ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

MENU

公開。オーダーブックのOANDA fx Tradeのリアルな評判と口コミ

f:id:shimotenman:20190315221931j:plain

OANDAは知る人ぞ知るFX会社で、代表的なサービスが「OANDAのオーダーブック」ですよね。

 

OANDA内ではありますが、「オープンオーダー」や「オープンポジション」を見ることができるのでプロトレーダーもご用達のサービスです。

 

しかも、OANDAで口座を開設してから解放される「真のオーダーブック」を使うことで真価が発揮されます。

 

ただ、口座を開設するにもしても「オーダーブック」が人気なのはわかった!

じゃあOANDAの口座自体はどうなんだって人が多いはず。

 

そこで今回この記事では、「OANDA fx Tradeのリアルな評判と口コミ」を大公開します。

OANDAで口座開設を考えている人は、是非とも参考にしてみてください。

  

OANDAを使ってみたい人は、無料で今すぐ登録できるので記事を見終わったら早速試してください!! 

 

→オアンダジャパン公式HPはコチラ

 

 

 

OANDA fx Trade(ベーシックコース)の総合的な評価について(満足度は3.07点/5点)

f:id:shimotenman:20190128182708j:plain

まず下図をご覧ください。

 

OANDA fx Trade(ベーシックコース)への口コミが一番多かった「価格ドットコムOANDA fx Trade(ベーシックコース)」の総合評価になります。

 

評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
カテゴリ
平均との差
評価基準
スプレッド 2.89 3.81 -0.92 通貨ペアの売買に伴うコスト感
スワップ 2.68 3.53 -0.85 スワップ金利や使い勝手など
速度・安定性 3.43 3.74 -0.31 レスポンス状態や計画的なシステムメンテナンスなど
機能・ツール 3.54 3.70 -0.16 注文機能や取引ツールの充実ぐあいなど
情報 3.28 3.51 -0.23 配信情報の充実ぐあいなど
サポート 2.81 3.49 -0.68 24時間サポートや対応内容など
スマホ・モバイル 3.00 3.57 -0.57 スマホ・モバイル対応、アプリの充実ぐあいなど
 

全体的にOANDA fx Trade(ベーシックコース)は、良くも悪くもどの評価も平均程度になります。

 

ただ特殊な機能がいくつかあり、

  • MT4を使える
  • オーダーブックをチャートに反映できる
  • スワップポイントが秒で換算される

等の変わった機能もあり、初心者だけでは無く中上級者からも支持を受けております。

 

次の項目からは、項目別にメリット・デメリットをご紹介していきますので、気になる点を確認して見てください。

 

口コミ・評判から見るOANDA fx Trade(ベーシックコース)のメリットとデメリット

f:id:shimotenman:20190128182724j:plain

この項目では、実際に書き込みがあった直近2年(2019年3月現在)ほどの、OANDA fx Trade(ベーシックコース)に対する口コミと評判を見ていきましょう。

 

各項目を、メリットとデメリットに分けて紹介しますので、自分がFXトレードで重視している項目を見てもらえると幸いです。

 

OANDA fx Trade(ベーシックコース)の「スプレッド」について

OANDA fx Trade(ベーシックコース)のスプレッドは、国内大手の最安値ほどの狭さではないが、FX業者全体から見たら普通の部類になりますでしょう。

 

基本的に、外資系のFX会社という事もあり、あまりスプレッドには拘っていない様子?

短期売買を主眼に置いた、スキャルピングトレードでは少し不利になると思われる。

 

メリット

◯スプレッドに狭さが安心できます。

スプレッドが狭いので、エントリー時の安心感が高いです。

また、4時間足は1日のうちに6本示される点がGOODだと思っています。

この点では使い勝手は非常に良いです。

サーバーは安定していると思います。

今まで特段問題になったことはありません。

 

デメリット

ドル円のスプレッドは0.4銭

ドル円のスプレッドは0.4銭。

両建てはできません。
MetaTrader4を使えば両建て可能で、こちらは1000通貨からです。ただしMT4を使うには専用のアカウントを作成する必要があります。

MT4のインジケーターにかぶせたOANDAオーダーブック(オープンオーダー、オープンポジション)は使いやすそうです。
ホームページをざっと見たところ他の業者に比べてわかりやすく丁寧です。更に創業者の話から顧客に対する誠意を感じました。

 

スキャルピングメインの人はおすすめできない

スキャルピングを主にやっている人はここは使わないほうがいい。
スプレッドが広いというのもあるがMT4のチャートの動きに手を加えられている感あり。


細かいレートの動きが反映されず30秒分の値動きを一気に反映させている感じ。
細かい損切りや細かいスキャで利益を出すのには不利。

 

サポートもMT4の使い方をちょっと詳しい内容を質問すると対応が悪かった。
若い女の子でアルバイト?ちょっと信頼に欠ける感じ。
友人に薦められたがここは使わないと思う。

 

OANDA fx Trade(ベーシックコース)の「スワップ」について

OANDA fx Trade(ベーシックコース)のスワップについて、あまり高いという評判は聞きません

 

ただ、トルコ円については他のFX会社よりも高いという話があるので、おすすめ。

そしてOANDA fx Trade(ベーシックコース)独自のサービスで、スワップポイントが秒単位で計算されるサービスがあるので、そう言ったものに興味がある人はいいかもしれませんね。

 

メリット

スワップの計算が特殊

スワップの計算が独特で、保有時間、秒単位で計算されます。

 

◯トルコ円は他よりも高い

ドル円に関してこれといった良さはありません。
しかしトルコ円は、他社に対して比較的がんばっていると思います。

 

デメリット

特になし

 

OANDA fx Trade(ベーシックコース)の「速度・安定性」について

OANDA fx Trade(ベーシックコース)の速度や安定性については、口コミ上では評判がいいですね。

 

約定した時も、滑りにくく狙った通りに約定できることも多いので、満足しているトレーダーも多い模様。

 

OANDA自体が速度や安定性について売りにしているので、それを証明している模様。

 

オーダーブックを抱えているので、システム面では強いのでしょう。

 

メリット

◯申し分なし

売りにしている点なのでいいと思います。

マネーパートナーズが一番いいと思っていましたがこちらもなかなかいいと思います。

 

デメリット

特にありません。

 

OANDA fx Trade(ベーシックコース)の「機能・ツール」について

OANDA fx Trade(ベーシックコース)では、 取引ツールや機能に関する、満足のいく口コミが多数見受けられました。

 

少額から取引できるという事で、練習用として使うトレーダーが多いようですね。

 

ツールもアレンジが初心者でもできて、簡単に操作ができるよう。

 

一番の魅力は、国内のFX会社でMT4を使えるメリットです。

 

国内でMT4を使っているFX会社は少ないので、扱えるだけでOANDAは頭一個他のFX会社よりも抜けていると言ってもいいでしょう。

 

メリット

◯短期トレーダー向けには非常に良い

スワップポイントは他のFX会社に比べると悪いです。

しかし、取引ツールが充実しており短期売買にはとても良いです。

1通貨から取引可能なので、練習するのにも良いです。

特に、チャート上でストップロスのポイントをずらして変更したりできるのが気に入っています。

また、Tradingviewと同じようなチャート分析ができるのも気に入っています。

 

◯素人の私でもできました

中程度の高度さだと思います。

でもど素人の私でもできました

すすめるほどではないかもしれません。

私的には良かったですが、そうでない人もいそうです。

 

ほんの少し、他より手数料が高いような気がします。いつも口座開設をして、取説なしでしています。

それでも大丈夫な口座ですが、少しだけ難しいかもしれません。

 

◯チャートのアレンジが簡単

メタトレーダー4が使えるのでチャートのアレンジが容易で楽しいですし、取引自体も簡単で使いやすいです。


またトレード出来る通貨ペアがかなり多く、基本は主要通貨でやっていますが、時々トレンドが出ているときなどマイナーなペアもトレードしています。

スプレッド幅も比較的狭く基本固定なので安定したトレードが出来ます。


また約定率が結構高いので比較的変動しているときでもきっちり約定できます。

 

◯使いやすいツールがたくさん

FXはそれなりの期間していますが、このFX会社のツールは使いやすさ抜群です。

カスタマイズすることができるので、自分好みにできて、ストレスなく取り引きができています。

 

肝心のスプレッドも狭く、約定も安定しているので、余計な心配をせずに済むところは助かります。

 

◯MT4が魅力

MT4を利用した取引においては1,000通貨単位で行うことが可能なので、リスクを抑えながら取引できて良いです。

ただしベーシックコースは最大発注数が25万通貨なので高額での取引や細かく稼いでいくスキャルピングなどには向かないかもしれません

ツールは世界的に有名なメタトレーダーを利用できて非常に使いやすいです。たくさんのテクニカル指標が揃っているのでオリジナルのトレードスタイルを作り上げるのも楽しいですね。

 

◯板情報がありがたい 

やはり板情報があるのが大きいです。

株だと当たり前の機能なのですが、FXだとなかなかないのでオアンダの口座を開く最大の理由だと思います。

ただPCからの画面で決済の方法が非常にわからず、ワンクリックで成り行き決済される仕組みがイケてないと思いました。

 

デメリット

◯PCWeb版ではレスポンスが悪い

当初他のFX会社で使われているものと用語がちょっと違うので戸惑うことがありました。

取引番号がチケット番号、となっていたり、英語の表記が多かったりなどです。

PCのWeb版ではオーダー成立のレスポンスが悪く、あれ?成立したのかな?と迷って更にオーダーしたことが数回ありました。
Desktop版は私のPCの調子が悪くダウンロードできなかったため試していません。

 

OANDA fx Trade(ベーシックコース)の「情報」について

OANDA fx Trade(ベーシックコース)の情報について、口コミはあまり見受けられませんでした。

 

ただ、見づらかったり他のFX会社と比べると情報量が少ないっていう不満はあるようです。

情報量を重視する人にはあまりおすすめできないかもしれません。

 

メリット

特にありません

 

デメリット

◯わかりづらい

見づらい。わかりづらい印象です。

 

◯情報が少ない

他社に比べるとメールでの情報量が少ない。全体的に少ない。

 

OANDA fx Trade(ベーシックコース)の「サポート」について

OANDA fx Trade(ベーシックコース)のサポートについては、不満が多いですね

 

外資系という事もあり、外国人が対応する事もあり日本語があまり通じない事例も。

 

一応日本語がわかるスタッフではあるようですが...。

 

ただ、口座を複数作れるメリットはあります。

 

メリット

◯複数の取引口座が作れる

同じ通貨で、異なる手法を取引するとき、単一口座だと混乱が起きかねないが、複数口座を作れるので、別口座で別手法を試して、損益を比較すことができる。


土日にスプレッドが開くので、それが原因でストップロスにかかる心配をしなければならないのは気になるところ。週明けなどに、スプレッドが落ち着くまでの時間は短い。
過去のレートをダウンロードできるのもありがたい。

 

 

デメリット

◯外国人が対応

サポートに関しては、日本語を話す外国人が電話応対をするので、少し戸惑うことがあるかもしれません。

 

◯サポートに不満、あとは問題ない

注文や決済も画面上はスムースに行うことができました。

チャートも見やすく使い勝手がよいFXだと思います。

ただし電話サポートがイマイチで決済のしかたが分からなかったので聞いたら最初の回答が間違いで「チョット待ってください」のあと正しいやり方を教えてもらえました。

 

OANDA fx Trade(ベーシックコース)の「スマホ・モバイル」について

OANDA fx Trade(ベーシックコース)のスマホやモバイルについて、オーダブックをアプリで見れるのは嬉しいという話が多かったです。

 

ただスマホのアプリではオーダーブックが見れないのは注意。

 

スマホアプリのレスポンスは良いのですが、初心者が直感的に操作するのは少し難がある様子。

 

メリット

◯オーダーブックをアプリで

オーダーブックがアプリで見れるのは最高に便利です。

約定力に定評があるので、あまり滑らないイメージだったのですが、Oandaのスマホアプリでトレードすると実際は滑ります・・・。

発注がしづらいので自分が思っているタイミングで入れていないことが原因かもしれませんが、ベストなタイミングで入れずスプレッドの狭さのメリットを享受できません。

OandaはMT4またはスマホのMT4アプリででトレードすることをお勧めします。

 

スマホアプリのレスポンスが良い

スマホのアプリに替えてからは問題なくできています。
オアンダは月曜日から土曜日までいつでも取引できます(ただしスプレッドが広がる時間帯あり)、fxTradeでは1通貨単位の取引ができ、
リミットオーダー(指値)ストップオーダー(逆指値)の指定、変更が簡単。

 

デメリット

スマホのMT4には注意

スマホのMT4アプリではオーダーブックが見れないのでOandaのアプリも同時に動かすかPCでMT4を使うほうがいいトレードができると思います。

 

アプリが使いにくいです。

OANDAをベーシックコースでドル円を利用しました。

MT4も使えるようですが、アプリで取引したかったためMT4は使いませんでした。


アプリは少し難有で、直感的には操作しにくいです。

新規注文と決済注文が1画面でないのが個人的には特に使いづらいと感じたポイントでした。

損切り設定はアプリでもできるため、その点は魅力的でした。

速度や安定性は特に問題ありませんでした。

初心者にはやや使いにくいインターフェースです。

 

まとめ

f:id:shimotenman:20190128182751j:plain

まとめです。

 

OANDA fx Trade(ベーシックコース)は、メインとして持つのは少し難しそうですね。

 

オーダーブックを使うための口座として割り切った使い方も有りでしょう。

 

初心者には可もなく不可もなく、ただ英語表記等があるためFX経験者の方がストレス無く使用することができる。

 

ただ国内FX会社で数少ないMT4を扱っているOANDAなので、そこと天秤にかけてしようを決めた方が良いでしょう。

 

結論、

  • MT4を使いたい
  • オーダーブックを自由に使いたい
  • 少額から取引をしたい
  • 約定力や通信速度を求める

こう言った人にはおすすめできる、FX会社ですね。

 

OANDAのオーダーブックは非常に素晴らしいツールですが、OANDAで口座を開設しようと思う人は少ないように思われます。

 

デモ口座なら1分で申請ができ、無料で使い続けることができるのでOANDAが気になる人は使って見てはいかがでしょうか?

 

自分に合わないようならそのまま放置でもいいですし、気に入ったならばリアル口座を開設すればいいだけ。

 

選択肢を増やすか減らすかは自分次第なので、是非チャンスの芽を摘まないでください

 

気になる方は下記のリンクから、OANDAの公式ホームページに飛んで作って見ましょう!

 

→オアンダジャパン公式HPはコチラ