OANDA JAPANのスプレッドを他口座と比較【結論:優秀】

FX口座

OANDA JAPAN(オアンダジャパン)のスプレッドって他のFX口座と比べてどうなの?

OANDA JAPAN(オアンダジャパン)の口座が少し気になる!

だけどスプレッドが気になって口座開設に二の足を踏んでいる…。

どうせ口座開設をするのであれば、少しでもスプレッドが狭い方がいいですよね。

 

そこで今回この記事では、

・OANDA JAPAN(オアンダジャパン)のスプレッド一覧
・OANDA JAPAN(オアンダジャパン)と他口座のスプレッド比較
スプレッドが広くなる時間帯

この3点について解説を行なっていきます。

 

実際にOANDA JAPAN(オアンダジャパン)公式ホームページで提示しているスプレッドと、他口座が提示しているスプレッドを比較しているので信ぴょう性は高いです。

結論から言うと、OANDA JAPANのスプレッドの狭さは上位クラスです。

ただし、全てに置いて上位クラスのスプレッドではないので、自分の気になる通貨ペアのスプレッドがどうなのか、他口座との比較を見ながら検討してみてください。

 

先に結論だけ知りたい人のために表を用意しましたので確認ください!

通貨ペアスプレッド感想
ドル円0.3銭ほぼ上位!
ユーロ円0.4銭ほぼ上位!
ポンド円0.8銭上位だがもっと狭い口座はある!
豪ドル円0.6銭ほぼ上位!
ユーロ米ドル0.4銭ほぼ上位!
コースによりスプレッドが変わる

OANDAJAPAN(オアンダジャパン)の通貨ペア別スプレッド一覧

f:id:shimotenman:20190425122221j:plain

まずOANDA JAPANのスプレッドを見てみましょう。

f:id:shimotenman:20190603184839p:plain

これが主要な通貨ペアのスプレッドになります。

OANDA JAPANが特殊なのは、FX口座のコースによってスプレッドが変動することです。

上の表を見てもらえれば、コースによって結構スプレッドが違ってきますよね。

OANDA JAPANが提供するコースについて詳しく知りたい人は、下記リンクから確認してみてください。

 

つまり、口座を開設したコースによってスプレッドがメリットにもデメリットにもなるんです。

ほとんどの方は、「プライマリー口座のベーシックコース」を最初使います。

その後、東京サーバーコースに変える人も多いと思うので、その部分のスプレッドを参考にしてもらえれば十分です。

今回この記事では、OANDA JAPANのコースの違いは開設しませんが、スプレッドだけで判断をすると「東京サーバー500Kコース」が一番コスパは最強です。

OANDA JAPAN(オアンダジャパン)のスプレッドは広いのか?

f:id:shimotenman:20190506104345j:plain

上記ではOANDA JAPANのスプレッド一覧について触れましたが、問題はそれが他と比べてどれくらい広いかですよね。

この項目では、

  • 他のFX口座とスプレッド比較
  • 朝方のスプレッド
  • 一番スプレッドが広がる時間帯

この点からOANDA JAPANのスプレッドを考えてみたいと思います。

OANDA JAPAN(オアンダジャパン)のスプレッドを他のFX口座と比較してみる

OANDA JAPANのスプレッドを他のFX口座と比較しますが、全ての通貨ペアを紹介すると時間が足りませんので、代表的な通貨ペアを紹介します。

参考にしたサイトはこちら「取引コスト(スプレッドなど)で比べる|FX会社徹底比較!」になりますので、詳しくみたい人は参考までに。

ドル円

まずドル円のスプレッドで狭い上位FX口座を見てみましょう。

f:id:shimotenman:20190603223217p:plain

OANDA JAPANのドル円スプレッドの最安値は「0.3銭」なので、ほぼトップクラスの狭さですね。

最近ではほとんどのFX口座でドル円のスプレッドを狭く設定するので、あまりここでは差別化は測れないでしょう。

ユーロ円

f:id:shimotenman:20190603223226p:plain

OANDA JAPAのユーロ円スプレッドは「0.4銭」になります。

上図でいうと、ほぼトップクラスのスプレッドの狭さになりますね。

ドル円は多くのFX口座でスプレッドを「0.3銭」にしていますが、ユーロ円はあまり「0.4銭」にしているところはありません。

ポンド円

f:id:shimotenman:20190603224920p:plain

OANDA JAPANのポンド円は、「0.8銭」なのでほぼスプレッドの狭さはほぼ上位です。

上位3以内に入るので、スプレッドの狭いポンド円を選びたい場合はOANDA JAPANがオススメかもしれませんね。

豪ドル円

f:id:shimotenman:20190603225131p:plain

OANDA JAPANの豪ドル円は「0.6銭」です。

こちらはトップ5以内にありますね。

こちらも他のFX口座に比べるとかなりスプレッドが狭くていいですね。

ユーロ米ドル

f:id:shimotenman:20190603225138p:plain

最後はOANDA JAPANのユーロ米ドルは、「0.4銭」になります。

上位トップ10以内に入っていますね。

ここまで見ると、全体的にスプレッドが狭くてOANDA JAPANはオススメできる通過ぺが非常に多いです。

OANDA JAPAN(オアンダジャパン)のスプレッドは朝が注意?

比較的日本時間の朝方というのは、各FX口座のスプレッドは広がる傾向にあります。

ただ、これは全てのFX口座に当てはまる訳ではなく、OANDA JAPANの例を見てみたいと思います。

こちらの「ガッツでFX自動売買」さんでは、国内のFX口座いくつかで朝方のスプレッドを比較している、面白い記事を見つけました。

 

詳しい詳細を知りたい方は、上記のリンクを見ていただきたいのですが、結論から言えば「OANDA JAPANの口座は他よりもスプレッドが狭い」ということです。

安定している時よりはスプレッドが広がるものの、早朝という条件下では他のFX口座より安定しているってことですね。

必ずしも毎日このような状態では無いと思いますが、スプレッドがきになる人にとっては面白い実験結果と言えるでしょう。

OANDA JAPAN(オアンダジャパン)のスプレッドが一番広がる時間帯は

スプレッドが一番広がるのは、

  • 日本時間の朝方
  • 経済指標発表前後

これで決まりです。

まぁどちらも、通常の国内FX口座であれば当たり前に広がるんですけどね。

それはOANDA JAPANでも例外ではなく、もしスプレッドが狭い状態でFXトレードをしたいのであれば、上記の時間帯を外すことが一番いいでしょう。

OANDA JAPAN(オアンダジャパン)のスプレッドをリアルタイムで確認したい

f:id:shimotenman:20190505115507j:plain

OANDA JAPAN(オアンダジャパン)のスプレッドをリアルタイムで確認したい場合、こちらの「OANDA JAPAN(オアンダジャパン)現在のレート」から確認することができます。

f:id:shimotenman:20190603190850p:plain

それぞれFX口座を開設しているサーバーを選択することができ、開設してからサーバーを変更していない場合は、「ニューヨークサーバー」を見れば問題ないです。

もし変更した場合は、「東京サーバー」を確認して見てくださいね。

 

残念なことに、OANDA JAPAN(オアンダジャパン)のリアルタイムスプレッドは、全部で9つの主要な通貨ペアしか確認することができません。

それ以外のマイナーな通貨ペアのスプレッドを確認したい場合は、実際の取引画面から確認してもらう必要があります。

f:id:shimotenman:20190603191324p:plain

上記の赤点線囲いのところですね。

どうしてもリアルタイムのOANDA JAPAN(オアンダジャパン)のスプレッドを確認したい場合口座を開設(デモか本番)してなければ確認できないので覚えておいてください。

追伸

f:id:shimotenman:20190505115503j:plain

OANDA JAPANのスプレッドは、FX口座コースごとに違っていますが最も狭い通貨ペアなら、全国内FX口座の中では狭さはトップクラスですね。

それではOANDA JAPANのスプレッドについてまとめ!

通貨ペアスプレッド感想
ドル円0.3銭ほぼ上位!
ユーロ円0.4銭ほぼ上位!
ポンド円0.8銭上位だがもっと狭い口座はある!
豪ドル円0.6銭ほぼ上位!
ユーロ米ドル0.4銭ほぼ上位!
コースによりスプレッドが変わる

コースによってはスプレッドが広くなる部分がありますが、スプレッドが狭いのがいいのなら東京サーバーコースを選択するといいでしょう。

 

FX口座を開設するのにスプレッドが全てではありませんが、短期売買を生業とするトレーダーにとっては重要度が高い、そんな人にはオススメできるFX口座と自信を持って言えます。

以上今回の記事、「OANDA JAPANのスプレッドを他FX口座と比較一覧してみた」でした!

OANDA JAPAN(オアンダジャパンヘ)の口座開設はこちら

コメント