【必ず負けます】借金までしてFXをする3つの理由<該当なら注意>

初心者

f:id:shimotenman:20190608114947p:plain

借金をしてFXで一発当てるんや!

多くの稼いでいるFXトレーダーは、こうやってリスクをとって儲けたんだ…

俺だってきっとできるはず。

断言します、そんな考えでは100%FXで儲けることはできません。

少なくとも、現在稼ぎまくっているFXトレーダーの中に、借金をしてまで行った人は一人もいないはずです。

理由は簡単で、それは取らなくてもいいリスクだと言うことを知っているからです。

たまに間違った認識の方で、「FXをするために借金をする」人がいますが、それは自ら勝てる確率を下げている愚策としか言えません。

それをするくらいなら、「短期間、めっちゃ頑張って仕事やバイトをして100万」貯めてからトレードした方がましです。

なぜなら、「借金」があるだけで、あなたのトレードパフォーマンスが劇的に下がるから。

そこで今回この記事では、

  1. 「多くの人が借金までしてFXをする理由」
  2. 「借金をしないでリスク少なくFXをする方法」

以上2つを開設していきます。

 

結論!借金をしてFXをすると100%負けます

f:id:shimotenman:20190706112806j:plain

先に結論を話しておきますが、借金をしてFXをすると100%負けます!

なので、賢いFXトレーダーの方は「絶対に借金をしてFXをしない」でくださいね。

それが最終的には、あなたの利益に必ず繋がります。

なぜ、100%借金をするとFXで勝てないと言えるのか。

理由は簡単で

  • 借金というプレッシャーを抱えながら冷静なFXトレードができない

これだけです。

もし、「そんなことで100%負けるといえないじゃん!」そんな考えを持つ人がいるとなると、それは「FXをエアプ」か「超初心者」のいずれかですかね。

借金をするということは、自力ではお金を捻出できない人がほとんど。

そのような人は、常に「借金や利子」を考えながら相場と向き合わないといけない。

果たして、普段通り「欲をかかない」で冷静なトレードができるでしょうか?

少なくとも、私は絶対にできません。

FXトレード中に、「普段はここで利確だけど、借金があるからもう少し稼がないと」なんて邪な心が芽生えます。

それが人間ってもんなんですね。

なので、「借金をしてFX=余計な負担材料を増やす」ことに繋がるので、まともな人には決してオススメできるものではありません。

借金をしてFXをする人の心理状態はこの3パターン

さて、これだけ「借金でFXをするのはダメ」と話しても、まだ納得いかない人も多いでしょう。

そこで、私が5年以上FXをしてきて多かった、「借金でFXをする人」のパターンをご紹介します。

私の知っている限り、100%将来的にFXで失敗しているので、自分もそうなりたいのならば、是非とも借金してFXをしてみてください。

借金でFXをするパターン①もっと勝ちたい・儲けたい気持ちが強すぎる

FXトレーダーにとって、「稼ぎたい」「勝ちたい」と思う気持ちは必要です。

それが原動力となり、「稼ぐための勉強」や「練習の繰り返し」に繋がるので。

ただし、その原動力が悪い方に向くのはとても危険。

その一つに「借金をして軍資金を得る」ということがあります。

FXとは単純な話、「お金を持っている人の方が勝ちやすい」投資になります。

極端な話、「100万円」と「1000万円」持っている人のお金の価値って違いますよね?

例えば、同じ「10万円」であったとしても前者と後者では価値が違います。

  • 100万円持っている人の10万円は10%
  • 1000万円持っている人の10万円は1%

もう段違いで違いますよね、同じ10万円にも関わらす。

当然、1000万円持っていた方がナンピンもしやすく、救われる可能性等も高くなりますし、証拠金維持率も容易いです。

そのため、単純に勝率をあげるとしたら、軍資金の大量投入は理にかなっている方法と言えましょう。

ただしそれは、自分で稼いだお金に限った話です。

自分で稼いだお金なら、最悪そのお金を損失したとしても、長い目で見ればもう一度稼いでチャレンジすることができる。

しかし、借金で得たお金ではそれができません。

それどころか、借金に対する利子も重なるので、さらに損害は大きくなります。

冒頭でも話した通り、借金を抱えたままFXトレードをすると、冷静な判断ができずに本来のポテンシャルを発揮することができない。

「勝ちたい」「儲けたい」からといって、安易に借金に手を出さないようにしましょう。

借金でFXをするパターン②リスクを減らすため

リスクを減らすためにあえて借金をしてFXトレードをする人がいます。

一見、借金というリスクを背負っているのに、「リスクを減らす?」と思うかもしれませんが、理にかなっている部分もあります。

例えば、同じ取引をした場合、「100万円」と「1000万円」どちらのFX口座の方が、強制ロスカットに合いにくいのか。

当然「1000万円」持っている方が、強制ロスカットに合いにくいですよね。

このように、借金をしてFX口座残高を増やすことにより、損失を抑える方法もあるってことです。

ただ、所詮は借金に代わりなく、いつかは返さなければなりません。

それに、その借金をFXトレードに当ててしまい、損失を出してしまってはさらに被害は大きくなります。

このように、一時的にリスクを減らすことができるかもしれないが、長い目で見たらリスクを高める行動なので注意が必要です。

借金でFXをするパターン③証拠金を維持したい

一番最悪な借金のパターンが、「証拠金を維持したい」からお金を借りることです。

これはもう、一番の愚策と言っていいでしょう!

証拠金を維持したい=追加証拠金を要求されている」ってことになります。

もう自分のお金では立て直しができない、だから借金をしてそのお金を捻出しようという魂胆です。

正直な話をすると、その気持ちわからなくはありません。

借金をしてお金を借り、それをFX口座に預ければ証拠金に余裕ができる。

その時に、相場が反転すれば、一気に損失を減らすことができるかもしれない。

ただし!

相場が反転しなかった場合は、借金で借りたお金も一緒に飲まれる可能性は十分あります。

そうなったら、先ほどから述べている通り、余計な負担をすることとなる。

そんなんことになるくらいなら、強制ロスカットになった方が、まだ再起は十分可能です。

いっときの、強制ロスカットから逃れたいがために、借金をしてそのお金もFXトレードで溶かす。

そんな人を多く見てきたので、まともな人はやるべきではありません。

どうしても借金してFXをするのなら「リスク」を最小限にできるFX口座へ

f:id:shimotenman:20190706112826j:plain

俺は絶対借金と言うリスクを背負ってでも儲けたい!

こんな人にはなにを言っても無駄なので、私から話すことはもうありません。

それ以外の人にオススメしたいのは、「リスク」を少なくできるFX口座を選ぶことです。

リスクを下げるには色々と方法がありますが、個人的にオススメするのは

  • 少額から取引をすること

です。

これはFXの基本中の基本ですが、「1,000通貨単位」から取引をすると、リスクが少なく取引ができます。

FX口座に1000万円以上預けている人にはあまりオススメできませんが、100万円くらいしか口座に無い人には有効だと思っています。

特に個人的にオススメなのは、「OANDA JAPAN」の口座になります。

こちらは、1,000通貨単位からではなく、1通貨単位から取引ができる変わったタイプのFX口座です。

リアルな練習用や、少額からリスクを下げた取引ができるので、個人的には超気に入っています!

MT4も使えるし、自動売買にも対応できるので、リスクを下げた取引がしたい人は、是非とも試してみてください。

追伸

f:id:shimotenman:20190706112821j:plain

借金をしてFXをすると、勝てることは勝てると思いますが、最終的にみたら確実に負けます。

なぜなら、借金をしてお金を借りると言うことは、そもそもFXのテクニックが無い。

そんな人が、いくら借金をして軍資金を得たとしても、負ける結論は変わらないってことです。

借金をして軍資金を増やすくらいなら、少額でもいいので「リアルな相場で練習を重ねること」の方が儲けるためには近道です。

早く稼ぎたい、もっと稼ぎたい、こんな気持ちはすごいわかります。

だけど、FXトレードの実力がないと、安定して勝ち続けることは不可能なので、「急がば回れ」の精神で、地道にテクニックを磨きましょう。

少額でも安定して稼げるようになるまで、本業を頑張ってお金を貯めて、そのお金で新たにFXを!

借金よりもそちらの方が、何倍も成功率が上がるはずです。

コメント