ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

【検証】RSIと水平ラインで儲かる?FXトレードしてみると...

【検証】RSIと水平ラインで儲かる?FXトレードしてみると...

f:id:shimotenman:20190608114947p:plain

RSIを使ってFXトレードをしているが...

単体だけでは利益が上がらない...

何か組み合わせると良い方法ないものか?

 

FXトレードの定番インジケーターの中に「RSI」と言われるものがあります。

私はあまり使わなかったのですが、中には多用している人も多いことでしょう。

 

トレンドの転換がわかりやすい特性がありますが、

  • 利益確定のタイミング
  • 損切りのタイミング

上記のタイミングがわかりにくいと私は感じました。

 

そんな中、「FX攻略.com」さんで「RSI」と「水平ライン」の組み合わせが良い

こんな記事がありましたので、実際にそれらの組み合わせトレード手法を検証して見ました。

そこで今回この記事では、「RSI」で利益が上がらない人に試してもらいたい、「水平ライン」を活用したトレード手法の検証結果を解説します。

 

「RSI」と「水平ライン」って何?

f:id:shimotenman:20190610185720j:plain

この項目は、「RSI」と「水平ライン」を知らない人向けに解説をします。

そのため、上記2点を知っている人は、次の項目から読むことをオススメします。

 

RSIについて

大抵のFXトレードツールには、「RSI」と言うインジケーターを使用することができます。

チャート分析用のツールなのですが、ここでは最低限知っておいて欲しいことだけお話をします。

 

RSIを簡単に説明すると「ある一定期間において買いと売りの圧力どちらが強いのか?」ということを知ることができます。

文字ではあまりイメージがつかないと思うので、実際に取引画面のRSIを見て見ましょう。

f:id:shimotenman:20190617154740p:plain

通常であれば、チャートと一緒に連動して、RSIのチャートも動きます。

 

しかし、「青囲み」の部分を見てください。

線を引いていますが、一部連動しない部分がありますよね?

もしこのサインを見つけたら、「相場が反転する可能性が大きい」ということなのです。

 

どうですか?

意外と簡単に見つけられそうですよね!

しかし、RSIをこのまま使うと不便点があります。

それは、

  • 利確のタイミングがわからない
  • 損切りのタイミングがわからない

です。

 

RSIでわかるのは、あくまでも「相場が反転する前兆」です。

どこまでトレンドが続くのか、どこでまた反転するのかタイミングが掴めません。

そこで次に説明する「水平ライン」と併用することで、足りない部分を補うことができるんです。

 

水平ラインについて

水平ラインの考え方は簡単で、

  • 直近の高値が天井(跳ね返る)
  • 直近の安値が底(反発する)

この考えで問題ありません。

 

文字だけだとわかりづらいので、実際にチャートを見て感覚を掴んでください。

f:id:shimotenman:20190617155814p:plain

赤がの水平線が天井で、青の水平線は底になります。

どうですか、このラインで反発していますよね。

 

途中、底の水平線を突き抜けるところがありますが、これはトレンドの終了を注げるもので、一気に下降トレンドになりましたよね。

つまり、水平ラインを引くことにより、

  • チャートが戻りやすいライン

を知ることができます。

もちろんこれは絶対的なものではないですが、多くのFXトレーダーが意識するラインなので、当てずっぽうよりかは現実的です。

 

【検証】RSIと水平ラインを組み合わせたトレード手法

f:id:shimotenman:20190615004326j:plain

それでは先ほど紹介した、「RSI」と「水平ライン」を組み合わせてトレード手法に取り入れて見ましょう。

  • 利益確定のタイミング
  • 損切りのタイミング

この2つについて見ていきます。

 

利益確定のタイミング

利益確定のタイミングはいたってシンプル。

RSIと実際のチャートで連動しない部分が現れたら、利益確定のタイミングになります。

それでは手順を解説していきます。

 

  1. RSIのチャートと実際のチャートで連動しない部分を見つける
  2. 直近の水平ラインを引いて直近の水平ラインを割ったらエントリー
  3. もう一度RSIとチャートが連動しないポイントが出たら利益確定

これだけで問題ありません。

 

実際の相場で見て見ましょう。

f:id:shimotenman:20190617163653p:plain

まず、RSIと実際の相場で連動しない部分を見つけます。

そしたらその区間の高値に水平ラインを引きます(上図では赤いライン)

このラインを突破したら、買い入ります。

まずこの流れが、エントリーまでのトレード方法です。

 

f:id:shimotenman:20190617163655p:plain

続いてエントリー後の利確のタイミングです。

利益確定のタイミングは、再び「RSIと相場のチャートが一致しない」タイミングになります。

シグナルが出た場合、また相場のトレンドが変わる可能性があるため、利益確保のためにもここで決済します。

 

損切りのタイミング

上図のように、うまい具合に利益確定できればいいのですが、含み損を抱えてしまう可能性があります。

その場合、どこかのラインで「損切り」をしないといけません。

 

人によって色々と損切りのルールはあると思いますが、「RSI」と「水平ライン」を組み合わせたFXトレードでは、次のような損切りが推奨されています。

f:id:shimotenman:20190617171429p:plain

上の図で注目して欲しいのは、水平に引かれた青色のラインです。

こお青色のラインは、直近の最安値で単純に引いただけ。

このラインを下回ったら損切りをすると言うルールで十分ですね。

 

もっと複雑に損切りのルールを作ってもいいのですが、わずかな時間で判断しやすいようにこの方法では単純化しています。

 

【感想】RSIと水平ラインを使ったトレード

f:id:shimotenman:20190615004334j:plain

以上が使い方になりますが、使って見た感想をまとめます。

  • 利益確定と損切りのタイミングがわかりやすい
  • 比較的成功率が高め
  • 慣れるまでRSIとチャートの連動しない部分を見つけるのが難しい

個人的な感想になりますが、こんな感じですかね。

 

今回紹介した内容を見てもらえればわかる通り、エントリーのタイミングの「RSI」のズレがわかりやすく出現しないので、よーくチャートを見ないと見落とします。

そのため、「パッと見でトレードする人」には向いていないかもしれませんね。

 

私は今回5分足で試して見たのですが、よく見ると頻繁にこのズレは出ていました。

f:id:shimotenman:20190617173202p:plain

青丸囲みの部分が該当の部分ですね。

正直目を凝らさないとわかりませんでした。

 

試しに1H足でもチャレンジして見ましたが、できなくはありませんが「かなり時間的拘束」が発生するため、短期売買をする人には1H足との組み合わせは向かないですね。

そのため結論は、「5分足」で「RSIと水平ライン」の組み合わせが一番いいって感じです。

 

追伸

f:id:shimotenman:20190615113002j:plain

冒頭でも話した通り、全ての人に受け入れられるFXトレード手法はありません。

今回の「RSI」と「水平ライン」を組み合わせた方法では、

  • 直感的にFXトレードをする人
  • チャートを目を凝らして見ない人
  • 中長期トレードをする人

には向かない方法だと個人的には思います。

 

ただ、上記に当てはまらない人「向いている」可能性はあるので、デモ環境でも良いので興味ある人は試し見てください。

自分に適したFXトレード手法は、色々と試して見ないと発見することができません。

今回の記事が、皆様に適したトレード手法発見のお役に立てたのなら幸いです。