ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

MENU

本気で副業から専業FXトレーダーになりたい人が覚悟する5つのこと

本気で副業から専業FXトレーダーになりたい人が覚悟する5つのこと

「今の会社を辞めて専業のFXトレーダーとして生活する!」

もし今こんな考えをしている人がいるのなら、一度踏みとどまってください。

皆様は専業FXトレーダーになるということが、「どれだけリスクが高いのか」完全に把握していない可能性があります。

 

「副業」と「専業」ではFXトレードに求められるものが全く違います。

環境がガラッと変わるので、副業で利益を上げてても、専業になると稼げなくなるトレーダーをたくさん見てきました。

 

そこで今回この記事では、「本気で副業から専業FXトレーダーになりたい人が覚悟する5つのこと」を紹介します。

さらに、本気で専業FXトレーダーを目指している人に勧める「成功するためのルール」も合わせて公開します。

今現在、専業でFXトレーダーになろうと考えている人は、この記事を読んでから今一度再考して後悔のないようにしてください。

本気で副業から専業FXトレーダーになりたい人が覚悟する5つのこと

f:id:shimotenman:20190326165911j:plain

副業から専業FXトレーダーになるには、色々と環境が変わるのはわかりますよね。

ただ、どのような環境が変わるのか、そして専業トレーダーになったら覚悟をしなければならない点がいくつか出てきます。

華やかな舞台でありそうな専業FXトレーダーですが、全くそんなことはないんです。

それを知らずに副業から専業FXトレーダーになり、挫折する人を多くみてきました。

 

これから話す内容は、「本気で副業から専業FXトレーダーになりたい人が覚悟する5つのこと」になるのでこれから専業を目指す人は参考にしてください。

 

副業から専業FXトレーダーになるためには「為替のテクニックを勉強」してから

副業から専業FXトレーダーになるためには、「為替の勉強」を十分に行っておく必要があります。

例えば、

  • ファンダメンタル分析
  • テクニカル分析
  • 専業トレーダーの税金の納め方

少なくともこの様なことは頭の中に叩き込んでおかなければなりません。

 

理由は単純で、「ファンダメンタル分析と「テクニカル分析」を熟知しておかなければ、FXトレードの機会を損失する可能性があります。

ご存知の通り、FXトレードはタイミングが命です。

咄嗟の判断で利益や損失が決まると言って過言ではありません。

そのためには、いちいち「本を見ながら分析」をしている様では機会を損じます。

 

特に専業の場合は「社会人としての約束された収入」が保証されないので、「FXトレードの機会を損じる=収入が減る」と言い換えられます。

 副業から専業になると言うことは、FXトレードのプロになると言うこと

あらゆる投資のチャンスを逃さないためにも、副業から専業FXトレーダーになる前に「為替」の勉強は行っておきましょう。

 

副業から専業FXトレーダーになるためには「自己メンタル管理」は必要不可欠

FXトレードで儲けるために重要になるのは、「メンタル管理です。

副業FXトレーダーが損失を出す大半の理由はメンタル!原因と改善を大公開!」こちらの記事で理由は話をしましたが、「副業」でも「専業」でも必須なスキルになるのは変わりありません。

 

しかし、「副業」と「専業」で圧倒的に違う点があります。

それは「メンタルの負荷」が専業FXトレーダーの方が圧倒的に重くのしかかるのです。

副業でFXトレードしている時よりも、数段重くのしかかります。

 

理由としては「必ず入る収入が無い」ことが原因です。

みなさんが副業でFXトレードをするとき、仮に大きな損失を抱えたとしても「本業の収入」があるため、メンタルは揺さぶられますが心の底で「収入が担保される」ことへの安心感があります。

ですが専業FXトレーダーの場合はそれが一切ありません。

 

つまり、専業トレーダーの場合副業と違って、1つのトレードが「今月暮らしていけるかどうか左右」することになります。

専業FXトレーダーになると言うこと、毎日そんな重圧と戦いながら取引をすることなんです。

そんな中で果たして、毎日自分の取引ルールを守るだけのメンタルを保つことができるでしょうか?


専業でFXトレーダーになると言うことは、「収入の基盤」と「後ろ盾」が無くなると言う事。

極端な話になりますが、トレード1つ1つが明日の生き死にを決めると言っても過言では無いので、その覚悟で臨みましょう。

 

副業から専業FXトレーダーになると「周りの目が変わる」

副業から専業FXトレーダーになって覚悟しなければならないのは、あなたのことを「社会人」として見ない人が増えることです。

簡単に言うと、フリーターのような社会に貢献していないような人として扱われます。

 

これには色々と理由がありますが、「やっかみ」からくることがほとんど。

誰しも、「楽して大金を動かしたい」「人間関係のストレスが無い」、「遊んでくらいしてる」こんな感じで自分達に無いものを持っている、羨ましいと言うやっかみか専業トレーダーを攻撃してきます。

 

もしくは、「お金目当てで近づいてくる」人が増えることでしょう。

四方八方から言われないのいことを言われ、FXトレードとは関係の無いところでメンタルをすり減らす可能性があります。

 

実際、専業FXトレーダーは「大きな損失を出すかもしれない恐怖」「常にチャートを意識しなければならないストレス」と言う問題を抱えながら取引をします。

そんなことを知らずに、周りの人は専業トレーダーに対して「誹謗中傷」をしてくる輩が増えるのは確実なので、覚悟をしておいてください。

 

副業から専業FXトレーダーになると不規則な生活で「健康を害する」

これは全ての専業トレーダーに当てはまることではありませんが、「深夜」の取引が増えることとなります。

例えばメジャーな通貨、「ユーロ」や「米ドル」等の経済指標発表は夜中になることがほとんど。

専業トレーダーはこのようなイベントを逃すわけにはいきません。

 

深夜のトレードが増えると言うことは、副業の頃に比べると「不規則な生活」が増えるわけです。

それはつまり、あなたの体調に悪影響を与えること間違いありません。

若いうちはいいかもしれませんが、歳を重ねるごとに概日リズムから外れた生活をすると体調を崩しやすくなります。

 

さらに、深夜までずっとパソコンに向かってFXトレードをしていると、「目」や「体」が凝るようになり、それも健康を害する要因となります。

副業の頃より健康を意識しないと、継続して専業トレーダーを続けることができないので、覚悟が必要になります。

 

副業から専業FXトレーダーになると「取引スタイル」が変わる

副業の場合は限られた時間でFXトレードをしなければなりませんが、専業になれば極端な話24時間取引が可能です。

つまり、副業の頃とは違った取引スタイルを作っていくことになります。

 

取引スタイルが変わると言うことは、今までの環境とは違ったトレード方法になる。

それが「吉と出るか凶と出るか」はやってみないとわかりません。

良くも悪くも、取引スタイルが変わることは覚悟しましょう。

 

本気で副業から専業FXトレーダーになりたい人向け2つのルール

f:id:shimotenman:20190326165908j:plain

ここまでは副業から専業FXトレーダーになる際のリスクについて話をしました。

これだけ聞くと、「俺になんか専業FXトレーダーは無理」と思うかもしれません。

 

 しかし、それでも本気で専業FXトレーダーになりたいと考える人もいるはず。

そこで最後に、専業FXトレーダーとして成功するための「2つのルール」をご紹介します。

これは専業トレーダーなら、必ず守る投資のルールになるので、参考にしてみてください。

 

副業から専業FXトレーダーになには「トレードルールを守る」こと

「副業」も「専業」も同じですがFXトレードの「ルールを守る」ことが必要不可欠です。

つまり気分でFXトレードをするなってことですね。

「自分のルールを守れない人」は、例外なく遅かれ早かれ大きな損失を出すのは、FXトレードをしている人なら常識です。

 

特に「専業FXトレーダー」を目指すのであれば「トレードルール」を守れない人は、損失が重なる。

最終的にFXトレードだけで暮らすことができなくなり、専業をし続けることができなくなります。

副業の場合は本業の収入があれば、暮らせなくなることはありませんよね。

 

そのため、専業FXトレーダーになったら副業の時以上に「トレードルール」を守るようにしてください。 

 

副業から専業FXトレーダーになには「極力リスクを避ける」こと

副業のころは本業の収入が保証されていたので、思い切ったレバレッジをかけたリスクの高いFXトレードができたかもしれません。

ここまで話を聞いた人なら、専業FXトレーダーがリスクの高い取引をしたらどうなるか、察しのいい皆様なら察しがつきますよね。

 

 

専業FXトレーダーがリスクの高い取引をしてしまったら、「取り返しのつかない損失」を出す可能性があります。

副業であれば本業の収入で埋め合わせができますが、専業の場合そうはいきません。

投資資金が減ればそれだけ収入が減る、収入が減ればリスクの高いFXトレードに手を出さなければならない。

こんな負のスパイラルに陥る可能性が非常に高いのです。

 

副業から専業FXトレーダーになる人は、負のスパイラルに陥りやすいので極力リスクを減らした取引を絶対守るルールにしましょう。

 

追伸

f:id:shimotenman:20190326165904j:plain

副業でFXトレードが成功すると、「俺は専業トレーダーで成功するのでは?」と錯覚しがちです。

人間は良い点しか目を向けない生き物、悪い点にも目を向けて専業トレーダーになら泣ければ必ず失敗をします。

今回話た専業の話を理解した上で、専業FXトレーダーになりたいのであれば向いているかもしれません。

もし、この話を聞いてリスクが大きいと感じるようなら、あなたには「専業FXトレーダー」は向いていないので「副業」として取引を楽しむようにしましょう。