ゼロサラFX|ゼロから始めるサラリーマンFX

サラリーマンが副業でFXをゼロから始めるためのブログです。初心者FXトレーダーでも、副業として儲けられるようなFX会社やトレード方法を、随時更新しております。

FXトレードスタイルの見つけ方は「私生活」を崩さない事が一番

FXトレードスタイルの見つけ方は「私生活」を崩さない事が一番

f:id:shimotenman:20190608114947p:plain

今のトレードスタイルを維持するのがキツイ...

でも効率的に稼ぐには、今のトレードスタイルが一番だと思うが変えた方がいいのかな?

 

私は以前このようなツイートをしました。

私は5年以上副業でFXを続けましたが、トレードスタイルをコロコロと変えてました。

色々経験した結果、私は「スイングトレード」が向いていることに気づいたのです。

 

初めに言っておきますが、スイングトレードは自分に向いていただけで、他の人に向いているとは限りません。

ただ、一つ言えることは「自分の私生活に影響を与えない(もしくは最小限の影響)トレードスタイルを選ばないと、最終的に損をします。

 

そこで今回この記事では、初心者向けにトレードスタイルの選び方を「私の実例」を交えて解説をします。

 

私に向いた最高のトレードスタイルはスイングトレード

f:id:shimotenman:20190621163702j:plain

先に私のFXトレードスタイルを話すと、「スイングトレード」が向いていました

まず、私の基本的な平日の日常をご紹介します。

  • 仕事は朝9時から
  • プログラミングの仕事のため一日中パソコンに張り付いている
  • お昼は12時から13時の間
  • 定時は18時だが残業で20時くらいまでは残っている
  • 帰宅して21時くらい
  • 就寝時間は夜の1時くらい
  • 起きるのは朝の7時30分くらい

平日の月曜〜金曜はだいたいこんな生活をしています。

 

さて、問題なのはこの時間で「いつ」FXトレードをするかです。

私は仕事柄、ずっとパソコンに張り付いているので、いつでもFXトレードしようと思えばできます。

ただ、本業をおろそかにしたくないのと、プログラマーならわかると思いますが、一度パソコンに張り付くとかなり集中するので、あまりFXトレードに意識がいかないのが実情でした。

 

結論から言って、私のFXトレードできる時間帯は

  • 起床した7時30分から仕事の始まる前まで
  • お昼休み中
  • 仕事で集中力が切れた時間帯
  • 仕事終わりから夜中の1時くらいまでは

このタイミングしかチャンスがありません。

私は仕事中もやろうと思えばFXトレードできるので、結構恵まれている方ですが、私の性格上プログラミングの仕事に集中すると他に手が回らなくなるので、ほとんどしていません。

 

そうなると、私に向いているFXトレードスタイルは「数日かけて取引をするスイングトレード」が向いている結果になりました。

もちろん、デイトレードやスキャルピングトレードもやろうと思えばできますが、かなり私生活を変える必要があるので挫折しました。

 

次の項目では、「今、自分のトレードスタイルに迷走している人向け」に私が検討したトレードスタイルを公開します。

私には向いていないトレードスタイルでしたが、他の人には向いているかもしれませんので、是非参考にしてみてください。

 

FXトレードスタイルは大きく分けて2種類

f:id:shimotenman:20190621163704j:plain

FXをする上でトレードをしますが、「手動」か「自動」取引のいずれかを選ぶことができます。

大きく分けるとこの2つからトレードスタイルを選ぶこととなりますが、それらを細分化して細かくみていきたいと思います。

 

「手動」のFXトレードスタイルは大きく分けて4つ存在

手動のFXトレードスタイルは大きく分けて4つです。

  • スキャルピングトレード
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • 長期トレード

 

◯スキャルピングトレード

超ど短期のトレード方法です。短い時間(数時間)に集中して、チャンスがあればトレードをするスタイルになります。そのため、わずかなチャンスも逃すことができないので、数時間はパソコンに張り付いていないといけない。短い時間で決着ができる反面、集中力やとっさの判断力が必要となるため、中上級者向けのトレードスタイルです。

 

◯デイトレード

1日以内に決済をするトレード方法です。スキャルピングトレードほど集中力を必要とせず、まったり半日〜1日かけて取引するイメージです。そのため、とっさの判断力は必要とされないですが、数時間後の未来を予想する分析能力が必要となります。時間をおいて取引が可能なので、そんなにチャートを見なくても取引できるメリットがあります。普通のサラリーマンにに向いているトレード方法と言えましょう

 

◯スイングトレード

1日〜数週間を意識したトレード方法です。つまり、注文をしてからしばらく放置しておくって事ですね。注文の時に値動きを予想して「損切り」や「利確」の注文をして起き、ひたすら待つスタイルになります。私は私生活を考えると、このトレードスタイルが合ってました。短期間に利益が上がらないので、爆発的に資金を増やすことはできませんが、時間がない人にはピッタリなトレード方法です。

 

◯長期トレード

スイングトレード以上の期間ポジションを保有するのが長期トレードです。だいたい数週間から年単位がこれに該当しますね。多くは「スワップポイント狙い」が重ですが、本当に時間がないサラリーマンには向いているトレード方法です。ロスカット程度にならないレベルで取引をすることが重要です。注意が必要なのは、放置しすぎて大きな下落でロスカットになることなので、一定間隔でチャートを見る必要があります。

 

「自動」のFXトレードスタイルは大きく分けて2つ存在

自動のFXトレードスタイルは大きく分けて2つです。

  • リピート型
  • ストラテジー型

 

◯リピート型

→ある注文を繰り返し自動化してくれるタイプの自動売買をリピート型と言います。単純に下がったら買い、上がったら売る、こんな取引を決まった規則で行ってくれます。拮抗した相場では有用ですが、トレンド相場になるとひたすら損失を重ねる可能性があるので注意が必要です。初心者でも簡単な自動売買を使って見たい人にオススメ。

 

◯ストラテジー型

→過去トレーダーが作った自動売買プログラムを使うタイプがストラテジー型です。リピート型と違い、複雑なプログラムになっており、世界中の開発者が作り上げたものを使うことができる。有料と無料があるが、自分で作ることもできますが、プログラミングの知識が必要になるので、初心者にはちょっときつい。リピート型と違い、ストラテジーの内容を入れ替えることで、使い分けをすることも可能。

 

無理に私生活を変えるのはリスクが高い

f:id:shimotenman:20190621163707j:plain

色々とトレードスタイルを簡単に紹介しましたが、最後に5年以上副業でFXトレードをした私の意見を話します。

結論、私生活を壊すようなトレードスタイルは「いずれ崩壊」するってこと。

 

昔は「スキャルピングトレード」を多用していたのですが、どうしても仕事がおろそかになってました。

当然ですよね、集中してチャートを見ないといけないので「仕事のミス」が増えました。

 

無理やり私生活をトレードスタイルに合わせると、どこかで無理がたたり長続きがしません。

この記事を見られている皆さんは、「極力私生活に影響がないトレードスタイル」を選ぶようにしましょう。

 

私は以前、睡眠時間も犠牲にしてFXをしてましたが、上記の理由で仕事のミスが重なったり、自分の趣味に時間を使うことができずに「何のためにお金を稼いでいるのかわからなく」なりました。

私生活を乱さない程度のトレードスタイルを取り入れることで、「メンタル的にも余裕」が出てきます。

メンタルが乱れると冷静なFXトレードなんてできません。

 

追伸

f:id:shimotenman:20190621163712j:plain

 私がベストなトレードスタイルを見つけるのに、5年以上かかりました。

それまで多くの損失やメンタル的に傷ついたりしましたが、今は安定してFXトレードをする事ができました。

 

皆さんがもしFXトレードで苦痛があるのなら、まずはトレードスタイルを見つけた方がいいです。

稼ぎが少なくても、私生活に影響がなければトータル的にプラスです。

目先の利益だけに囚われないで、目に見えない私生活のことも意識しましょう。