ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

「+αの収入で余裕のある生活」副業でFXをする社会人が増加する訳

「+αの収入で余裕のある生活」副業でFXをする社会人が増加する訳

どうも!テンマンです!

 

「普段と違ったワンランク上の生活がしたい!」

こんな思い出働いている社会人は多いはずです。

ただ、思っているだけで実際会社の給料は上がらず、ボーナスもあまり貰えない。

こんなお悩みが多いことでしょう。

 

これらの悩みを解決するには、

  1. +αの収入を作る
  2. 給料が上がるのを待つ

普通はこのいずれかしかありません。

 

さぁ皆さんならどちらを選びますか?

ほとんどの人は「2」を選ぶことでしょう。

さて、会社の給料が上がる「期間は?」そして「金額は?」

これを考えると自分が望む収入に達さないことは誰が考えてもわかること。

 

なら選ぶは「1」の+αの収入を作ることしかありません。

つまり副業ってことですね!

しかし、答えは出ている、なのに行動をしない人が多いのが現実。

 

そこで今回私は「副業したいけど二の足を踏んでいる社会人」に向けた「FX」について解説をします。

FXって良く分からない人向けにまとめたので、ピンときたら副業として考えてもいいでしょう。

 

 

平日24時間取引が可能なので社会人の副業として人気

f:id:shimotenman:20190121234857j:plain

社会人が副業をすると、「時間」や「場所」、そして「知識」に縛られてしまいます。

例えば、「転売業」であれば注文と発送ををする「時間」、物を保管する「場所」が必要ですよね。

システムを売買するならば、まとまった制作「時間」と専門的な「知識」が必要です。

 

つまり、世に溢れかえっているように見える副業ですが、社会人にとっては縛りが大きく、できることは限られてしまう。

そこでオススメできるのは、1日中「場所」や「時間」を気にしないで取引ができる「FX」なのです!

 

社会人であれば当然通勤時間がありますよね?

わずかな時間帯でも市場は動いているので、FXで取引することができます。

会社の昼休憩やちょっとした休みの時間でももちろん可能です!

つまり、隙間時間を有効活用できるのがFXの強みになります。

 

社会人FXの本番は「」からで、通貨にもよりますが「アメリカドル」や「ユーロ」が一番値動きするのが、仕事を終わった後の「20:00~00:00」間が非常に値動きが激しくなります。

つまり、儲けられるタイミングが「仕事終わりに来る」ってことなんです!

社会人にFXが人気な理由が、仕事の隙間や前後にできることが1番の理由なんですね(*´∀`*) 

 

面倒な手続きは全部FX会社が行うので初心者でもトレードできる

f:id:shimotenman:20190117181132j:plain

通常FXトレードをしようとすると、仲介業者を介する事になります。

よくCMをやっているのは、「DMM FX」とか仲介業者のようなものですね。

 

仲介業者なので「手数料」を取られてしまいますが、その分しっかりと働いてくれるので、初心者の社会人トレーダーの方でも安心できます。

仲介業者の1番のしごとは、FXトレードを正常に取引してくれる事です!

 

え!何を当たり前のことを言ってるのかって!?

実は通常為替取引というのは、「金融機関の間」でしか行うことができないんです。

その金融機関同士の取引場所を「インターバンク市場」と言われ、第三者の介入がされないのです。

 

個人がFXを行うには、何かしらの手段を取って、インターバンク市場に介入しなければなりません。

その介入を仲介してくれるのが、FX会社になるのです。

FX会社はあなたが注文したオーダーを金融機関に報告、そして注文を受けた金融機関がインターバンク市場でトレードをしてくれるんですね。 

 

儲かりやすいタイミングが素人でもわかりやすい

f:id:shimotenman:20190117181128j:plain

先ほども話しましたが、一番値動きが激しくなる時間帯は、「社会人が仕事を終わった後」の「8:00~0:00」が一番激アツなゴールデンタイムです!

短い時間で利益を上げたいのであれば、この時間帯を逃すわけには行きませんね。

 

副業で人気なものに「株」がありますが、「AM9:00~PM3:00」までしか取引できないので、普通のサラリーマンであれば市場に参加することができない。

しかし、FXでは24時間取引可能なので、そんな縛りを受けることなく自由に取引が可能なのでいいですね。

 

ちょっと専門的なことを言うと、扱う通貨によっては少し値動きが激しくなるタイミングが変わります。

為替の相場大きく分けて「東京市場」「ロンドン市場」、そして「ニューヨーク市場」で分類可能です。

下には簡単ですが、為替素人でもわかりやすいように、通貨別の特徴をまとめました。

 

最初に為替が動くのは「東京市場」

1日のうちで最初に為替相場が動くのは、「東京市場」になります。

東京市場と聞くと株をが浮かんだりしませんか?

それは正しくて、上記で説明した「AM9:00~PM3:00」が為替相場でもゴールデンタイムの一つです。

 

 

この時間帯の為替相場は、株式相場に吊られる傾向が強くて、株が動けば為替も動くことで有名です。

ただ、この時間帯は社会人にとっては手が出しづらい時間帯でもありますね。

なぜなら、社会人として「仕事」をしているから !

 

この時間帯で為替相場に参入するのであれば、

  • 出勤前に為替相場の予想をする
  • 昼休憩中に午前の値動きから午後の予想をする
  • トイレ休憩等で為替相場をチェックしながらトレード

このいずれかの方法で取引をすることになりますね。

 

筆者的にはあまり東京市場での取引はオススメしません。

本業がおろそかになる可能性もあるので、次に説明する「ロンドン市場」や「ニューヨーク時間」で取引をした方がメンタル的に楽です。

 

退社後の取引に向いている「ロンドン市場」

ロンドン市場は「17:00~翌AM1:00」の間になります。

つまり、通常の社会人が帰宅するタイミングに動き出す市場ということ。

そう!皆さんに向いている市場の一つなんです。

 

私がオススメしたいのは、「家に帰る前に喫茶店等で取引をする」こと。

帰宅中の電車等で売買をしてもいいのですが、満員電車だったり眠かったりすると、とても集中して為替の予想や売買ができない

それならば、帰る前に喫茶店等の集中できる場所で、FXトレードした方が帰宅中の電車内でも別のことができ、時間を無駄にすることがない。

 

喫茶店の代金が勿体無いと言う人もいますが、そんなのFXトレードで回収することも可能です。

むしろマイナスなのは、集中することができない帰りの電車等で、間違ったトレードで損失を出すこと。

FXで重要なことなのは、「集中して正常な判断」をすること。

そのためにも、帰宅前に集中できる場所で売買をしましょう。

 

帰宅したらメインイベント「ニューヨーク市場」が待っている

為替取引のメインイベントは、「ニューヨーク市場」なのはトレーダーの中では常識です。

何故なら、アメリカドルは世界で一番流通量が多い通貨、それが動くと言うことは世界の通貨が動くことを意味します。

その時間帯は、社会人の皆さんが帰った「23:30~翌朝6:00」なのです!

 

会社から帰宅し、ご飯を食べてお風呂に入り一息つく頃には、「ニューヨーク市場」が開始となる。

ほとんどの社会人トレーダーには、

  • 退社→ロンドン市場→帰宅→休憩→ニューヨーク市場

こんな流れが向いている。

 

筆者もこの流れで、社会人をしながらFXトレードに興じているんです。

ニューヨーク時間は一番為替相場が動く時間帯なので、ロンドン市場に参入しなくても十分このゴールデンタイムで十分な収益をあげれます。

 

社会人はニューヨーク市場を見据えたFXトレードがオススメ

f:id:shimotenman:20190121234752j:plain

結論から言うと、社会人で副業のFXをするのならば「ニューヨーク市場」に焦点を当てて動くべきです。

 

先ほど紹介した「東京市場」は論外ですが、「ロンドン市場」もそれほど重要視する必要はありません。

時間がなく慌ててロンドン市場に参入して失敗するよりは、ちゃんと下準備をしてニューヨーク市場で取引した方が、最終的には利益が上がる可能性が上がる。

 

特にニューヨーク時間である23時前後は「大きなイベント」が多いので、値動きがお祭り騒ぎになることもしばしば。

このタイミングを掴めば、本業よりも多くの副業利益を得れる可能性もあるので、是非ともチャンスを逃さないようにしてください!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

FXトレードが社会人に人気な理由がわかったのでは?

  • 時間
  • 場所
  • 知識
  • 資金

上記を持っていない社会人であっても、収入が得られるのがFXの強みです。

 

私のようにブログで収益化を測ろうとすると、まとまった時間とライティングの能力が必要になりますが、FXは知識がなくても収益を上げれる。

本業の会社では大きな昇給が見込めない

そんな人は是非とも、現状の収入に満足できない人は、FXを副業として検討してみてください。