ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

MENU

新登場!5分に1回更新される究極のOANDAオーダーブックが今なら無料!

f:id:shimotenman:20190310001541j:plain

プロからの人気も高いOANDAのオーダーブックですが、多くの人が間違った認識を持っていることがあります。

 

それは...

「無料版」と「公式版」で機能に差があることです!

しかも致命的な!

 

トレーダーにとっては致命的な機能差になることを、知らない人が多すぎるのです。

 

そこで今回この記事では、「損をしないためのOANDAオーダーブックの機能」を今一度ご理解していただきます。

 

「無料版」と「公式版」では3つ機能に差があることを覚えて帰っていただけたら幸いです。

 

もしまだ使ったことがない人は、無料で今すぐ使えるツールなのでこの記事を見終わったら早速試してください!! 

 

→オアンダジャパン公式HPはコチラ

 

 

衝撃!無料版のOANDAオーダーブックには制限があった!

f:id:shimotenman:20190310000913j:plain

OANDAが提供する「オーダーブック」は、以前記事でもお話をしましたが「OANDAを利用するトレーダーのオーダーポジションを知ることができる」ツールになります。

 

現在、無料で使うことができ、OANDAを使っているトレーダーの「オーダー状況」や「抱えているポジション」を見ることができる素晴らしいツールになります。

 

OANDAではオーダー状況を「オープンオーダー」抱えているポジションを「オープンポジション」と表現し、一般公開をしているのです。

 

さて、ここまで読まれた人は

「じゃあ 無料の一般公開しているオーダーブックで十分じゃない?」

こう思われるかもしれません。

 

確かに私も無料のオーダーブックで十分だと思いますが、高度な分析をするトレーダーには不十分な点があるのです。

 

そう、「無料版のOANDAオーダーブックには色々と制限がかかっている」のです!

 

OANDAで口座を作った人が使える「公式版」と誰でも使える「無料版」では、性能の差があったってこと。

 

そのことを知らないでOANDAのオーダーブックを使用すると、想定していたような利益をあげれなくなる、損することになるので違いを今日お話します。

 

詳しいオープンオーダーについては、こちらの記事から確認していただきたいのですが、簡単に説明をするとOANDAでトレードしている人の、未約定オーダーを確認できるサービスです。

 

まずはOANDAの提供するオーダーブックのおさらい

f:id:shimotenman:20190310000910j:plain

この項目は、OANDAのオーダーブックについて良く知らない人、もしくは忘れてしまった人が見てください!

 

すでに、OANDAのオーダーブックについて熟知している人は、次の項目に飛んでもらって構いません!

 

ここでは、オーダーブックの「オープンオーダー」と「オープンポジション」について簡単に触れますので、詳しく知りたい人は以前記事をご参照ください。

 

OANDAのオープンオーダーって何だっけ?

オープンオーダーの内訳としては、

になります。

 

下の画像を見てください。

f:id:shimotenman:20190309185010p:plain

オーダーブックは4つのエリアに別れており、それぞれでデータの意味が違ってきます。

オープンオーダーの場合は、「指値」と「逆指値が」がどれくらい注文されているのかを、ビジュアル的にわかりやすく配置しているのです。 

 

反映されているデータは、直近24時間のOANDAトレーダーのオーダーになるので、信憑性の高い情報で、正確な取引の手助けになる、なんて素晴らしいツールなんでしょう!

 

無料版のオープンオーダーを活用しているトレーダーも多く、ほとんどの人は次のような使い方をします。

 

  1. 指値が多いデータをピックアップ
  2. サポートされている可能性が高いので抵抗される
  3. その付近では必ず反発がある
  4. 反発後そのラインを突き抜けると一気に相場が動く

 

こんな感じに、上手なFXトレーダーは予想をするんです。

 

それ以外にも、逆指値の考え方もありますが、そちらはこちらの記事からご確認ください。

 

OANDAのオープンポジションって何だっけ?

オープンポジションとは、OANDAグループの顧客が保有しているポジションの状況を示したデータになります。

 

直近24時間のポジションに対しての割合をグラフで表示しているのです。

下の図を見てみましょう。

f:id:shimotenman:20190309210007p:plain

 

上の図は現在、どの価格水準に売買別にどのくらいのポジションが構築されているか、オープンポジションでグラフチェックできます。

 

見方は非常にシンプルで、緑のラインが現在の為替相場青が損しているポジションの所持者の数オレンジ色が含み益を持っているポジションの数です。

 

このグラフから、買いポジションが有利なのか?売りポジションが有利なのかを推測し、今後の相場の流れを予想することになります。

 

OANDAのオープンポジションに関して詳しく知りたい方は、以前記事をご参照ください。

 

知ってる人10%未満!?無料版OANDAオーダーブックは3つの点で損

f:id:shimotenman:20190310000905j:plain

さて、本題に入りたいと思います。

 

実はですね、無料版OANDAのオーダーブックは公式版と比べると3つの点で損をしているのです。

 

私調べになりますが、友人10人に聞いたら1人しか「無料版」と「公式版」の違いがわかっていませんでした。

 

わかっていない=知らずのうちに損している」ということになるので、今日は是非損をしている内容を知って帰ってくださいね。

 

それでは次の項目から、3つに分けてご紹介します。

1.オーダーブックの更新頻度が違う

OANDAのオーダーブックを使っている皆さん!

どれくらいの頻度で、オープンオーダーとオープンポジションが更新されているか言えますか?

 

もし言えないあなたは、いつのデータかわからずに使っていることになりますよ!

これって、冷静に考えたらすごーく危険なことではないですか?

もしかしたら、かなり古いデータだったら使い物にならないので...。

 

答えは次のようになります。

  • 無料版オーダーブック:30分に1回更新(00分、30分)
  • 公式版オーダーブック:最短5分に1回更新

 

「え!こんなに違うの!?」

そう思ったあなた!これまでそれを知らずにトレードしていて、大きな損失を抱えなくてよかったですね!

 

トレーダーの方ならどなたでも、情報鮮度の重要性は熟知しているはずです。

いかに重要な情報でも、10分後にはゴミ同然の価値しか無くなる時もあります。

そんな水物の情報が、30分に1回しか更新されない恐怖、あなたならわかるはずです!

 

もし、無料版のOANDAオーダーブックを使う場合は、30分遅れた情報が更新されていると知っておきましょう。

 

2.表示されるデータがリアルタイムじゃない

先ほど、無料版のOANDAオーダーブックは30分ごとにしか更新されないと話をしました。

 

実はもう1つ大きな「」があるのです...。

 

それは、

「表示されるデータは30分前」

なのです。

 

つまり、更新されるのは30分おきで、表示されいている情報は30分も前のものなんですよ!

見たタイミングによっては、1時間も前のデータを見る羽目になります。

 

これって冷静に考えなくても、かならいやばい状況ですよね!

1時間も前の情報で、この後の為替相場を予想する必要があるんですから...。

 

もし、無料版のOANDAオーダーブックを使う場合は、最長で1時間近く前の情報が表示されることを覚えておきましょう!

 

3.MT4と連携ができない

最後になりますが、FXトレードツールMT4に無料版は連携することができません。

 

MT4を使っていない人には関係ない話ですが、次の画像のようにMT4と併用してOANDAオーダーブックを使用できます。

f:id:shimotenman:20190309223048p:plain

 

こんな感じに、わざわざOANDAオーダーブックと、トレード画面を行ったり来たりしなくても、一目でわかる優れものなんです。

 

無料版ではこの機能を使うことができないので、MT4を使っている人は損をしているってことですね。

 

公式版OANDAオーダーブックには2種類タイプが存在する

f:id:shimotenman:20190310000858j:plain

最後になりますが、先ほどから紹介している公式版OANDAオーダーブックには2種類のタイプが存在します。

 

タイプによっては、機能が変わってくるので次の項目からどのよな部分が違うのか紹介をしていきます。

 

2つのタイプは、性能の差はあれど「無料版」よりかは数段扱いやすいものなので、楽しみにしてくださいね。

 

「スタンダード版」と「プレミアム版」

先ほど話した2種類のタイプとは、「スタンダード版」と「プレミアム版」に分かれます。

 

これらは、OANDAに口座を持っていれば使用することができるのですが、「プレミアム版」を使用するには1つ条件があります。

 

それは、

「前月の取引がUSD50万以上必要」

です!

 

この条件さえ満たせれば、次の月からは「プレミアム版」のOANDAオーダーブックを使用できる。

「プレミアム」と名前がついているのだから、「スタンダード版」よりも機能が優れているのです。

 

では、どういった点で「プレミアム版」が「スタンダード版」よりも優れているのかを次に解説します。

 

更新頻度に5倍の差がある

「無料版」の場合は「60分間に2回」オーダーブックの更新があります。

 

「公式版」つまりは、「スタンダード版」と「プレミアム版」でもそれぞれ更新頻度が違うのです。

 

  • スタンダード版:20分間に1回更新(00分、20分、40分)
  • プレミアム版:5分に1回更新(00分、05分、10分、15分、20分、25分、30分、35分、40分、45分、55分、)

 

そうです!

スタンダート版よりもプレミアム版の方が、5倍も更新頻度が高いのです!

 

スタンダート版とプレミアム版の大きな違いは、この更新頻度の違いと言っても過言ではありません。

 

リアルアイム更新は同じ

スタンダート版とプレミアム版では、更新頻度に違いはありますが表示されるデータは最新の数値になります。

 

「無料版」は更新された時間より30分前の数値が表示されますが、「スタンダード版」「プレミアム版」共に更新時間のリアルタイムなデータが表示されます。

 

まとめ

f:id:shimotenman:20190310000902j:plain

OANDAのオーダーブックはプロのトレーダーも使うくらい優秀なツールです。

 

それだけ優秀なツールでも、オーダーブック自体の仕様を正確に知っておかないと、相場の予想をすることができません。

 

もし、この記事を読んで「自分は間違ったOANDAオーダーブックの使い方をしていた」と思ったのなら、今からでも使い方を見直してください。

 

そしてより正確な「OANDAのオーダーブック」を使いたいのであれば、OANDAで口座を解説すれば誰でも無料で使うことができます。

 

下のOANDAジャパンで口座開設をしていれば、データがリアルタイムに反映されます。

 

それ以外にも、国内では珍しい世界で一番使われているトレードツール「MT4」も使えます。

 

口座開設は無料なので、興味がる方は下記から口座開設して見てはどうでしょうか?