ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

MENU

FX自動売買を快適に行うにはVPSを使い仮想環境を作ることが最強

FX自動売買を快適に行うにはVPSを使い仮想環境を作ることが最強

上級者の自動売買FXトレーダーになると、

「一般的な自動売買の不便さにイライラや不満が募る」

ことがあります。

 

例えば次のような経験はないでしょうか?

  • 知らないうちにパソコンがフリーズしてしまって、想定外の損を出してしまった
  • パソコンをつけっぱなしにするので、電気代が心配
  • 家族と共用のパソコンでは心配なので、もう1台買おうかどうか考えている

こう言ったものですね。

 

FX自動売買は便利なように見えて、以外に不便なところも見えきます。

 

しかし、そんなFX自動売買に対して朗報があります!

VPSというものが、そんな悩みを解決してくれるんです。

 今回この記事では「 VPSを使うメリット」と「オススメのVPS会社」を解説します。

今の自動売買に不満を抱える人の、解決の糸口になれば幸いです。

FX自動売買を快適に行うにはVPSを使い仮想環境を作ることが最強

f:id:shimotenman:20190203005823j:plain

VPSは「Virtual Private Server」の略で、サーバーをレンタルするということです。

つまり、独自にサーバーを借りそこで売買環境を構築するってことですね。

サーバーにアクセスしFX自動売買ソフトをインストールし、それを稼働させておけば既存の業者に頼らなくてもVPSでFX自動売買が可能なんです。

 

しかもこのVPS、自分のパソコンに仮想空間を作るわけでは無いので、パソコンをシャットダウンしても大丈夫なのです。

自分のパソコンで仮想空間を作ってしまうと、パソコンを常に稼働しなければならない。

ですがVPSは他のパソコンにサーバーを立ち上げるようなもんなんで、こちらのパソコンをシャットダウンしても問題ありません。


VPSを利用するだけで、自分だけのFX自動売買が可能な仮想空間を作ることができますが、もちろん利用料はかかります。

そんなに金額が高いわけではなく安いものだと月々数千円で始めることができ、24時間パソコンを起動させる必要がありません。

必要な時だけ電源を入れる家のパソコンの寿命も段違いで、それを考えると数千円は決して高いものではないかもしれませんね。

 

MacOSでもVPSを使えば支障なくFX自動売買が可能

f:id:shimotenman:20190514231750j:plain

特殊なOSは必要無し?FX自動売買のやり方は自宅のパソコンで可能」で紹介しましたが、MacのOSはFX自動売買とは相性が悪いです。

MacOSでMT4を利用することはできますが、相性で言えばWindowsの方が抜群なんです。不具合も少ないですがね。

 

 

そのため、MT4でFX自動売買を安心安全に使うにはWindowsしかありませんが、VPSを使うことでMacOSでもMT4を使うことができます。

仮想空間を別サーバーに立ち上げるので、今使っているOSがWindowsやMacは全く関係ないのです。

 

MacOSなので自動売買は諦めている、そんな人は諦めないでVPSを使った仮想空間の立ち上げを試してみるといいでしょう。

 

VPSがロリポップ等のサーバー会社よりFX自動売買で優れている点

f:id:shimotenman:20190514231754j:plain

仮想のサーバーを立てる会社は多々ありますが、有名な所でロリポップがあります。

ロリポップのようなレンタルサーバーでもFXを行なえますが、実は支障が出る場合が多いのです。

 

普段ブログなどをホームページ上に掲載するなどでしたら、処理があまりされないものなので問題はないのです。

しかし、FXのような時間が重要であったり、正確性が重要なものには向いていません

 

通常のレンタルサーバー会社は安定的にサーバーを維持し続けることが難しく、例えば色々な人が利用する時間帯等についてはアクセスが集中し動きが鈍くなることがあります。

他にも、サーバーを色々弄ることがレンタルサーバー会社ではできず、FXトレード用にカスタマイズすることもできませ。

カスタマイズできるレンタルサーバー会社でも、専門的な知識が必要となるのでかなりの知識が必要となってきます。

 

しかしVPSを扱える会社はそれらの問題点をクリアできているのです。

通信の速度について安定していてFXトレードを行なっている時、急にアクセスしにくくなったり操作不能になることがありません。

 

VPSでは設定等は会社側である程度行なってくれるので、そこまで専門的な知識が必要ないのです。

これらを踏まえてFXトレード専門で行うのであれば、VPS会社と契約するのが一番良いでしょう。

 

FX自動売買に適したVPS会社

f:id:shimotenman:20190519185453j:plain

VPSを提供している会社についてはいくつか存在しております。

有名なところは、「ラピッドサイト」、「さくらのVPS」等ですね。

各会社には色々独自の魅力があり、サーバーの使い勝手の良さといったものや、自由度の高いサーバー様式通信速度の安定性やサポート体制等、色々な角度から魅力的なVPS会社を見つけることができます。

 

共通をしていることは、アプリケーションのインストールが終了している状態でレンタルサーバーを利用でき、初心者の方でも気軽に始めることができます。

金額を総合的に判断し、自分にあったVPS会社を見つけるようにしましょう。

 

会社によっては、お試し期間を設けているところもありますので、キャンペーンやサービスの情報は確認してから利用してみるといいかもしれません。

 

追伸

f:id:shimotenman:20190527190354j:plain

VPSを使うには多少専門的な知識が必要になりますが、プログラミングをかじったことがある人には問題ないでしょう。

仮に素人であっても、今なら検索エンジンで探してみると色々と情報が出てくるので、実装を諦める必要はありません。

ただし、VPSを使ってFX自動売買をする場合は、本当にVPSではないといけないのか?そこを吟味してください。

 

既存の自動売買システムで可能であるのならば、それに越したことはありません。

設定等、色々と複雑な部分もあるので正常に動作しない場合も散見されます。

どうしても既存のシステムでは実装不可能な時にだけ、VPSを頼るようにしましょう。