「評判・口コミ」を公開。オーダーブックで有名なOANDAの実態

FX口座

f:id:shimotenman:20190608114947p:plain

オーダーブックで有名なOANDA JAPAN。

FX口座を開設してみようと思うが、実際使っている人はどう思っているのだろうか?

私が5年間副業でFXをし続けましたが、口座選びはぶっちゃけかなり重要。

自分のトレードスタイルに適した土俵で勝負しないと

  • 資産
  • 時間
  • 効率
  • メンタル

こう言った点で損をする可能性があります。

私がFX口座開設で重要視しているのは「口コミ」や「評判」です。

理由は単純で、FX口座の公式ホームページを見ても、良いことしか書いてないので参考になりません。

→オアンダジャパン公式HPはコチラ

そこで今回この記事では、OANDAN JAPANで口座開設を考えてい人向けの「リアルな口コミと評判」をご紹介します。

これを見て、それでも自分に適している口座だと思ったら、あなたに適したFX口座の可能性が高いので、是非とも参考にして見てください。

 

OANDA fx Trade(ベーシックコース)の総合的な評価について(満足度は3.10点/5点)

f:id:shimotenman:20190128182708j:plain

まず下図をご覧ください。

f:id:shimotenman:20190613102517p:plain

f:id:shimotenman:20190613102452p:plain

OANDA fx Trade(ベーシックコース)への口コミが一番多かった「価格ドットコムOANDA fx Trade(ベーシックコース)」の総合評価になります。

結論から言って、「良くも悪くもどの評価も平均程度」ってことですね

ただ特殊な機能がいくつかあり、

  • MT4が使える
  • オーダーブックをチャートに反映できる
  • スワップポイントが秒で換算される
  • オートチャーティストで確率分析ができる

等のOANDA独自の機能を有しており、初心者から上級者の間で人気があります。

次の項目からは、項目別にメリット・デメリットをご紹介していきますので、気になる点を確認して見てください。

口コミ・評判から見る「メリット」と「デメリット」

f:id:shimotenman:20190128182724j:plain

この項目では、実際に書き込みがあった直近2年(2019年3月現在)ほどの、OANDA fx Trade(ベーシックコース)に対する口コミと評判を見ていきましょう。

各項目を、メリットとデメリットに分けて紹介しますので、自分がFXトレードで重視している項目を見てもらえると幸いです。

「スプレッド」についての口コミと評判

OANDA fx Trade(ベーシックコース)のスプレッドは、国内大手の最安値ほどの狭さではないが、FX業者全体から見たら普通の部類になりますでしょう。

基本的に、外資系のFX会社という事もあり、あまりスプレッドには拘っていない様子?

短期売買を主眼に置いた、スキャルピングトレードでは少し不利になると思われる。

下記のリンクでは、OANDAのスプレッドについてまとめました。

興味がある人は是非ご覧ください。

スプレッドの「メリット」

  • スプレッドが狭い方なので短期売買も可能

スプレッドが狭いので、短期売買をしても手数料が気になりませんね。

チャートのラグも少なくて、約定力もしっかりとしている。

サーバーが安定しているため、短期売買を行なっていても気になりません。

スプレッドの「デメリット」

  • メジャーな通貨ペアのドル円がスプレッド「0.4銭」

ドル円のスプレッドが0.4銭なので、これだけ見ると狭いわけでは無いですね。

ドル円の通貨ペアについては、「0.3銭」が主流な中0.1銭高いのでドル円専用としてはオススメできないかも。

それ以外にも、両建てでのトレードができないマイナス点も。

MT4なら問題ないですが専用のアカウントを作らないといけないのがちょっと面倒。

OANDAの代名詞であるオーダーブック(オープンオーダー、オープンポジション)を、チャート上に表示させられるのは良い点。

  • スキャルピングトレードを好む人にはオススメできない

OANDAを開設するなら、スキャルピングトレード主体な人にはオススメできません

スプレッドについては、比較的狭いのですが「圧倒的にスプレッドが安い」と言うわけではない。

チャートの動きも、急にグッと上がったりと不自然な動きをするときもしばしば。

スイングトレード等の、ど短期売買をしないのであれば問題はないと思います。

しかし、スキャルピングトレード専門で行うには、少々サーバー周りが心許ないかも。

  • 土日にスプレッドが開いてロスカットになる可能性

ちょっと気になる点は、土日にスプレッドが開いてしまうことですね。

その時に、ギリギリのトレードをしていたら「ロスカット」になる可能性もあるので、その点は注意が必要かもしれません。

「スワップポイント」についての口コミと評判

OANDA fx Trade(ベーシックコース)のスワップについて、あまり高いという評判は聞きません

ただ、トルコ円については他のFX口座よりも高いという話があるので、おすすめ。

OANDA独自のサービスとして、

  • スワップポイントが毎秒計算される
  • ポジションを決済しなくても口座にスワップポイントが振り込まれる

こんな機能もあるので、長期トレーダーにはオススメできますね。

下記のリンクでは、OANDAのスワップポイントについてまとめました。

興味がある人は是非ご覧ください。

スワップポイントの「メリット」

  • OANDAのスワップポイントは毎秒カウントされる

スワップポイントの計算方法がちょっと特殊でした。

保有している期間(秒数単位)からスワップポイントが計算される計算ですね。

ポジションを決済しなくても口座にスワップポイント分が振り込まれるのは嬉しいです。

  • トルコ円のスワップポイントが他の口座よりも高め

正直、ドル円のスワップポイントはそんなに高くありませんでした。

だけどトルコ円に関しては、他口座よりもスワップポイント高めに設定されているので、長期トレード目当てに開設するのも有りかなと。

スワップポイントの「デメリット」

特にOANDAのスワップポイントについて、口コミや評判はありませんでした。

「速度・安定性」についての口コミと評判

OANDA fx Trade(ベーシックコース)の速度や安定性については、口コミ上では評判がいいですね。

約定した時も、滑りにくく狙った通りに約定できることも多いので、満足しているトレーダーも多い模様。

OANDA自体が速度や安定性について売りにしているので、それを証明している模様。

オーダーブックを抱えているのでシステム面では強いのでしょう。

速度・安定性の「メリット」

  • 特に問題なく取引が可能です

速度や安定性はOANDAが大々的にアピールしている点なので、特に使っていて不便を感じたことはありませんでした。

以前、マネーパートナーズの口座を使っていたのですが、そちらよりも安定感があるので口座を変えてしまいました。

速度・安定性の「デメリット」

特にOANDAの速度・安定性について、口コミや評判はありませんでした。

「機能・ツール」についての口コミと評判

OANDA fx Trade(ベーシックコース)では、 取引ツールや機能に関する、満足のいく口コミが多数見受けられました。

少額から取引できるという事で、練習用として使うトレーダーが多いようですね。

ツールもアレンジが初心者でもできて、簡単に操作ができるよう。

一番の魅力は、国内のFX会社でMT4を使えるメリットです。

国内でMT4を使っているFX会社は少ないので、扱えるだけでOANDAは頭一個他のFX口座よりも抜けていると言ってもいいでしょう。

機能・ツールの「メリット」

  • 短期トレーダー向けの自分とは相性が良かった

スワップポイントは他のFX口座と比べると、悪いとまでは言いませんが良いとも思いませんでした。

しかし、取引ツールが充実しており短期売買にはとても良かったです。

例えば、1通貨から取引可能なので色々なテクニカル分析を試すのには、持ってこいですね。

特に、地味に嬉しい機能としては、指値や逆指値の注文をチャート上で移動できること。

わざわざ注文画面を開かなくても、ビジュアル的に変更できるのは楽。

  • 初めてFX口座をOANDAで開設したけど問題なく使えた

素人の私でもトレードできました。

OANDAの評判や口コミを見ると、中級者向け等あったので迷いましたが、実際に使ってみたら意外と簡単に取引ができましたね。

ただ、使っていてほんの少し感じたことが、他より手数料が高いかな?

口座開設の時は説明書を読まなくても、素人の私でも取引できたので初心者にも向いていると思う。

  • チャートのアレンジが簡単

MT4がデフォルトで使用可能なので、チャートのカスタマイズができます。

一番びっくりしたのは、取引できる通貨ペアが70以上あること。

恐らくですが、国内ではNO1の通貨ペア取扱量ではないでしょうか?

約定率も高めで安定した取引ができるのも嬉しかったです。

  • 使いやすいツールがたくさん

色々とFX口座を試してきましたが、ツールは使いやすさOANDAが抜群でした。

自分のトレードスタイルに合わせて、取引画面をカスタマイズできるので、自分だけの取引環境を構築できるのはありがたかった。

個人的にはスプレッドも狭く、約定も安定していると感じました。

トレードをしている時に、些細なことでイライラすることが無くなりました。

  • OANDAの売りはMT4を使えること

私が一番メリットに感じるのは、MT4で1,000通貨単位取引が可能なことですね。

やっぱり1万通貨から取引可能なのはリスクが高い。

少額から取引ができるOANDAは私に合ってました。

私は関係なかったのですが、ベーシックコースは25万通貨までしか取引できないそう。

大口の取引をしたい人は、OANDA内の別コースにしないといけないので、ちょっと手間かもしれません。

どちらにしても、国内で数少ないMT4を扱えるFX口座なので、取り扱っている会社の中では一番使いやす口座だと感じました。

機能・ツールの「デメリット」

  • パソコンのスペックによりWeb版の取引反応が悪く

外資系のFX口座なのでしょうがないのですが、要所要所で英語が挟まれて英語がわからない自分にはストレスでした。

私のパソコンのスペック問題かもしれませんが、PCのウェブ版で取引をするとたまにレスポンスが悪い時も。

レートが急に変わったり、約定が滑ったりと少し不満がありました。

「情報」についての口コミと評判

OANDA fx Trade(ベーシックコース)の情報について、口コミはあまり見受けられませんでした。

ただ、見づらかったり他のFX口座と比べると情報量が少ないっていう不満はあるようです。

情報量を重視する人にはあまりおすすめできないかもしれません。

情報の「メリット」

特にOANDAの情報について、口コミや評判はありませんでした

情報の「デメリット」

  • どこに情報があるのかわかりづらい

情報は載っているのですが、探し当てるのに時間がかかりました。

あまりFX口座から情報を仕入れることはないのですが、情報を重要視している人にはあまりオススメできないですね。

  • 配信される情報が他のFX口座より少ない印象

他のFX口座に比べると、配信してくれる情報が少ないように感じました。

メールでの情報提供もそんなに多くなく、本当に必要最低限の情報しか配信してくれません。

「サポート」についての口コミと評判

OANDA fx Trade(ベーシックコース)のサポートについては、不満が多いですね

外資系という事もあり、外国人が対応する事もあり日本語があまり通じない事例も。

一応日本語がわかるスタッフではあるようですが…。

ただ、口座を複数作れるメリットはあります。

サポートの「メリット」

  • 1つのアカウントで複数の口座を開設できる

複数口座を作れるので練習用にはありがたい。

例えば、米ドルで違ったテクニカル分析を使いたい場合に、同じ口座では効果測定がわかりにくい。

だけど、口座を複数持てるので、それぞれで違ったテクニカル分析を試して結果がわかりやすい。

サポートの「デメリット」

  • サポートに連絡したら外国人が対応

日本語でサポートに応じてくれるのですが、基本的に外国人が対応してくれるようですね。

私がサポートに連絡した時も、外国人の方で微妙にニュアンスが伝わらなくて、ちょっと大変でした。

  • サポートに不満はあるが、それ以外は問題無し

基本的なサービスに問題はありません。

外国人が対応であったり、待たされる時間が多かったりと、サポートには不満がありました。

それ以外には不満はありません。

「スマホ・モバイル」についての口コミと評判

OANDA fx Trade(ベーシックコース)のスマホやモバイルについて、オーダブックをアプリで見れるのは嬉しいという話が多かったです。

ただスマホのアプリではオーダーブックが見れないのは注意。

スマホアプリのレスポンスは良いのですが、初心者が直感的に操作するのは少し難がある様子。

スマホ・モバイルの「メリット」

  • トレーダーの強い味方「オーダーブック」をスマホで確認できる

私は常にオーダーブックを見ながらトレードをしていますが、それをスマホで確認できるのは本当に助かっています。

約定力に定評があるようですが、OANDAのスマホではちょっと滑りますね。

ただ、オーダーブックも使えるので非常にオススメできます。

  • スマホアプリでの取引はスムーズにできる

MT4のアプリで取引をしていますが、特に不便に感じた事はありません。

スマホ・モバイルの「デメリット」

  • スマホのMT4には注意

スマホのMT4アプリではオーダーブックが見れないのでOandaのアプリも同時に動かすかPCでMT4を使うほうがいいトレードができると思います。

  • アプリが使いにくいです。

OANDAをベーシックコースでドル円を利用しました。

MT4も使えるようですが、アプリで取引したかったためMT4は使いませんでした。

アプリは少し難有で、直感的には操作しにくいです。

新規注文と決済注文が1画面でないのが個人的には特に使いづらいと感じたポイントでした。

損切り設定はアプリでもできるため、その点は魅力的でした。

速度や安定性は特に問題ありませんでした。

初心者にはやや使いにくいインターフェースです。

追伸

f:id:shimotenman:20190128182751j:plain

結論、

  • MT4を使いたい
  • オーダーブックを自由に使いたい
  • 少額から取引をしたい
  • 約定力や通信速度を求める

口コミや評判からわかる事は、こう言った人にオススメなFX口座って事ですね。

OANDA fx Trade(ベーシックコース)は、メインとして持つのは少し難しそうですね。

オーダーブックを使うための口座として割り切った使い方も有りでしょう。

初心者には可もなく不可もなく、ただ英語表記等があるためFX経験者の方がストレス無く使用することができる。

ただ国内FX会社で数少ないMT4を扱っているOANDAなので、そこと天秤にかけてしようを決めた方が良いでしょう。

OANDAのオーダーブックは非常に素晴らしいツールですが、OANDAで口座を開設しようと思う人は少ないように思われます。

デモ口座なら1分で申請ができ、無料で使い続けることができるのでOANDAが気になる人は使って見てはいかがでしょうか?

自分に合わないようならそのまま放置でもいいですし、気に入ったならばリアル口座を開設すればいいだけ。

選択肢を増やすか減らすかは自分次第なので、是非チャンスの芽を摘まないでください

気になる方は下記のリンクから、OANDAの公式ホームページに飛んで作って見ましょう!

→オアンダジャパン公式HPはコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました