アイ ネット証券のスプレッドはオワコン?だが向いてる人も有り!

FX口座

どうせどこのFX口座を使っても「スプレッド」は対して変わらないんだろう!

アイネット証券でもきっと対して他と変わらないスプレッドだろう!

FX口座を選ぶ時に「スプレッド」を比較する人がいますが、実際どれを選んでも対して変わらないように見えますよね。

私も口座選びの時は、スプレッドで比較しましたが正直面倒で、どれも同じように見えましたw

 

では皆さんが口座開設の時、スプレッドの観点から一番知りたい情報は何か!

それは、アイネット証券が他の口座に比べてスプレッドが広いかどうか一目瞭然かどうか!

それさえすぐわかれば、わざわざ他の口座を調べる時間や労力が浮くので、非常に楽ちんですよね。

 

他の口座とスプレッドを比較するってことは、国内だけでも数ある口座を調べないといけない。

私がやったときは1週間は軽くかかりましたねw

そこで今回は、アイネット証券のスプレッドを後悔しながら他の主要口座のスプレッドを比較して、アイネット証券の性能を見ていきたいと思います。

 

アイネット証券で口座開設を考えている人。

そして調べるのが面倒だったり、面倒臭がりの人。

私がアイネット証券のスプレッド関係について調べてデータをすべて開示するので、楽して知りたい人は是非とも参考にして見てください。

あえて自ら苦行で時間浪費をしたいなら別ですが….。

シストレi-NET

 

アイネット証券のスプレッド実際どうなの?なんと2つのモードがあった!

アイネット証券にはご存知に通り、自動売買システムである「ループイフダン」があります。

それとは別に、通常のFXトレードができるモードも存在。

 

つまり、

・「通常モード」
・「自動売買モード」

それぞれスプレッドが違って来るってことなんです。

同じアイネット証券であってもモードによりスプレッドが違うので、アイネット証券を利用する時は注意が必要になりますね。

さて、この項目ではそれぞれのモードによるスプレッドの違いを見ていきたいと思います。

なお、アイネット証券のループイフダンについて詳しく知りたい人は下記の記事を参照して見てください。

もしFXで自動化した副業を望むならアイネット証券のループイフダン
副業のFXでお小遣い程度を稼いで、遊ぶお金を作りたい!自動でFXトレードをしてくれるシステムがあったら興味ありますよね!可能にするの口座が、アイネット証券の「ループイフダン 」と呼ばれる、FX初心者でも使える自動売買システムです。

通常トレードモードのスプレッドについて

下記は実際にアイネット証券の公式ホームページから拝借して来たデータになります。

アイネット証券の通常トレードでは、合計で24つの通貨ペアを扱うことができるんです。

 

特筆して、変わった通貨ペアを扱って言うわけでもなく、どの口座でも扱っているようなラインナップになっています。

つまり、通貨ペアでいうと特徴がないのが特徴って感じですかね。

アイネット証券のスプレッドは、見てもらう通り数値に振れ幅があります。

これは公式ホームページにも記載をされていましたが、経済指標等の特別な取引が加熱しそうなところでは、スプレッドが変動する可能性があることを指してます。

アイネット証券が提示しているスプレッドの最安値が、常に実際の相場に反映されるわけではないので注意が必要。

通貨ペアによっては結構、スプレッドの変動幅があるので気をつけたいところですね。

通貨ペア証拠金スプレッド通貨ペア証拠金スプレッド
米ドル/円(USD/JPY)43,200円0.7銭~1.0銭ユーロ/カナダドル(EUR/CAD)47,600円4.0pip~8.0pip
ユーロ/円(EUR/JPY)47,600円1.4銭~2.0銭ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)47,600円2.3pip~12.0pip
英ポンド/円(GBP/JPY)53,800円2.0銭~5.2銭ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)47,600円2.0pip~4.5pip
豪ドル/円(AUD/JPY)29,200円1.5銭~4.0銭ユーロ/NZドル(EUR/NZD)47,600円6.0pip~13.0pip
NZドル/円(NZD/JPY)27,300円2.0銭~6.5銭ユーロ/米ドル(EUR/USD)47,600円0.7pip~1.5pip
カナダドル/円(CAD/JPY)32,500円2.5銭~5.5銭英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)53,800円5.5pip~10.0pip
スイスフラン/円(CHF/JPY)43,400円3.0銭~10.0銭英ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)53,800円5.5pip~11.0pip
南アフリカランド/円(ZAR/JPY)28,700円15銭英ポンド/NZドル(GBP/NZD)53,800円10.0pip~18.0pip
豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)29,200円5.0pip~6.5pip英ポンド/米ドル(GBP/USD)53,800円1.4pip~3.5pip
豪ドル/NZドル(AUD/NZD)29,200円5.0pip~11.0pipNZドル/米ドル(NZD/USD)27,300円3.0pip~6.5pip
豪ドル/米ドル(AUD/USD)29,200円1.0pip~4.0pip米ドル/カナダドル(USD/CAD)43,200円3.0pip~6.5pip
ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)47,600円2.5pip~9.0pip米ドル/スイスフラン(USD/CHF)43,200円2.3pip~9.0pip
本日の取引証拠金【 アイネットFX(個人)】|アイネット証券

自動売買「ループイフダン」でのスプレッドについて

結論から言って、アイネット証券の通常トレードよりもループイフダンの方がスプレッドが圧倒的に高いです!

その分、通常のトレードに比べるとスプレッドがブレることはありませんが。

 

しかし!

それでもこのスプレッドは通常の口座に比べても説明するまでもなく非常に高い!

理由として考えられるのは、ループイフダンが淡々と自動売買をしてくれるので、それに対する手数料って形なんでしょうが、それにしても高い…。

正直、スプレッドに拘りがある人はループイフダンのスプレッドはやってられないと思うことでしょうね。

対応通貨ペア取引証拠金スプレッド対応通貨ペア取引証拠金スプレッド
米ドル/円(USD/JPY)4,320円2.0銭トルコリラ/円(TRY/JPY)740円7.0銭
ユーロ/円(EUR/JPY)4,760円3.0銭メキシコペソ/円(MXN/JPY)2,230円7.0銭
英ポンド/円(GBP/JPY)5,380円5.0銭南アフリカランド/円(ZAR/JPY)2,870円7.0銭
豪ドル/円(AUD/JPY)2,920円4.0銭ユーロ/米ドル(EUR/USD)4,760円2.0pip
NZドル/円(NZD/JPY)2,730円6.0銭豪ドル/米ドル(AUD/USD)2,920円4.0pip
カナダドル/円(CAD/JPY)3,250円5.0銭豪ドル/NZドル(AUD/NZD)2,920円6.0pip
スイスフラン/円(CHF/JPY)4,340円4.0銭NZドル/米ドル(NZD/USD)2,730円6.0pip
本日の取引証拠金【 アイネットFX(個人)】|アイネット証券

他口座のスプレッド比較で見えて来た!アイネット証券の性能はいかに?

みなさんが一番気になるのはアイネット証券が他の口座と比べてスプレッドが狭いのか!?

これにつきますよね!

まずは何も言わずに下記の表を見てください…。

FX会社

通貨ペア(スプレッド一覧)
米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円ユロドル
アイネット証券
[アイネットFX]
0.7~1.0銭1.4~2.0銭2.0~5.2銭1.5~4.0銭2.0~6.5銭0.7~
1.5pips
アイネット証券
[ループイフダン]
2.0銭
原則固定
3.0銭
原則固定
5.0銭
原則固定
4.0銭
原則固定
6.0銭
原則固定
2.0pips
原則固定
トレイダーズ証券
[みんなのFX]
0.3銭
原則固定
0.4銭
原則固定
0.9銭
原則固定
0.4銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.3pips
原則固定
トレイダーズ証券
[LIGHT FX]
0.3銭
原則固定
0.4銭
原則固定
0.9銭
原則固定
0.4銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.3pips
原則固定
ヒロセ通商
[LION FX]
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.7銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.4pips
原則固定
セントラル短資FX
[FXダイレクトプラス]
0.3銭
原則固定
0.4銭
原則固定
0.9銭
原則固定
0.5銭
原則固定
2.0銭
原則固定
0.3pips
原則固定
GMOクリック証券
[FXネオ]
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.7銭
原則固定
1.2銭
原則固定
0.4pips
原則固定
インヴァスト証券
[トライオートFX]
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
1.0銭
原則固定
0.6銭
原則固定
1.7銭
原則固定
0.3pips
原則固定

 

お判りいただけただろうか?

他の口座と比べてもアイネット証券のスプレッドは高いんですよね!!!

つまり、スプレッドだけを見て口座を決めたい場合、アイネット証券は非常に不利になるってこと。

 

手数料が気になる人が、何を好き好んでスプレッドが高いアイネット証券にするのかって話ですよ。

上記のスプレッド表は主要通貨ペアのスプレッド一覧ですが、どれを取ってもアイネット証券が他の口座を超えることはないってのはよくわかります。

アイネット証券のスプレッドで得するトレーダーさんはいるの?

さっきまで散々アイネット証券のスプレッドをディスりましたが、それでもアイネット証券に向いている人もいます。

 

それは自動売買をして、収益を自動化したい人には向いているってことです。

 

国内の口座で自動売買できる有名どころは、

この2つになります。

さて、この2つの口座をスプレッドの観点から比較して見ました!

するとなんと、

対応通貨ペアアイネット証券ひまわり証券対応通貨ペアアイネット証券ひまわり証券
米ドル/円(USD/JPY)2.0銭2.0銭トルコリラ/円(TRY/JPY)7.0銭
ユーロ/円(EUR/JPY)3.0銭3.0銭メキシコペソ/円(MXN/JPY)7.0銭
英ポンド/円(GBP/JPY)5.0銭5.0銭南アフリカランド/円(ZAR/JPY)7.0銭7.0銭
豪ドル/円(AUD/JPY)4.0銭4.0銭ユーロ/米ドル(EUR/USD)2.0pip2.0pip
NZドル/円(NZD/JPY)6.0銭7.0銭豪ドル/米ドル(AUD/USD)4.0pip5.0pip
カナダドル/円(CAD/JPY)5.0銭7.0銭豪ドル/NZドル(AUD/NZD)6.0pip12.0pip
スイスフラン/円(CHF/JPY)4.0銭6.0銭NZドル/米ドル(NZD/USD)6.0pip6.0pip

こんな風になりましたとさ!

 

全体的にアイネット証券のループイフダンの方が、ひまわり証券よりもスプレッドでは優位になっているのがわかります。

特にアイネット証券では、

  • トルコリラ
  • メキシコペソ

こういった、最近注目されているマイナー通貨ペアも扱っているので、選択肢の幅は広がりますね。

 

なので、スプレッドの観点から自動売買取引ができる口座を探している人は、アイネット証券が選択肢の一つとしては有りだと思います。

追伸

私は結構スプレッドを重視するタイプなので、多くの口座のスプレッドを見て来ました!

アイネット証券は正直「自分で取引」するなら、スプレッドはダメダメちゃんです。

他の口座にすることをオススメします。

 

ただし!

自動売買のループイフダンとしてなら、スプレッドが狭いので全然ありがと思います。

完全にループイフダンありきの口座だと私は思っています!

 

他にもスプレッドを見ながらFX口座を決めたいと思っているあなた!

今なら下記の記事に、口座スプレッド別に解説した記事があるので是非とも参考にして見てください。

【その差最大10倍】損をしないスプレッド主体のFX口座選び
短期売買にはスプレッドが狭いFX口座がオススメと聞いたが、具体的にどんな口座を解説すればいいのだろうか?「取引回数が多い=手数料が高いと無駄に多く支払う」ことに繋がるから!「通貨ペアごとにスプレッドが狭いFX口座」の情報を公開。

シストレi-NET

コメント