ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

審査基準を全サイト調査!FX口座開設時に一発合格する方法まとめ

審査基準を全サイト調査!FX口座開設時に一発合格する方法まとめ

f:id:shimotenman:20190608114947p:plain

FXをしたいのに、口座開設の審査になんども落とされる〜!?

なんでや!何が悪いんや!

素直にありのままを記載してるのに、落とされてばかり...

俺にはFXをするなってことなのかな?

 

 

前回私はこのような記事を投稿しました。

いざFXを始めようと、口座開設の申し込みをした!

だけど、審査を落とされてしまった....基準を満たしてないのかな!?

こんな心配をする人が中にはいることでしょう。 

 

FX口座開設には、大前提として「素直に書く」ってことがありますが、それ以外にもいくつか記載にコツがいるんです。

FX口座は次のことを審査基準にしている傾向があります。

  1. FX会社にとって利益を与えてくれるのか?
  2. FX口座を開設することによりその人は破産しないか?
  3. 年齢や住んでいるところ、必要書類が有るか無いか?

ざっくり、こんな内容を審査の基準としてチェックしています。

 

ではみなさんは、どんな項目に該当して開設審査を落とされているのか?

今回この記事では、「審査を落とされる人が陥りやすい項目」についてまとめました。

今から話す内容を参考に審査をすれば、口座開設を落とされる可能性が減るはずなので、是非とも試してみてください。

  

FX口座開設の審査項目①全員に該当する項目

f:id:shimotenman:20190714004450j:plain

先ほども話した通り、FX口座開設にあたり、審査基準はどの会社も公開はしていません。

しかし!

公開してなくても、「これは守らないと口座開設できんな!」ってな項目は決まっています。

 

その項目が下です!!

  1. 未成年である!(1社だけ18歳からもでも大丈夫らしい...)
  2. 年齢の上限を超えてしまっている
  3. 日本国在住では無い!

この3つの項目については、「絶対に守らないといけない項目審査に影響します!

もし、この段階で該当してしまっているのであれば、そもそも「FX口座を開設」できないので、審査も何も無い状態です。

 

さて、ほとんどの人は、この項目の内容をクリアしている!

にも関わらず、FX口座の開設で審査をクリアできない人が多いはず。

次の項目では、「審査が通らなくて悩んでいる人が陥りやすい項目」について紹介します。

 

FX口座開設の審査項目②見落としがちな項目

f:id:shimotenman:20190714204250j:plain

FX口座の開設審査で落とされている人のほとんどは、項目のちょっとした内容で失敗している人が多い。

その項目さえ守れば、審査を落とされることがまずありえないでしょう。

その基準が次になります。

  • 本人確認書類の整合性が取れない
  • 既にそのFX口座で開設済み(2重口座開設はだめ!)
  • FX口座開設申し込みのフォームで記載漏れがある
  • 職業や資産の入力が不適切

この基準を満たしてないと、FX口座開設の審査に落とされるでしょう。


さて、この基準で気をつけなければならないのは、「職業や資産の入力が不適切」になります。

例えば「DMMFX」の口座申し込みフォームを見てみましょう。

f:id:shimotenman:20190723184439p:plain

まず、「職業」の項目なのですが結論、「無職」はダメですよ!絶対!

FX口座側の立場になってもらえればわかりますが、たくさん取引してくれる人が欲しいわけですよ。

そうしたら、「無職」の人なんて基本的にお金を持っていないので、口座を作るだけコストの無駄!

ということで、FX口座開設の基準として「無職」と答えると審査は落とされるので注意。

 

f:id:shimotenman:20190723184442p:plain

続いて「金融資産と自己資産」なのですが、「青四角」に囲まれているような金額で設定してはダメ!審査を落とされる可能性が上がるだけです!!

理由は先ほどと同じで、自己資産をあまり持ってない人は、そんなに長く取引ができなくて退場を食いやすい。

FX会社は、トレーダーのスプレッドを利益としているので、取引してくれない口座を持ってるだけで維持コストの無駄!

そういった意味では、少なくとも「100万円以上」を選択するようにしましょう

 

f:id:shimotenman:20190723190820p:plain

最後に「投資の利用額」についてです。

これはマックスに設定しましょう!間違っても「青四角囲み」のような少ない金額は提示しないでください。

理由は先ほど話した通りなので割愛してください。

目安は「自己資産の半分程度」で十分です

 

ここでどのような金額を設定しようが、一度口座を開設してしまえば、それに縛られることはないので安心してください。

まずは、口座開設の審査に落とされないことを考えるのを優先しましょう。

 

注意点:収入関係の審査について

先ほどの収入関係の話をまとめると、

  1. 無職はダメ
  2. 自己資産は100万円以上に最低限しておく
  3. 振込額は自己資産の半分程度にしておく

この点を守っていただければ、この基準で落とされることはないでしょう。

 

あと一つ、補足として注意してほしいことに、

投資額は年収の半分以上にならないこと

です。

当たり前の話ですが、年収を全振りで投資することで破産する可能性も十分あります。

FX会社的には投資をガンガンして、スプレッドで利益を得たい反面、破産者をあまり出したくは無いので、危険な投資をしそうな人を排除する傾向にあります。

そのため、あまり無理のない範囲で、「投資額は年収の半分を超えないように設定」することで、審査に落ちにくくする狙いがあります。

 

FX口座開設の審査項目③それでも落ちる人の原因

f:id:shimotenman:20190714204236j:plain

大抵の人は、先ほど紹介した内容を守ればFX口座開設の審査で落とされることはないはずです。

しかし、それでも基準をクリアしてないのか、審査を落とされる場合は次の項目に注意してみてください。

  1. 記入した住所が本人確認書類と合致しない
  2. 添付した本人写真がボヤケテいる
  3. 証券会社に勤めている

 

こういった基準に注意をしましょう。

 

そもそも「証券会社」に勤めている場合は、FX口座を開設できないのでそもそも落とされます。

そして、記載事項と確認書類で相違がある場合もダメ!審査落とされます!

もちろん証明写真類がボヤケテ見えないなんて持ってのほか!

 

こんな感じで、意識してないところで基準に引っかかり、FX口座開設審査に落とされる人もいるので注意しましょう。 

 

追伸

f:id:shimotenman:20190723190720p:plain

f:id:shimotenman:20190714204255j:plain

今回紹介した、FX口座開設の審査基準については、あくまでも「一般的なFX口座」で落とされやすい項目です。

中には審査基準が違ったり、審査基準を公開しているFX会社も存在します。

 

つまり、今回話した内容は「ほとんどのFX口座に当てはまるけど会社によっては一部違う可能性がある」ってことです!

ただ、今回紹介した落ちないための基準は、厳しめな方なのでFX会社によって、これ以上審査が厳しくなることはほぼ無いので安心してください。

 

どうしてもFX口座の開設審査で落とされる人は、今回の基準を参考に再度申請してみてください。

きっと良い結果が得られることでしょう!

 

次回記事では、先ほど20歳以上でなければFX口座が作れないと話しましたが、実は抜け穴があることを紹介します。

結論から言えば、あるFX口座で開設をすると、18歳からでも開設ができるって話。

18歳でFX口座を開設したい人は、是非参考にしてみてください。