【検証】スキャルピングの精度向上!RSI+水平+トレンドライン

検証

f:id:shimotenman:20190608114947p:plain

スキャルピングトレードが上手くいかない。

何か精度を上げる方法はないものか?

色々なトレード手法を見て、勉強して見たいな。

このようなお問い合わせがあり、「FX攻略.com」さんで紹介している「RSI」と「水平ライン」そして「トレンドライン」を使ったトレード手法を検証して見ました。

先に結論だけ話しておきます。

  • デイトレードやスイングトレードには向いてない
  • ガチのスキャルピングトレード勢には向かない
  • エントリーを頻繁にしたい人には向かない

検証した中でこう感じました。

逆に向いている人は、

  • 時間をかけても確実に稼ぎたい人

こう言う人には向いていると思われます。

検証回数は少ないのですが、「精度はかなり高い」と思われますが、実際の相場でやるのはちょっと難しいとも感じました。

是非、今後のトレード手法における参考にして見てください。

 

検証するトレード手法に必要なFXの知識は3つ

f:id:shimotenman:20190628164015j:plain

まず、今回ご紹介するトレード手法に必要な知識は、

  1. RSI
  2. 水平ライン
  3. トレンドライン

以上3つになります。

この項目では、上記の基礎知識をまず解説をするので、知っている人は次の項目に飛ばして大丈夫です。

FXの基礎知識【RSI】について

RSIの主な使い方は「買われすぎ」もしくは「売られすぎ」を判断する事です。

FXをしていると、

「え!これいつまで上がるの!?買われすぎじゃない?」

こんなことを感じる事がありませんか?

RSIはその判断基準を提示してくれるんです。

ではRSIをもう少し詳しく見ていきます。

f:id:shimotenman:20190628001407p:plain

RSIは上図の下部にあるもう一つのチャートが対象になります。

RSIのチャートを見てもらえればわかる通り、急上昇したポイントがありますよね?

これが天井に近づきすぎると、「買われすぎ」。

逆に下にいきすぎると「売られすぎ」って事です。

FXの基礎知識【水平ライン】について

水平ラインは非常にシンプルで、直近の「高値」もしくは「安値」のラインに水平線を引いて、そこを超えない事が多いって方法です。

文字にするとちょっと解りにくいので、下の図を見てみましょう。

f:id:shimotenman:20190628010954p:plain

このチャート画像を見てもらうと、「青いライン」が直近安値の水平ラインになります。

「◯」が書かれた部分を見ると、そのラインを基準に反発している事がわかりますね?

このように、多くのFXトレーダーは直近の「高値」と「安値」を反発ラインとして捉える事が多い。

すなわち、水平ラインを描いておく事で「反発するレート」がなんとなくわかるって事。

FXの基礎知識【トレンドライン】について

最後にトレンドラインになりますが、考え方は先ほど話した水平ラインと同じです。

ただそれが、斜めにラインを引くだけになります。

言葉ではわかりにくいので、下図で説明しちゃいますね。

f:id:shimotenman:20190628011455p:plain

トレンド(上昇もしくは下降を続ける事)に沿ってラインを斜めに引くだけで反発ラインがわかります

上の図は、綺麗に反発していますよね。

大抵はラインに対して反発をしますが、このラインを割ってしまうと「大きく下落」する事が多いです。

検証するトレード手法の具体的な手順について

f:id:shimotenman:20190628164017j:plain

検証をする前に、今回紹介するトレード手法を解説します。

  1. 手順①4時間足でトレンドの転換点を見極める
  2. 手順②トレンド転換後に直近安値に水平線ライン(15分足)
  3. 手順③最終エントリータイミングは1分足のRSIが20%から反転
  4. 手順④利益確定と損切りのタイミングについて

以上です。

実際にやってみると、ちょっと手順が多いので、慣れるまでは大変な感じですね。

手順①4時間足でトレンドの転換点を見極める

この手法では、まず4時間足を使うことにより大きな為替のトレンドを把握します。

順番としてはこう!

  1. 4時間足でレジスタンスラインとサポートラインを引く
  2. どちらかにブレイクするまで待つ
  3. ブレイクした後、条件を満たせばエントリー(条件は次の項目)

こんな流れでトレンドを掴みます。

f:id:shimotenman:20190628130119p:plain

「青の線」がレジスタンスライン、そして「オレンジの線」がサポートラインになります。

このトレード手法では「かなり待ちの時間が多い」スイングトレードを主体にする感じですね。

そのため、スキャルピングトレードが好きな人には向かないかも。

手順②トレンド転換後に直近安値に水平線ライン(15分足)

4時間足でトレンド転換が観測されると、次は15分足にチャートを変えます。

直近の「最安値に水平ラインを引く」、そしてそのラインをタッチしたらエントリーをしましょう。

この水平ラインはエントリーのタイミングになると同時に、損切りのラインともなり得るので、注文をして上昇を始めたら「損切り」ラインに設定することをオススメします。

f:id:shimotenman:20190628132318p:plain

手順③最終エントリータイミングは1分足のRSIが20%から反転

先ほど紹介した水平ラインでエントリーとしてもいいのですが、1分足に切り替えて「RSIが20%割れから反転」をしたらエントリーが推奨されているようです。

手順④利益確定と損切りのタイミングについて

利益確定のタイミングは単純で「1分足のRSIが80%を超えた」あたりになります

他にも色々とありますが、シンプルだったのでこれがいいでしょう。

損切りのタイミングもシンプルで、「手順②」で説明した水平ラインが損切りラインにしましょう

どちらも簡単ですよね。これ以上複雑にすると、考えるのが面倒になるので、私はこれでいいと思います。

いざ!検証!RSI+水平+トレンドラインは使えるのか?

f:id:shimotenman:20190628164019j:plain

今回はドル円で実際に過去のチャートで試して見ました。

時間足は次の通りになります。

4時間足

f:id:shimotenman:20190628132318p:plain

15分足

f:id:shimotenman:20190628161516p:plain

1分足

f:id:shimotenman:20190628161630p:plain

こんな感じですね。

理論上、今回のトレードでは「40pips」くらいは取れた計算になります。

そう、理論上はです!

私が過去のチャートで分析した時に感じたことを書きますが、

  • 過去チャート遡っても同じ状況がなかなか見つからない
  • 見つかれば高い確率で手法通りの動きをする
  • 時間足の移動が頻繁にあり、RSIがなかなか20%割らない
  • RSIのチャートを引くのが引きにくい

こんな感想を感じました。

まとめると、

  • デイトレ〜スイングメインの自分には合わない
  • エントリータイミングが少なすぎる
  • 見極めが難しい
  • 待つわりには取れるpipsが少ない

つまり、自分には合いませんでした

時間をかけても確実に儲けたい!

こんな人には向いているかもしれませんが、そうではない人にはあまりオススメできないかも?

検証数も全然少ないので、断定はできませんが成功率は高い。

それと引き換えに、エントリーのタイミングを逃す、そしてチャートに張り付いていないといけないのは、トータル的に見たら損失かなと思います!

追伸

f:id:shimotenman:20190628164022j:plain

今回のトレード手法は、私に向いていないと言うだけで、他の人には向いているかもしれません。

FXトレードの手法は、実際に試して見ないとわからない部分も多いので、少額からやバックテストで試して見てください。

意外と自分に向いてないと思ってたトレード手法が、実は一番合っているなんてこともあります。

利益を出すために、やれることはやっていきましょう!

それでは良いFXライフを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました