社会人の副業で注目!「スワップ投資」で放置するだけで毎日収益化

中長期トレード

FXを始めたばかりの時は、どんなトレードスタイルにしたらいいのかわからない!

どうせFXをするのであれば、楽をして儲けたいと考える初心者トレーダーも多いはず。

もし、そんな楽をして稼げるようなトレードがあったら、知りたくはありませんか?

実は、「スワップ投資」を使えば、毎日何もしなくても利益が舞い込んでくるんです!

これってすごくないですか!?!?

このスワップ投資なのですが、最近ではサラリーマン等の社会人の間で密かな人気で、チャートを見なくても儲けられる副業として注目を集めています。

そこで今回この記事では、「社会人の副業で注目!「スワップ投資」で放置するだけで毎日収益化」についてまとめました。

スワップ投資は初心者でも大丈夫なの?

f:id:shimotenman:20190424192713j:plain

そもそもスワップ投資とはなんなのか!

FXトレードスタイルの一つで、「通貨間の金利差を利用」した取引になります。

簡単に言うと、あなたがお金を持っていても金利ははいりませんよね?

だけど「銀行にお金を預ける」ことで、年間に僅かですが金利分を貰えます。

これを通貨と通貨で行なっているのが、「スワップ投資」と言われるトレードです。

一般的にスワップ投資をする場合は、長期トレードに分類をされます。

書いて字のごとく、数ヶ月から年単位でポジションを保有し、利益を上げようとするのが長期トレードです。

つまり、ポジションを持ってからはずっと放置状態にするってことですね!

短期売買のように、複雑なテクニカル分析をする必要もないし、毎日必死になってチャートに張り付く必要がありません

そのため、時間の無い社会人が副業として取りれているのです。

もちろん初心者向けってのもありますけどね。

  • 短期売買は中級者、もしくは上級ベテラントレーダー向け
  • 長期売買は初心者〜上級者まで幅広く対応

初心者のうちから短期売買をしてもいいのですが、長期トレードよりも「リスク」が増大するので、取引時間を確保できない社会人にとっては現実的とは言いづらいです。

スワップ投資ってどんな取引?

f:id:shimotenman:20190424192716j:plain

スワップ投資のことを簡単に説明させていただきます。

先ほども話した通り、スワップ投資は長期トレードの分類になるので、「数ヶ月〜数年」の相場を見越してトレード計画を立てます。

初めてスワップ投資をやろうとしている人、きっとどうしてもそんな長時間待たないといけないのか疑問ではありませんか?

答えは簡単で、長時間待たないと「まとまった利益が上がらない」からなのです。

スワップ投資では毎日利益が上がりますが、取引量によっては「1日数円から数百円程度」くらいしか収入がありません。

つまり、長時間ポジションを保有することで、数千円〜数万円の利益をあげれるのです。

投資の世界では当たり前ですが、スワップ投資は「ローリスクローリターン」、短期売買は「ハイリスクハイリターン」です。

まとまった時間が取れ、多少リスクを良しとするのであれば短期売買の方がいいでしょう。

私がオススメしたいのは、短期売買や長期売買どちらの取引をするにしても、一度長期トレードをするべきだということ!

なぜなら、初心者のうちに短期売買をすると、利益を上げることはできるがそれ以上に損失を出すことがほとんど。

相場の流れを知らないで短期売買をするのは危険なので、一度ローリスクな長期売買を行なって相場を読み取る力を鍛え、それから短期トレードに移行するべきだと思います。

スワップ投資で初心者が良くする失敗2選

f:id:shimotenman:20190424192719j:plain

先ほどまではいい話しかしませんでしたが、実はスワップ投資にデメリットもあります。

今から2つの失敗例について話をするので、もしこれからスワップ投資をして見たいと考えている人は、同じ轍を踏まないように注意してください!

スワップの利益以上に損失を出すケース

スワップ投資で毎日金利が手元に入るのならば、損することなんて絶対ないじゃん!

もしこう言う考えをスワップ投資に持っているのならばかなり危険。

なぜなら、スワップ以上に損失を出す可能性があるからなのです。

FXの原則は、「安い時に買って高い時に売る(逆も然り)」ですよね。

つまり、いくら毎日スワップ利益があったとしても、「高い時に買って値幅が下降気味なら含み損を抱える」こととなります。

しかも、毎日得たスワップ以上の含み損であれば、実質マイナスです。

ただこう言う人もいるはず。

含み損があってもいずれ値が戻ってくるはず!

確かにこれは一理あります。

よほどのことがない限り、時間が経てば値が戻ってくるでしょう。

ただそれが、明日?1ヶ月後?一年後?それとも10年後?

わからないですねよねそんなこと!

その間取引ができなくなる可能性も考えると、トレードチャンスを逃すことになります。

それ以外にも、あまりにも含み損が進んでしまうと「ロスカット」の危険性もあるのです。

どちらにしろ、スワップ利益が入るからずっと放置でいいや!

こんな考えはとても危険なのを理解しておきましょう。

通貨選びがスワップ投資では最重要

スワップ投資の基本は「金利の低い通貨で金利の高い通貨を買う」ことにあります。

つまり、「通貨間の金利差があればあるほど毎日貰えるスワップは大きい」ってこと。

この基本を念頭におくと、「金利の高い通貨」を選べばいいんじゃないか!

こう言う発想になるのは至極当然のことですね。

確かにこの考え方は間違っていません。

ただしリスクもあることは理解してください。

そのリスクと言うのは、「金利が変動」することです。

通貨の金利なんて変動するの!?

こんな疑問は最もですが、基本的にホイホイと通貨の金利は変動しません。

ただ、絶対に金利が変動しないと言うこともないのです。

通貨の金利を決定しているのは、それぞれの国の中央銀行です。

その国の経営方針次第で、中央銀行が金利を上げたり下げたりします。

つまり、その国の経営状況を見れば、金利を変動させるのかがうっすらと見えるのです。

最悪の場合は、金利差がマイナスになってしまい、ポジションを持っているだけで毎日スワップを逆に支払わないと行けない可能性も出る。

毎日経済ニュースにアンテナを張っておかないと、「金になる通貨が金を払う通貨」に早変わりすることもあるので覚えておきましょう。

それ以外にも、「金利の高い通貨」は相場の値動きが激しい場合がほとんどです。

いくらスワップが高くても、チャートの値動きが激しければ含み損が増大する恐れも。

スワップが高い通貨の国は新興国が多く、時には内戦等で争いが絶えない時も。

そうなると相場は荒れに荒れて、とてもじゃないが取引なんてできる状態ではなくなります。

まとめ

f:id:shimotenman:20190424192722j:plain

以上、最近社会人に人気なスワップ投資の実態でした。

確かにスワップ投資はポジションを持っているだけで「毎日収益化」することができる。

頻繁にチャートを見続ける必要もないので、社会人の副業には向いているでしょう。

ただし、「チャートを見なくていいと言うことではない」。

定期的にメンテナンスをかけて、適切に運用されているかどうかはチェックする必要があるのです。

初心者に向いているFXトレードなのは確かなので、為替取引に興味がある人は是非ともチャレンジして見てください。

コメント