スプレッドで【正しい損】をしよう!FXで必要なコスト削減方法

スプレッド

※この記事は2019年9月11日に再編集されました。

 

FXをするならば、なるべく「損」になることはしたく無いなぁ〜

極力無駄を無くして投資をしたい。

スプレッドは手数料と聞いたが、損をしないためにはどうしたらいいのだろうか?

 

スプレッドとは何なのか?

副業としてFXを始めようと思う、だけど専門的すぎて勉強する時間や暇が無くて断念…。

こういった壁にぶつかっている人も多いでしょう。

現に私もトレードを始めた当初は、スプレッドについて100%理解していませんでした。

結論から言って、スプレッドの存在を理解しないと、100%損することになります。

FXを始める前に最低限の知識として 「スプレッド」は知っておきたい方

この記事では、

  • スプレッドを噛み砕いて説明
  • スプレッドが存在する理由
  • スプレッドで損をしないFX口座の選び方

上記の内容は確実にご理解いただけます。

私は5年以上FX投資を行なっていますが、年間で「10万円以上」スプレッドを支払っています

このことを理解していないと、人によってはそれ以上払わないといけなくなるのです。

副業として投資を行いたいが、スプレッドで損をしたくない方向けに、噛み砕いたわかりやすく説明しているので、最後までお付き合いいただければ幸いです。

FXにおける「スプレッド」は手数料!損をしたくなければ安いところを選べ!

f:id:shimotenman:20190211005058j:plain

結論から話とスプレッドとは「手数料みたいなもの」という一種の損

国内口座で取引をするのならば、取引のたびに必ず徴収されるお金がスプレッド。

私は最初スプレッドとは何なのか理解できず、FX口座に無駄な手数料を払っていたわけで、つまりめっちゃ損してたってこと!

FX初心者の方は口座の「手数料0円」に騙されて、無駄に多くのスプレッドを払って損している経験が多いのです。

これをご覧の皆さんは、FX口座の手数料0円に騙されること無く、無駄なスプレッドを払損を減らすことができるようになります。

無駄な手数料を払うということは、それだけトレードで儲けられる額が減り損が増える。

例えるならば、

  • 「Aさんは100万儲けて税を10%課せられ10万円払う」
  • 「Bさんは100万儲けて税を20%課せられ20万円払う」

こんな感じです。

AさんとBさんは同じ100万円儲けたのに、税で10万円も多くBさんは払わないといけない損をしている。

これって税金だけですごいBさんは損していますよね?

このような同じ損がスプレッドでも発生するのです。

つまり、トレードをする際はスプレッドの存在を知っていれば、多くの無駄な手数料で損をFX口座に収める必要がない。

逆にスプレッドとは知らなければ、取引における儲けが減るって損を意味する。

次の項目からは、具体的な取引画面を見ながら損の元である、スプレッドとは何なのか解説をします。

スプレッドとは、損益に関係無く毎回のFXトレードで徴収されるお金

f:id:shimotenman:20190313152419j:plain

先ほどの項目でスプレッドは「手数料みたいな」損と話をしました。

正確には「スプレッド=手数料」では無く、FX口座は手数料とは認めていません。

FX口座的には、「手数料」「スプレッド」とは別物と考えており、手数料は無料だけどスプレッド分損は発生しますと本来はわかりやすく記述する必要があります。

ただ、初心者等はそんなことわからないので、「手数料無料」ということは儲けは全部自分が貰えると勘違いしてしまいます。

FXトレーダーから見たらスプレッドも手数料じゃん!損と変わらないじゃん!と思いますが、口座的には別物なので勘違いしないよう気をつけましょう。

事前にスプレッドの存在を知っていれば、下の図のような取引管理画面を見た時に違和感に気づくはずです。

f:id:shimotenman:20170526020847j:plain

これは実際の取引画面なのですが、今回注目して欲しいのは右上のUSD/JPYと書かれているところになります。

これは、「米ドル」と「円」の通貨ペアになります。

  • 左がこの瞬間にドルを円に変えたら、98.140円になるということ
  • 右はこの瞬間に円をドルに変えたら、98.160円になるということ

皆さんは違和感の正体に気づきましたか???

違和感の正体は、「0.02円」の差が出ることです

  • 98.160円 ー 98.140円 = 0.02円

この差がスプレッドと呼ばれる手数料つまり損で、毎回のトレードで必ず発生する税金のようなもの。

当然大きければ、その分多くの手数料を払い、損が膨らんでいくわけです。

しかもスプレッドは通貨ごとに違うので、「損する」もしくは「得する」通貨が存在してしまう。

次の項目では、実際取引でどれくらいのスプレッドを払わないといけないのか紹介します。

FXのスプレッドでは毎年10万円以上「損」をする可能性がある理由

f:id:shimotenman:20190204014352j:plain

先ほど、スプレッドが「0.02円」差の話をしましたが、たったこれだけの手数料なら損として気にならない人も多いでしょう!

もしそんな人がいるのならば甘いと言わざる終えません

多くの人がスプレッドを甘くて見て、年間を通して多くの金額「損」をしているのです。

実際に米ドルのトレードを考えてシミュレーションしてみましょう。

f:id:shimotenman:20190210223223p:plain

例えば、多くのトレーダーが取引する通貨量である「1万ロットを取引した場合」を考えてみましょう。

手数料、つまりスプレッドが「0.02円」なので、次のような計算式になります。

  • 10,000ロット × 0.02円 = 200円(払う手数料)

1回のFXトレードで200円の手数料つまり損が発生します。

取引量が、10万ロットになるれば2,000円になりますし、取引量が多くなればなるほど損が多くなる。

もし、10万ロットの取引を365日行なった場合、

2,000円(スプレッド) × 365(日数) = 730,000円

これだけのスプレッドを損として支払うことになるのです!!!!

これはあくまで、0.02円のスプレッドですが、それ以上の場合はさらに費用がかかり損になる…。

そのため年間でスプレッドで支払う損が「10万円以上」になるのは珍しいことではありません。

米ドル円のスプレッドを話しましたが、他の通貨ペアも考え方は同じなので、取引時にどれくらい手数料がかかるのか、自分で損する額を計算してみるといいでしょう!

スプレッドはFX口座ごとに違う!場所によっては損が跳ね上がる注意

f:id:shimotenman:20190211005145j:plain

本日一番皆様に伝えたいのは、「FX口座によってスプレッドに差がある」ことです。

つまり、口座の選び方により、他のトレーダーよりも多くスプレッドを払い損することになります。

FX口座と契約する前に、スプレッドの存在を理解していれば、コスパの良い会社にするという選択し、無駄に手数料で損をする必要が無くなります。

例えば、一番メジャーな通貨ペアである「ドル円」のスプレッドは最安値は「0.2銭」です。

しかし中には、「1銭」だったり「2銭」だったりと、「10倍」「20倍」も差があります。

当然ですがその差分が損となる。

手数料だけでこれほど差が出るのは、通常では考えられませんが、スプレッドを事前に知らないでFX口座を契約すると損をする可能性があるので注意しましょう。

これまでの話を聞くと、口座によりどうしてこんなにもスプレッドに差があるのか?

払う損に差があるのか!?

こんな疑問を抱くのは当然ですよね。

これにはFX会社の事情があり、現在国内にある口座ではスプレッド制を採用しています。

次の項目では、スプレッドによる損が口座によってどうして差があるのか解説します。

スプレッド分の損には理由がある!FX口座で安定したトレードをするのに必須

f:id:shimotenman:20190211005154j:plain

FX口座は皆様に損を与え、嫌がらせをしたいためにスプレッド制を導入しているわけではありません。

これには大きく分けて、2点スプレッドを採用しなければならない理由があります。

皆様が安定してFXトレードを行えているのは、スプレッド制度を導入しているからなのです。

つまり、皆様にとっての損が安定的なFXトレードを実現しているってこと

スプレッドとは、FX会社の収入源になる

スプレッドの設定が各FX口座で違うのは、「収入源」としているからです。

会社が慈善事業で運営をしていると思いますか?

答えは否、株式会社なので何らかの方法で「利益」を上げないと潰れます。

そうなると、皆様はFX口座でトレードができなくなるのは言うまでもないでしょう。

FX会社はスプレッドで手数料を貰い、皆様トレーダーに安定したトレードの場を提供しているのです。

皆様のスプレッド分の損は、会社の口座維持費用に回されているってこと!

現在ほとんどの会社で、手数料が無料と銘打ってFXトレーダーを募集中です。

そのため、手数料からの収入源が絶たれたので、現在ではスプレッドから収入源を取っている。

国内のほとんどのFX会社では、手数料が無料になっていますが、その裏では必ずスプレッドが設定されているので、無料の文字に騙されないようにしましょう。

スプレッドとは、FX会社のリスクを回避するために存在

スプレッドとは会社の利益と言う側面もありますが、「FX会社のリスク回避」と言う面もあります。

実はスプレッドを設定しなければ、トレーダーの取引のたびに「会社が金銭的な損」をする可能性があるのです。

当然、FX会社の金銭的な損が重なれば、経営的にキツくなり倒産する可能性が出てきます。

どうしてトレーダーの取引の度に「FX会社が金銭的な損」?

こう思うのも至極当然ですよね。

理由を簡単に説明すると、「トレーダーの取引をFX会社が肩代わり」しているからです。

難しい言い方をすると、トレーダーとFX会社が取引成立した時カバー取引も同時行われている事。

下のフローを見てください。

  1. 1,000ドルの買いポジションをトレーダーが注文
  2. FX会社側は1,000ドル分不足
  3. 不足分を補うためインターバンクと言う所から1,000ドル分購入

カバー取引はこのような流れになります。

ここで注目したいのは、①と③の部分です。

ほぼ同時間にこの処理はされますが、多少タイムラグがあります。

そのタイムラグで発生する額を、スプレッドで埋め合わせしているのです。

トレーダーからしたら、スプレッドは損であり腑に落ちないかもしれませんが、FX会社が潰れずに運営するため、つまりリスク管理のためにも必要になります。

ただ、会社が提示しているスプレッドと、実際の数値には乖離があり、それが損に繋がる。

そして最後に次の項目では、FX会社が提示するスプレッドに騙されず損をしない方法をご説明します。

損は一定じゃない!FXのスプレッドは常に変動している

f:id:shimotenman:20190211005212j:plain

FX会社が提示しているスプレッドは変動します。

しかも悪い方にです!

スプレッドが「0.2銭」だと思いきや、急に「2銭」になることもあるんです。

当然いつも以上に金銭的に損をするってこと。

このことを知らないでFXトレードを行うこと、「あれ!何でこんなにスプレッドが高くなっているの!?」なんてことにもなります。

しかもFX会社によって、スプレッドが変わりやすかったり、変わりにくかったりするのでタチが悪いのです。

こればかりは、会社のスプレッド項目を見ても載っておりません。

実際にFX口座を使った人の意見や口コミを見たり、自ら体験してみないとどれだけ損をするのかはわからない。

しかし、一つだけスプレッドが変わるタイミングが共通することがあります。

それは「経済指標発表前後」です。

このタイミングは確実に、どのFX口座でもスプレッドが変化します。

つまり、経済指標発表前後の取引は控えて、スプレッドが落ち着いた時に取引を行えば損をする事はありません

頻繁に変動するFX口座は、口コミや評判で良く出回っているので、手数料で損をしたくない人は調べてから契約をする方が良いでしょう。

基本的にドル円のスプレッドは安いが、その他通貨ペアは高い

「米ドル円」以外の通貨ペアで取引したいトレーダーは、FX会社の提示するスプレッドに注意をする必要があります。

なぜなら、「米ドル円のスプレッドは安く」「それ以外の通貨ペアは高く」設定するFX口座が多いのです。

FX会社は、初心者が選択する米ドル円のスプレッドを狭める傾向がありますが、他の通貨ペアは違う場合がほとんど

例えば、米ドル円のスプレッドは狭いが、ユーロ円は広かったりですね、

FX会社を選ぶときは、米ドル円のスプレッド表記に騙されず、今後扱う予定のある通貨ペアのスプレッドも見ておくことで損を最低限にすることが可能!

FX会社のスプレッド「変動制」と「原則固定」の違いに注意

よくよくFX会社のスプレッド項目を見ると、「変動制!」「原則固定!」なんて言う表記のはずです。

この表記、同じように見えて全く別物なので騙されないように。

騙されたら損をする可能性も…。

場合によっては、通常より多くのスプレッドを支払う可能性があるのです。

簡単に「変動制!」「原則固定!」の違いを説明すると下記のようになります。

変動制のスプレッド

  • メリット→スプレッドの最小値が低い事が多い
  • デメリット→常にスプレッドが変動、大きな変化がある

スプレッドが常に変動をするので、変化が大きい場合が多い。

経済指標発表時にも変動することもあり、そんな時は悲惨ですね。

原則固定のスプレッド

  • メリット→スプレッドが固定なので安定感がある
  • デメリット→取引数が多くなると変動する可能性がある(経済指標等)

経済指標等の取引数が多いときは注意が必要だが、それ以外はスプレッド固定なので、安定して取引ができますね。

追伸

f:id:shimotenman:20190211005236j:plain

副業としてFXをするのであれば、次のスプレッド条件のFX口座と契約することで損を最小限に食い止められます。

  • 自分が取引する通貨ペアのスプレッドが低い
  • 口コミや評判等でスプレッドが安定している
  • 原則固定のスプレッドを採用している

スプレッドを意識しないでFX口座を開設すると、最悪「10万円以上」の手数料を無駄に払い損をするので注意が必要です。

じゃあいったいどんなFX口座を契約すれば、スプレッド的に損をしないのか?

もし、

  • ドル円をメインで取引したい
  • 資金は10万円前後から始めたい
  • 副業としてお小遣い程度儲けたい
  • FXに関しては初心者(もしくは知識0)

この条件に該当するのであれば、「DMM FX」がオススメです。

スプレッドはドル円で「国内最安値」であり、初心者でも使いやすいようなツール、そして国内FX口座開設数No.1の実績があるからです。

今なら口座開設「たった5分」そして「無料」で行えて、さらにキャッシュバックキャンペーンも受けれます。

下記の記事では、「スプレッドを比較した」FX口座を紹介しています。

スプレッドにおいて損をしないFX口座を選びたい人、是非ともチェックして見てください。

コメント