトータル勝てたことはありませんでした

 

なぜ、ポジポジ病の人がFXで負けるのか。

  • 適当に入るから損切りの判断ができない
  • 過去の勝利がチラつきポジションを手放せない

経験上、この2つが原因です。

 

 

最初に紹介した「なぜ!?「損切りができない人」はFXで負ける」でも話しましたが、自分の損切りルールに従わないでポジションを握り続けると、手放すタイミングが「強制ロスカット」しかなくなります

ポジポジ病の人は、エントリーの理由もなくポジションを持つので、当然ですが「損切りのライン」もありません。

 

そんな人が損切りをするタイミングは、「強制ロスカット」の場面しかないので、結果的に大損になりやすくなる。

なまじ、ポジポジで利益を上げたことがあると、ポジションが手放しにくくなる。

 

億トレーダーは少なくとも、意味のないエントリーはしていないので、儲けたいのであれば「ポジポジ病を卒業」しましょう

 

追伸

f:id:shimotenman:20190704212518j:plain

偉そうに語りましたが、今回話した内容は全て昔の私に当てはまります!

もう、全部実践して見事に「大損失」を招いてしまいました。

 

理論上は、今回の内容を守れれば「億トレーダー」になれます。

だけど、人間と言うのは無駄なことをする生き物で、「決めたとしても守れない」ことがほとんど。

そのため、上記の内容を守れるようになるには、「練習」が必要です。

 

デモトレードで練習するのもいいのですが、「自分のお金」を使って練習する方がリアリティがあり「練習の効果」が高くつきます。

だけど、「10,000通貨単位」や「1,000通貨単位」では金額的に厳しいこともありますよね?

 

そこでオススメするのは、「OANDA JAPAN」のFX口座です。

こちらは、「1通貨単位」から取引ができる、国内唯一のFX口座なので、練習にはぴったりです。

ちなみに私は、「OANDA JAPAN」で練習を重ねました。

もし、練習用のFX口座をお考えの場合は、試して見てもいいかもしれません。